記事

グレタさん、COP25に先住民の若者らと登場 温暖化被害の実情訴え


[マドリード 9日 ロイター] - 環境保護活動に取り組む若者の象徴的な存在となっているスウェーデンの少女グレタ・トゥンベリさんは9日、第25回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP25)の会場に世界各地の先住民の若者らとともに姿を現し、危機への対応を怠っている西側政府を改めて糾弾する姿勢を見せた。

米国や南米、オーストラリアなどの先住民は、近年新たにまとめられた化石燃料プロジェクトへの反対姿勢を強めており、グレタさんに触発された欧州の若手環境活動家と掲げる目標が一致しつつある。

この日グレタさんは米国やウガンダ、フィリピン、太平洋諸島といった地域からやって来た先住民の若者に大半の発言機会を譲り、言葉数は少なかった。それでも「彼らの権利は世界中で侵害され、彼らは気候と環境の緊急事態によって最も早く、最も大きく痛手を受けている」と訴えた。

先住民の活動家は、自分たちの共同体が排出する温室効果ガスはほぼゼロなのに、異常気象や野生生物の喪失という事態が直撃すると主張。米ミネソタ州で暮らす先住民のローズ・ウィップルさんは、伝統的なエコロジーの知識、精神性と現代科学を織り交ぜて問題解決につなげる必要があるとの考えを示した。

チリの活動家アンゲラ・バレンスエラさんは「各国が弱々しいコミットメントをお互いにほめあっているうちに、世界は文字通り燃え尽きようとしている」と述べ、もっと踏み込んだ温暖化対策を講じるよう促した。

あわせて読みたい

「グレタ・トゥーンベリ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国の年金使い込み 大変な事態

    団藤保晴

  2. 2

    女性題材にして炎上 触るな危険

    中川 淳一郎

  3. 3

    山下達郎のAIひばり批判は爽快

    常見陽平

  4. 4

    植松聖被告「小指噛みちぎった」

    篠田博之

  5. 5

    「解雇できない」嘆く企業に疑問

    紙屋高雪

  6. 6

    悪意感じたオリラジ中田批判記事

    たかまつなな

  7. 7

    大トロ 1貫2500円でも儲からない

    fujipon

  8. 8

    ゴーン氏10時間取材が出版中止に

    郷原信郎

  9. 9

    明石市長がまた暴言 許される謎

    非国民通信

  10. 10

    差別ゼロ 理想掲げる東大の矛盾

    御田寺圭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。