記事

小室圭氏、緊急帰国して「結婚再延期」を願い出る可能性も

「何らかの発表が必要」と話した秋篠宮(時事通信フォト)

父のお気持ちはどう伝わったのか(写真/AFLO)

第3のシナリオが浮上(共同通信社)

 令和になり初の年末に、眞子内親王(28)の“婚約内定者”小室圭氏(28)が再びワイドショーを賑わす──そんな展開が待ち受けているかもしれない。

【写真】笑顔の眞子さま。父のお気持ちはどう伝わったのか

「この次の2月で2年経つわけですね。昨年の2月に今の気持ちというのを発表しているわけですので、やはりその、何らかのことは発表する必要があると私は思っております」

 11月30日の54歳の誕生日を前に記者会見した秋篠宮は、長女・眞子内親王と小室氏の結婚問題についてそう言及した。

 眞子内親王と小室氏は2017年9月に揃って婚約内定会見をしたが、その後、小室氏の母・佳代さんと元婚約者の「400万円金銭トラブル」が発覚し、結婚が延期されて現在に至る。

「結婚延期を機に秋篠宮殿下と眞子さまの間で、プライベートでは会話がなくなったと報じられました。実際に今回の会見でも秋篠宮殿下は、『結婚のことについては話をする機会はありません』と認められた。昨年は断続的に続けられていた小室家との話し合いも、今年になってから秋篠宮殿下は一切関与していないことも明かされました」(皇室記者)

 何の進展もないまま迎えた今回の会見で、秋篠宮は「ある決意」を示した。

「秋篠宮殿下は以前『多くの人が納得し喜んでくれる状況でなければ納采の儀は認められない』と明言しましたが、結婚を認めないとは述べられていない。自主性を重んじる方なので、小室氏の金銭問題さえクリアになれば、眞子さまの決定には反対されないはずです。だからこそ今回の会見では“早く解決したい”との思いで期限を区切ったのでしょう。結婚問題を来年4月19日の『立皇嗣の礼』まで引っ張るつもりはなく、2月23日の天皇陛下の誕生日までに結論を出すよう小室氏と眞子さまに『最後通告』を突き付けた格好です」(前出・皇室記者)

 気になるのは小室氏の対応だ。「彼には“前科”がありますからね」と語るのは宮内庁関係者。

「昨年の誕生日会見で秋篠宮が『2人が結婚したいなら相応の対応をすべき』と促すと、小室さんは今年1月にいきなり『金銭的な問題はすべて解決済み』との文書を公表しました。1枚のペーパーで解決しようとしたことに秋篠宮ご夫妻は不信感を抱いたとされます。今回も同様の対応をすれば、秋篠宮夫妻はさらに態度を硬化させるかもしれません」(宮内庁関係者)

◆第3のシナリオとは

 混迷を極める問題の出口は「金銭問題を解決して結婚」か「破談」の二者択一と思われてきた。だがここに来て「再延期」という第3のシナリオが浮上している。

「秋篠宮殿下に『最後通告』を突きつけられた小室氏が年末に緊急帰国、秋篠宮ご夫妻に結婚の“再延期”を願い出る可能性があります」。そう語るのは、前出の皇室記者だ。

「一部では『2021年まで帰国はない』と報じられましたが、考えにくい。結婚反対の声が多い中、小室氏は眞子さまの揺らぐお気持ちを繋ぎとめるためにも、帰国して事態を打開する必要があるからです」

 その上で、小室氏はこんな青写真を描いているのではないかと推測するのだ。

「小室氏は2021年春まで米国の大学のカリキュラムがあり、その後にニューヨーク州の司法試験がある。急いで結婚しても就職先すら決まっておらず、時間的余裕が欲しいはず。弁護士資格を得るまで結婚を延期し、ニューヨークを拠点に眞子さまとの新婚生活を始めたいという思いもあるでしょう。英国の大学院で博物館学の修士号を取得して学芸員の資格を持つ眞子さまも、“元皇族”として現地の博物館職員や大学の特任研究員などで引く手あまたになるはずです」(同前)

 仮に再延期となれば、「女性宮家議論」にも大きな影響を与えることになる。

 11月9日、時事通信は

〈女性皇族が結婚後も皇籍に残る「女性宮家」を容認する案が浮上している。早ければ14、15両日の大嘗祭後に検討を始める方針だ〉
と政府の動きを報じた。

 現行制度では、一般男性と結婚した女性皇族は皇室を離れる。ただでさえ人数が少ない皇族の離脱を防ぐため、女性皇族が結婚後も宮家の当主として皇室に残れるようにする──これが「女性宮家創設」の議論だ。

「実際に女性宮家創設の議論が進んだとして、早ければ20年秋の臨時国会で決まることになる。2021年まで再延長してから眞子さまと小室さんが結婚すれば、小室さんが宮家に入ることになり、国民の反発が予想されます。政府や宮内庁の関係者にも“秋篠宮さまの提言通り、来年2月までに『結婚』か『破談』かハッキリしてほしい”との意見が多い。そうなると、やはり小室さんは大学の冬休みの間に一時帰国して、関係各所と話し合う必要があるといえます」(前出・宮内庁関係者)

 皇室ジャーナリストの神田秀一氏が指摘する。

「秋篠宮さまが期限を区切られたわけですから、小室さん本人に明確な解決案を示すつもりがなければ進展は望めず、秋篠宮夫妻が小室さんとの相見を断わる可能性がある。小室さんには相応の覚悟が必要でしょう」

 残された時間は、もうほとんどない。

※週刊ポスト2019年12月20・27日号

あわせて読みたい

「小室圭」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    共産市長NO 広告にヘイトと指摘

    田中龍作

  2. 2

    都知事選 三つ巴なら山本太郎氏

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  3. 3

    インフルと同じ対策で 医師助言

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    実名報道 マスコミの壮大なズレ

    文春オンライン

  5. 5

    平手脱退の裏側「笑いたくない」

    文春オンライン

  6. 6

    キャッシュレスに便乗し詐欺急増

    WEDGE Infinity

  7. 7

    注意がパワハラ扱い 沈黙は金か

    笹川陽平

  8. 8

    山本太郎氏を利用する立民に呆れ

    田中龍作

  9. 9

    東出の不倫に女性が激怒するワケ

    文春オンライン

  10. 10

    優勝力士インタビューで爆笑と涙

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。