記事

社会学者とキレンジャーの錯誤

1/2

小宮友根准教授の記事に非難轟々。「初手から飛躍した議論」「ジェンダーフェミニズムの屁理屈は本当に害悪」「根本的に誤り」 - Togetter というまとめ。炎上繰り返すポスター、CM…「性的な女性表象」の何が問題なのか(小宮 友根,ふくろ) | 現代ビジネス | 講談社(1/9) という記事へのお怒りの言葉が集められている。

当該記事に対しては先日ここでも紹介したヌスバウムによる性的モノ化の基準を持ち出してきたところは称賛したい。実のところこのヌスバウムの基準にあてはめればこれまで放火されてきたキャラクターや宣伝のほとんどは性的モノ化にすら該当しないことがわかるだろう。

さて非難の集まってる当該記事に関しては、対話を呼びかける言葉とは裏腹にいわゆる「オタク」層に対する差別と偏見を扇動してる側面がある。それをここで説明していこう。

まずわかりやすいのはコレだ。

男性キャラはしっかり防具をつけ、女性は無防備に無意味な露出をしているという図。多くの人々が「あーあるある、ありがちだよねえ」と思うかもしれない。

本当にそうだろうか。

実際にこのような「鎧を着込んだ男性」と「ビキニアーマーのような露出の高い女性」をキャラクター選択画面で提示されるゲームのタイトルを1つでも2つでも挙げられる人はいるだろうか。少なくとも俺には思い当たらない。せいぜい80年代のドラゴンクエスト3の戦士キャラくらいのものである。そのドラゴンクエストでも最新作である11では8人の主要人物のうちマルティナとカミュという男女2人が露出高い担当であり、やはり男女の偏りはない。マルティナの露出に関しては以前に書いたこともあるのでそちらも参照して欲しい。

だいたいいまどきのゲームは初期装備はシャツとパンツがあるくらいで、いきなり立派な鎧を与えられてスタートするゲームなんて普通はないものだ。

記事中でも言及されているビキニアーマーは古典どころか当時から「防御力はどこにあるのか」といったツッコミが多数あり、80年代中にはもはやネタ的なものでしかなかったはずだ。1992年に発行された「スレイヤーズすぺしゃる ナーガの冒険」ではビキニアーマーを着た白蛇のナーガという人物の時代錯誤というか狂乱っぷりが笑いたっぷりに描かれている。

スレイヤーズすぺしゃる3 ナーガの冒険 (富士見ファンタジア文庫)
スレイヤーズすぺしゃる3 ナーガの冒険 (富士見ファンタジア文庫)
作者:神坂 一,あらいずみ るい
出版社/メーカー: KADOKAWA
発売日: 2012/10/04
メディア: Kindle版

とっくに廃れた描写のはずなのである。

キレンジャーの錯誤

ソフビ魂シリーズ キレンジャー
ソフビ魂シリーズ キレンジャー
発売日: 2004/09/24
メディア: おもちゃ&ホビー

「キレンジャーの錯誤」という概念がある。戦隊モノのイエローはカレーが大好きで太めであるというのが「定番」であるというように、実際にはほとんど存在しない事例を「定番」や「お約束」と理解してしまう錯誤のことだ。実際にはカレー好きのイエローというのは初代キレンジャーだけのはずで、2代目のキレンジャーにはカレーの描写はおそらくなかったはずである。それ以降の戦隊モノでもカレー好きのイエローがいた記憶はない。小林亜星演じるバルパンサーの父親がカレーにうるさかったくらいではなかろうか。

ちなみに初代キレンジャーのカレー好きはすさまじく、1話で「カレーを4つくだされ」と注文し「うちのカレーは大盛りだ、2つにしときな」「いいや4つお頼みもうす」というようなやりとりがある。これは映画ブレードランナーの「2つで十分ですよ」「No four, two two four」というやり取りの元ネタなのではないか、という説もある。

ブレードランナー ファイナル・カット(字幕版)
ブレードランナー ファイナル・カット(字幕版)
発売日: 2015/03/15
メディア: Prime Video

こうしたキレンジャーの錯誤として有名な事例に、食パン少女というものもある。食パンをくわえて「遅刻、遅刻」と慌てて家を飛び出るという少女漫画の「定番」の表現だ。

いまは web archive にしかない 遅刻する食パン少女まとめ という記事に詳しいが、実際にはこのような少女漫画は存在しなかったようだ。なぜか我々人類は数少ない事例しかないものや見たこともない表現を「定番」だとか「ありきたり」だとか認識してしまう能力があるというわけだ。

こうした能力はおそらく偏見や差別心の形成に多大な影響を与えている。「オタクが好む作品は女がモノとして扱われてる」なんてのはまさしくそうしたキレンジャーの錯誤からの差別心の形成であろう。

「明白かつ現在の危険」のあったオタク差別

「オタク」(おたく)は、差別目的語であった - Togetter という記事で引用されてる当時の空気感を伝える漫画群、いわゆるオタクという属性に「明白かつ現在の危険」が存在したことを指し示している。いわゆるヘイトスピーチにおけるブランデンバーグ基準をおそらくは満たした状態で、テレビや新聞などのマスメディア、ひどいときは学術論文の場ですら偏見を垂れ流され、差別を扇動されてきた。なかには「オタク狩り」と称して買い物に街にでかけたオタクを狙った強盗、大阪日本橋や秋葉原を中心にずいぶん発生していたようだ。

そうした状況がマシになってきたのはせいぜいこの10年程度のことであり、それも不景気によってオタクくらいしか消費を続ける人たちがいなくなってしまったので扱いが良くなったというだけである。

ろくに事例もないようなものを「ありきたりの表現」であるかのように作例し、意図したかしないかはともかくオタクやオタク文化への差別を蘇らせるある種の扇動として小宮准教授の記事は存在している。だからこそ多くの非難があつまるのである。

ちなみに国産ゲームとしては昨年1200億円を売り上げ、現在はほぼサブカルチャーとしてはメインストリームといえる Fate/Grand Order における代表的なキャラクターはこんな感じである。

元はポルノゲームのメインキャラクターでもこんな感じなのである。「無意味な露出」は男女ともに存在したりしなかったりしていて決して偏ってるということはない。いわゆる体型が服の上から明確にわかる「乳袋」に関しても、服の上から腹筋のシックスパックが見える男性キャラクターなんてのもゴロゴロしている。そこに男女の偏りがあるようには見えない。

女性キャラの露出に関しては性的モノ化からの批判よりも 「闇落ちヒロインがエロくなる」問題の差別性 から批判するほうがフェミニズムとしては筋が良いのではなかろうか。これももはや廃れつつあるが。

あわせて読みたい

「オタク」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    周庭氏の力 新たな目線が中国に

    倉本圭造

  2. 2

    コロナ利得者と化したマスコミ

    自由人

  3. 3

    コロナで「地方の息苦しさ」露呈

    内藤忍

  4. 4

    昼カラ実態「過激なキャバクラ」

    NEWSポストセブン

  5. 5

    乳首にシール貼らせ? 逮捕の社長

    阿曽山大噴火

  6. 6

    宗男氏「玉木代表は保守政治家」

    鈴木宗男

  7. 7

    コロナの恐怖煽り視聴率を稼ぐTV

    PRESIDENT Online

  8. 8

    トランプ氏「ハリス議員は性悪」

    WEDGE Infinity

  9. 9

    玉木代表は合流賛成派に耳貸すな

    早川忠孝

  10. 10

    周庭氏過去に「日本留学したい」

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。