記事

中村哲さんの死で護憲を論じる東京新聞の曲解

1/2

「襲撃は20秒から25秒の間に一斉に行われた」

アフガニスタン東部ナンガルハル州の州都ジャララバードで12月4日朝(現地時間)、四輪駆動車が銃撃された。人道支援に取り組んできた民間活動団体(NGO)「ペシャワール会」現地代表の日本人医師、中村哲さん(73)が乗っていた。中村さんは病院に運ばれたが、死亡していた。

中村さんらは2台の車に分乗しており、何者かに車を止められて銃殺された。現地の警察は中村さんを含む警備員や運転手ら計6人全員が死亡したと発表した。

9日のNHKの報道によると、この6人とは別の同行していた現地スタッフの男性1人が生存しており、「襲撃は20秒から25秒の間に一斉に行われた」と証言した。


死亡した中村哲医師を出迎えるため福岡空港に集まったアフガニスタン人ら=2019年12月9日、福岡市博多区 - 写真=時事通信フォト

タリバンとイスラム国、アフガン政府の3つ巴の紛争地帯

アフガンでは、旧支配勢力のタリバンのほか、タリバンと対立するイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の支部組織も頻繁にテロを起こし、これに政府軍が戦う3つ巴の紛争が起きている。政情は不安定で、治安も悪い。

いまのところ、中村さんらを襲った武装集団は特定されていない。タリバンの報道官は4日、ツイッターで関与を否定する声明を出している。一方、ISはこれまでにも外国人を狙って攻撃し、自らの存在を誇示してきた。

武装集団が現地でよく知られた中村さんを襲撃することで、勢力の拡大とアフガン政府への強い対抗意識を示した可能性がある。

タリバンだろうが、ISだろうが、アフガンの復興に力を注いできた中村さんを銃殺した犯行グループの罪は許されるものではない。

「人道支援は善意の押し付けだけでは失敗する」

中村さんは1946年に福岡市で生まれた。九州大医学部を卒業した後、1984年に派遣要請を受け、パキスタン北西部のペシャワールでハンセン病患者の診療を始めた。

その後、アフガニスタンにも医療活動を広げ、2000年以降は大干魃に見舞われたアフガンの地で、井戸や農業用水路の整備に取り組んできた。干魃が絶えない大地に用水路を掘り、1万6500ヘクタールもの乾燥した砂漠を潤し、緑の農地に変えた。アフガンの人々は中村さんに深い畏敬の念を持っていた。2019年10月にはアフガンの大統領から名誉市民権を授与されている。

中村さんは聞いた人の心に残る言葉を数多く残した。たとえばアフガンに診療所を開設する前年の1990年、日本人スタッフにこう語った。

「地元の人が何を求めているのか。そのために何ができるのか。生活習慣や文化を含めて理解しないといけない。自分の物差しを一時捨て、偏見なく接することだ。善意の押し付けだけでは失敗する」

これは人道支援の基本的な考え方になるものだろう。

「100の診療所よりも1本の用水路が必要だ」

2001年のアメリカの同時多発テロで、アフガン情勢は緊迫する。中村さんは一時日本に帰国していたが、すぐにまたアフガンに戻り、2003年には農業用水路の工事を始めた。

独学で土木を学び、掘削の大型重機も自ら操縦した。現地の人だけでも用水路を維持管理できるように現地の工事法を採用した。アフガンの文化と習慣を理解しようとしていたからこそ、できた用水路建設だった。

中村さんは日本で公演するたびにこう話していた。

「復興は軍事ではなく、農業から」
「100の診療所よりも1本の用水路が必要だ」
「飢えは薬では治せない」
「薬があっても水と食糧がなければ命を救えない」
「私は医者だが、農業用水路も作る」

「アフガン人に殺されたと断罪しないでほしい」

2008年8月、ペシャワール会の一員で、アフガニスタンで活動中の伊藤和也さん(当時31歳)が殺害されると、中村さんは日本まで遺体に付き添い、葬儀に参列した。

あのときの中村さんの言葉が「アフガンのために働いたのにアフガン人に殺されたと断罪しないでほしい」だった。

アフガンにはアフガンの複雑な事情がある。現地で活動を続けるなかで、その事情をよく理解していた。銃弾に倒れた中村さんは、天国で同じように語っているに違いない。

中村医師らを殺害した襲撃犯の罪は重く、断じて許されるものではない。だが、大切なのは罪を憎んで人を憎まずである。襲撃犯をいくら憎んでも、憎しみの連鎖を生むだけだ。同様の犯行はまた繰り返される。

そうしないためには、根本的な紛争の解決が欠かせない。もつれからまった糸をほどくように、問題をひとつずつ丁寧に解決していくしかない道はない。

あわせて読みたい

「東京新聞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    人はなぜ不倫しないか 識者疑問

    PRESIDENT Online

  2. 2

    ユッキーナ引退 裏に事務所の闇?

    渡邉裕二

  3. 3

    警官が自殺 朝鮮総連の警備に闇

    文春オンライン

  4. 4

    10万円給付に13兆円かかった理由

    千正康裕

  5. 5

    200人感染の東京 重症化見えるか

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    日本版CDC創設を阻む厚労省の罪

    新潮社フォーサイト

  7. 7

    石破氏 中国に外交儀礼を果たせ

    石破茂

  8. 8

    徴用工めぐり日韓「8月開戦」か

    PRESIDENT Online

  9. 9

    ミスコンはもう全大学で中止せよ

    PRESIDENT Online

  10. 10

    地方疲弊 地域手当制度の撤廃を

    海野隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。