記事

中国自動車販売、11月は17カ月連続の前年割れ NEVも減少


[北京/上海 10日 ロイター] - 中国汽車工業協会(CAAM)が集計した11月の自動車販売台数は17カ月連続の前年割れとなった。プラグイン・ハイブリッド(PHV)、電気自動車、燃料電池車などの新エネルギー車(NEV)の販売も5カ月連続で減少した。

11月の自動車販売台数は前年比3.6%減。10月は4%減、9月は5.2%減だった。昨年の販売は、景気減速や米国との貿易戦争を背景に1990年代以降で初めて減少していた。

NEVの販売は43.7%減少。10月は45.6%減だった。昨年は、市場が縮小するなかで約62%増加していた。

中国政府は補助金制度を設けてNEVを推進し、自動車メーカーに販売の一定割合をNEVとするよう指示していた。だが、一部メーカーが補助金に過度に依存しているといった批判が出て、今年になってNEV補助金を段階的に削減し始めた。

長引く販売低迷で、フォード・モーター<F.N>やPSA[PEUPFI.UL]といった海外メーカーは中国での生産計画を縮小している。

国内勢では吉利汽車(ジーリー)<0175.HK>の販売が前年比1%増加。中国上海汽車(SAIC)<600104.SS>は米ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>との合弁部門が不振で9.6%減少した。

比亜迪(BYD)<002594.SZ>、北京汽車(BAIC)の電気自動車部門ブルーパーク<600733.SS>のNEV販売はともに約63%減少した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    全国フェミニスト議員連盟の釈明は、明らかに虚偽を含み極めて不誠実である

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月20日 16:58

  2. 2

    「テレビ報道が自民党一色になっていることへの懸念はあった」立民・安住淳議員に呆れ

    鈴木宗男

    09月20日 15:48

  3. 3

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

  4. 4

    「論文ランク1位は中国」ノーベル賞常連の日本が貧乏研究者ばかりになってしまった根本原因

    PRESIDENT Online

    09月20日 14:10

  5. 5

    引きずり下ろされた菅首相の逆襲が始まる「河野内閣」で官房長官で復活説も

    NEWSポストセブン

    09月21日 08:42

  6. 6

    河野太郎は自民総裁選で勝てるか? 父と祖父があと一歩で届かなかった首相の座

    田原総一朗

    09月21日 08:02

  7. 7

    「感染ゼロではなく、重症化ゼロを目指す。医療と経済は両立できる」現場医師の提案

    中村ゆきつぐ

    09月21日 08:28

  8. 8

    医療逼迫招いたのは日本医師会か 医師不足に触れず「病床増やそう」は欺瞞

    NEWSポストセブン

    09月20日 17:06

  9. 9

    警察庁長官、警視総監だけじゃない 総裁選の裏で安倍前首相の“懐刀”が続々出世の怪

    NEWSポストセブン

    09月20日 14:41

  10. 10

    潜水艦の契約破棄問題 米仏豪の行方を予想

    ヒロ

    09月20日 10:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。