記事

【中国に強硬な米議会】

中国の通信大手ファーウェイの次に米議会に狙われていると言われているのが中国の動画SNSのTikTokですが、電動バスメーカーのBYDなども同様に米議会から標的にされています。

トランプ政権だけでなく、米議会も与野党ともに中国に対して強硬になっているということです。

[画像をブログで見る]

Washington PostはTikTok leader postpones trip to Washington to meet with memebers of Congress(TikTok幹部、議会関係者に会うためのワシントン行きをキャンセル)の中で、米中の対決モードが強まるなか、TikTokのトップのAlex Zhuがワシントン出張をキャンセルしたと報じています。

TikTokは声明で「米議会の疑問にこたえ、透明性を確保すること以上に重要なことはない」としています。

TikTokはワシントンでのロビー活動に力を入れているものの、米議会の有力議員からは安全保障上の懸念が示されているそうです。

特にアメリカのこどもたちから集めたデータの扱い中国政府によるコンテンツの検閲に警戒が強まっています。

WSJは、Congress Wants to Ban Chinese Buses, Railcars in DefensenBill(米議会、防衛をめぐる予算で中国製のバスや鉄道車両を禁止へ)の中で、米議会の与野党が連邦予算を使って中国製のバスや鉄道車両などを調達することを禁じることで合意し、国家防衛権限法に盛り込むとしています。

実現すると中国国有の鉄道車両メーカーCRRC電動で動くバスを生産しているBYDが影響を受けるとしています。

電動バスについては、アメリカ市場は拡大していて調査会社は市場規模が7億4500億ドルから2024年に19億5000万円まで伸びると予測しています。

これとは別に米議会はアメリカ軍が中国製のドローンを調達することを禁止する意向です。これはアメリカでのスパイ活動やインフラが標的にされるのが懸念されているからだそうです。

一方、FTはTrump pressures Tokyo to choose US fighter jet over rival BAE(トランプは日本政府にイギリスではなくアメリカ製の戦闘機を購入するよう圧力)の中で、トランプ政権が日本政府に対して、今のF-2戦闘機の代替としてイギリスのBAEではなくアメリカの戦闘機を選択するよう圧力をかけていると報じています。

最終的には安倍首相しだいで、トランプ大統領率いるアメリカとの同盟を最優先にするかどうかだということです。

あわせて読みたい

「米中関係」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    総務省違法接待は菅首相の報復人事と霞が関幹部私物化が発生源、現場の国家公務員はお茶菓子も食べない

    国家公務員一般労働組合

    02月26日 22:33

  2. 2

    スター・ウォーズファンたちが熱狂の『マンダロリアン』 日本のサムライ影響?

    BLOGOS映像研究会

    02月26日 07:09

  3. 3

    “接待問題”めぐり東北新社の二宮社長が辞任 菅総理長男は懲戒処分

    ABEMA TIMES

    02月26日 18:52

  4. 4

    致命傷にはならないだろうが、やはり菅さんが受けた傷は深い

    早川忠孝

    02月25日 19:06

  5. 5

    菅首相は山田広報官を更迭せよ ~強権と縁故主義の安倍-菅政治の終焉~

    鈴木しんじ

    02月26日 19:12

  6. 6

    夫婦別姓に反対の丸川珠代大臣「自分は旧姓使用」に疑問の声

    女性自身

    02月26日 14:39

  7. 7

    愛知のリコール不正疑惑、維新の「組織的な関与」の有無と責任について

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月26日 09:43

  8. 8

    ワクチンの知的財産権より命を優先すべき 製薬会社の利益優先の判断は再考を

    山内康一

    02月26日 11:35

  9. 9

    そろそろ、バブル崩壊はじまるかな!

    澤上篤人

    02月26日 15:50

  10. 10

    もう一度考えてみる オリンピックって何だろう?

    ヒロ

    02月26日 10:38

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。