記事

うーん、安倍総理はどこまで本気なのかしら

落第点をつけるつもりはないが、どうやっても高い点数をつけることは出来ない。
本当は、ご本人も虚しいと思っておられるのではなかろうか。

自分の在任中に憲法改正を実現する、と勢い込んでおられるが、辣腕で鳴らした中曽根元総理でもなし得なかった大事業が今の安倍総理の力で実現するとはとても思えない。

一見数は足りているように見えるだろうが、あちらこちらにある反対意見を押し切って強行採決に踏み切ることが出来るような状況はどこにもない。

今の安倍政権の政権基盤は、決して盤石ではない。

公明党の内部にある根強い反対意見や消極意見を無視するような素振りでも示せば、自公連立政権はあっという間に崩壊する、と思っていた方がいい。
公明党の支持層が自民党の候補者に見切りを付けるようなことになったら、小選挙区制選挙の下では何が起きるか分からない。

公明党の支持者の皆さんは、結構世論に敏感であり、組織の締め付けがなければ世論と同じ動きをする可能性が高い。
今は、自民党安倍内閣と同じ動きをしているが、今後の展開次第では独自の動きをするようになるかも知れない。

消費税増税の影響がジワジワと来ており、中小零細の飲食店の倒産が増えているというニュースもある。
生活不安が顕在化すると、公明党の支持者の皆さんがどう動き出すか分からない。

安倍総理は、あまり大見得は切らない方がいいんじゃないかな、というのが現時点での私の感想である。

在任中に憲法の改正?

無理じゃないかな。

あわせて読みたい

「憲法改正」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    武漢閉鎖 中国の感染対策に懸念

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    減るべくして減った日本人の賃金

    城繁幸

  3. 3

    e-Taxの確定申告 認証設計に不安

    tokyo editor

  4. 4

    1億5000万円の衝撃 河井議員疑惑

    大串博志

  5. 5

    東大卒は経済的勝者になれない?

    内藤忍

  6. 6

    進次郎氏育休に純一郎氏が激怒か

    NEWSポストセブン

  7. 7

    眞子さまが詠んだ小室氏への思い

    NEWSポストセブン

  8. 8

    ブレグジットで英BBCが危機状態

    小林恭子

  9. 9

    米作家 人口減少は日本に利ある

    文春オンライン

  10. 10

    東出不倫壊した団欒 2億円豪邸も

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。