記事

中国スマホ大手Xiaomiが日本市場参入表明 “格安で1億画素カメラ搭載”の秘密を専門家が解説



 12月9日、中国のスマホ大手のXiaomi(シャオミ)が都内で記者会見を行い、日本市場への本格参入を表明した。

 中国のスティーブ・ジョブズとも呼ばれる雷軍(ライグン)氏がCEOを務めるXiaomiは、スマホ市場で世界4位に位置し、「技術革新を、全ての人に」をモットーに高性能な製品を低価格で提供することで知られる。



 実際にXiaomiの最新スマホ「MiNote10」は世界で初めて1億800万画素の5眼カメラを搭載しながら、5万2800円と他社製品に比べるとかなり低い価格設定となっている。



 スマホ以外にも、時計や心拍数を計測する機能のほかLINEなどのアプリとも連携できる「Miスマートバンド4」(3490円 税別)、アプリで遠隔操作が可能なIH炊飯器(9999円 税別)やスーツケース(7990円 税別)も日本市場に投入される。



 「スマホを試してみたい。1億画素のカメラが気になる」というスマホジャーナリストの石川温氏は「ハイエンドな位置づけの製品を安価で提供できるところ。iPhoneが高くて買えない人も手に取れる」とXiaomiの強みを解説。低価格で高性能な製品を作れる秘密は「『大量生産』と『宣伝費をかけない』こと」と語り、特徴は「重視しているのはSNSなどの口コミで、店頭販売はせず『ネット販売』に特化している」と述べている。

 続けて石川氏は「まずは知ってもらうことから。スマートバンドやスーツケースなどを使ってもらって、『結構イケている』と(消費者が)思えば、『端末代が安いしスマホも……』となるのを狙っている」と、Xiaomiの戦略を分析している。
(AbemaTV/「けやきヒルズ」より)

▶【動画】格安・高性能スマホXiaomiの秘密を専門家が解説

あわせて読みたい

「シャオミ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    進次郎氏育休に純一郎氏が激怒か

    NEWSポストセブン

  2. 2

    安倍長期政権 支えている4つの柱

    舛添要一

  3. 3

    東出不倫壊した団欒 2億円豪邸も

    女性自身

  4. 4

    夫婦別姓 皇室制度とは切り離せ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    ナイキ「倫理的」な靴流行は滑稽

    渡邊 雄介

  6. 6

    e-Taxの確定申告 認証設計に不安

    tokyo editor

  7. 7

    国民民主議員「もう撤退すべき」

    篠原孝

  8. 8

    米作家 人口減少は日本に利ある

    文春オンライン

  9. 9

    ゲーム規制に県職員が異例の反対

    岸慶太

  10. 10

    立民と国民民主 代表質問で違い

    室橋 祐貴

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。