記事

NY市場サマリー(9日)

[9日 ロイター] - <為替> ドルが主要通貨に対してほぼ横ばい。米中通商協議の新たな展開を見極めたいとの思惑から様子見ムードが根強かった。英ポンドは上昇した。

中国税関総署が発表した11月の貿易統計は、市場の予想に反して輸出が4カ月連続で減少し、米中貿易摩擦による製造業への影響が根強いことが浮き彫りになった。統計を受けリスク選好が後退した。

主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は0.04%安。ドル/スイスフラン<CHF=>は0.21%安。

中国製品に対する米国の追加関税発動期限が15日に迫る中、警戒感から人民元に売りが出た。オフショア人民元<CNH=> <CNH=D3>は対ドルで0.17%安。豪ドル<AUD=D4>やニュージーランドドル<NZD=D4>もそれぞれ0.1%、0.14%値下がりした。

ポンド/ドル<GBP=> <GBP=D3> <GBPX1=>は一時1.3180ドルと7カ月ぶり高値を付けた。調査会社サーベーションがITV番組「グッド・モーニング・ブリテン」の委託で実施した世論調査によると、総選挙を12日に控え、ジョンソン首相率いる保守党の労働党に対する支持率のリードは、前週の9%ポイントから14%ポイントに拡大した。

<債券> 長期債利回りが4営業日ぶりに低下した。中国のさえない貿易統計を受けて長期化する米中貿易戦争の影響への懸念が高まり、リスク選好度が後退した。

この日の利回り低下は世界的な国債市場の動きにも追随。ドイツでは予想外に堅調だった貿易指標にもかかわらず、10年債利回り<DE10YT=RR>が下落。マイナス0.30%付近で推移した。

午後の取引で、米10年債利回り<US10YT=RR>は1.831%に低下。前週末は1.843%だった。

米30年債利回り<US30YT=RR>は前週末の2.284%から2.266%に低下。一方、2年債利回り<US2YT=RR>は前週末の1.621%から1.625%に上昇した。

この日は380億ドル規模の米3年債入札が行われ、堅調な需要を集めた。最高落札利回り1.632%。応札倍率は2.56倍で、平均の2.48倍を上回った。

ただ市場の反応はほとんど見られず、3年債利回り<US3YT=RR>は1.646%。前週末は1.641%だった。

今週は、11日までの連邦公開市場委員会(FOMC)、12日の欧州中央銀行(ECB)理事会と英総選挙が市場で注目されている。

<株式> 反落して取引を終えた。米FOMCや米国の対中関税発動期限など、政治・経済の両面で重要日程を控え、警戒感が広がった。

市場では、米国が15日に予定している対中追加関税の発動に踏み切るか注目が集まっている。中国商務省の任鴻斌次官補は9日の記者会見で、できるだけ早期に米中双方が納得する通商合意を得られることを期待すると述べた。[nL4N28J1TM]

ホライゾン・インベストメント・サービシズのチャック・カールソン最高経営責任者(CEO)は「市場は様子見モードだ」とし、「15日の関税を巡る動きが目先の取引を左右する最大の材料だ」と述べた。

今週はFOMCや英総選挙も控えるほか、北米自由貿易協定(NAFTA)に代わる新協定の批准に向けた合意がまとまる可能性もある。

S&P500の主要セクターは、情報技術<.SPLRCT>やヘルスケア<.SPXHC>を中心に大半がマイナス圏で引けた。

個別銘柄では、貿易問題に敏感なアップル<AAPL.O>の下げが目立った。

企業ニュースでは製薬大手メルク<MRK.N>ががん精密医療のアーキュール<ARQL.O>を27憶ドルで買収すると発表。アーキュールの株価が2倍に上昇した一方、メルクは0.1%安となった。

<金先物> 米FOMCなどを控えて様子見ムードが広がり、ほぼ横ばいとなった。中心限月2月物の清算値は前週末比0.20ドル(0.01%)安の1オンス=1464.90ドル。

<米原油先物> 世界のエネルギー需要の先行きに対する懸念が強まり反落した。米国産標準油種WTIの中心限月1月物の清算値は前週末比0.18ドル(0.30%)安の1バレル=59.02ドル。2月物の清算値は0.18ドル安の58.92ドル。

ドル/円 NY終値 108.55/108.57 <JPY22H=>

始値 108.45 <JPY=>

高値 108.67

安値 108.45

ユーロ/ドル NY終値 1.1062/1.1066 <EUR22H=>

始値 1.1072 <EUR=>

高値 1.1078

安値 1.1056

米東部時間

30年債(指標銘柄) 17時05分 102*18.00 2.2567% <US30YT=RR>

前営業日終値 101*31.00 2.2840%

10年債(指標銘柄) 17時03分 99*11.50 1.8208% <US10YT=RR>

前営業日終値 99*05.00 1.8430%

5年債(指標銘柄) 17時05分 99*08.00 1.6577% <US5YT=RR>

前営業日終値 99*06.25 1.6690%

2年債(指標銘柄) 17時05分 99*24.63 1.6191% <US2YT=RR>

前営業日終値 99*24.50 1.6210%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 27909.60 -105.46 -0.38 <.DJI>

前営業日終値 28015.06

ナスダック総合 8621.83 -34.70 -0.40 <.IXIC>

前営業日終値 8656.53

S&P総合500種 3135.96 -9.95 -0.32 <.SPX>

前営業日終値 3145.91

COMEX金 2月限 1464.9 ‐0.2 <GCv1><0#GC:>

前営業日終値 1465.1

COMEX銀 3月限 1664.2 +4.6 <SIv1><0#SI:>

前営業日終値 1659.6

北海ブレント 2月限 64.25 ‐0.14 <LCOc1><0#LCO:>

前営業日終値 64.39

米WTI先物 1月限 59.02 ‐0.18 <CLc1><0#CL:>

前営業日終値 59.20

CRB商品指数 181.1745 ‐0.0160 <.TRCCRB>

前営業日終値 181.1905

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  4. 4

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  5. 5

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  6. 6

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  7. 7

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  8. 8

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  9. 9

    第4波から何も学ばなかった政府 リーダーは意思とメッセージを明確にせよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月31日 08:55

  10. 10

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。