記事

米、北朝鮮が非核化へのコミットメント堅持と楽観=国務長官


[ワシントン 10日 ロイター] - ポンペオ米国務長官は10日、トランプ政権は北朝鮮が非核化に向けたコミットメントを堅持し、長距離ミサイル発射実験をこれ以上実施しないと楽観していると語った。

さらに、米政府は引き続き北朝鮮との対話に向けた道を探っていると述べたものの、米朝双方に交渉再開の用意が整っているとは断言しなかった。

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、非核化を巡る対米交渉の期限を年末に設定し、米国が一方的な非核化要求を撤回しなければ、「新たな道」を選ぶ可能性があると警告している。

新たな道が具体的に何を意味するのかは明確ではないが、専門家は大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験が再開され、再び米朝の対立を招く可能性を指摘している。

北朝鮮はこのところ、一連の兵器実験やトランプ米大統領への非難を再開するなど強硬姿勢を強めている。

ポンペオ長官は、北朝鮮のより敵対的な行為再開を見込んでいるかとの質問に「金委員長は個人的に非核化へのコミットメントを表明した。したがって長距離ミサイルの発射や核実験はないだろう」と発言。

「われわれは、北朝鮮がこうしたコミットメントを堅持することを非常に期待している」と述べた。ロシアのラブロフ外相との共同記者会見で語った。

金委員長は、シンガポールで行われた第1回目の米朝首脳会談で朝鮮半島の非核化を目指すことで合意したが、合意内容はあいまいとなり、それ以降、非核化交渉は進展していない。

北朝鮮の金英哲朝鮮労働党副委員長は9日、トランプ大統領を「イライラした老人」と表現した。[nT9N28D004]

また同国は8日には東倉里の西海衛星発射場で「非常に重要な」実験に成功したと発表。これに対し、トランプ大統領は、敵対的な行為を再開すれば金委員長は「すべて」を失う恐れがあると警告し、非核化の必要性を強調した。

ラブロフ外相は、米朝間の進展は双方が「互恵的な措置」を取ることによってのみ可能だとの見解を示した上で、北朝鮮に自制を促した。

*内容を更新しカテゴリーを追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  3. 3

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  4. 4

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  5. 5

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  6. 6

    資格と能力は違う?資格や履歴書が充実していても使えない人材多い日本

    ヒロ

    08月01日 11:28

  7. 7

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  8. 8

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  9. 9

    五輪の「祝賀モード」は選挙で政権に有利になるのか?減り続ける菅総理のポスターと自民党の焦り

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月01日 11:04

  10. 10

    「直感で感じたことは、7割以上正しい」――羽生善治 - 岡上貞夫

    幻冬舎plus

    08月01日 08:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。