記事

【沢尻エリカ保釈】パリピの祭典・ULTRA JAPAN 1席300万円の“VVIP席” にも出没していた VIPルームでディープキス目撃情報も - 須賀 マイク

 合成麻薬MDMAを所持していたとして、麻薬取締法違反(所持)の罪で起訴された沢尻エリカ被告(33)は6日、勾留先の警視庁東京湾岸署から保釈された。保釈保証金500万円を即日納付,保釈時は報道陣を避けるように裏口から車に乗り込み、湾岸署を後にした――。

【画像】交際相手のデザイナー・横川直樹氏のインスタグラム

警視庁東京湾岸署を出る、保釈された女優の沢尻エリカ容疑者を乗せた車両=6日、東京都江東区 ©時事通信社

「沢尻被告の自宅からはMDMAだけではなく、LSDも見つかっており、本人はいずれの所持も認めている。クラブやパーティで派手に遊んでいるうちに、クスリと縁が切れなくなっていたようだ」(警視庁担当記者)

 メディアやネット上には、沢尻のクラブ写真が出回り、改めてクラブやパーティシーンと薬物の関係がクローズアップされることとなった。

“パリピ”が集まるULTRA JAPANにも出没していた

 ある芸能関係者はこう証言する。

「沢尻は夜遊びの世界でも知られていて、クラブだけではなくTGC(東京ガールズコレクション)のプールパーティでも顔を合わせましたね。ある場所のVIPルームでは沢尻がずっと女性とディープキスをしていたシーンを目撃したこともあります。ULTRA JAPANの会場でも彼女の存在は有名でした」

 2014年に初開催されたEDMの祭典「ULTRA JAPAN」は多くの“パリピ”が集まるイベントとしても知られている。今年は9月14~15日に開催され、延べ6万人の観衆を集めた。

 同イベントと沢尻の関係は深い。運営側には交際説も流れたことがある元俳優小橋賢児氏がおり、沢尻の所属事務所であるエイベックス関係者はULTRA JAPANを接待等の場としても頻繁に利用していた。

 前出の証言の通り沢尻は同イベントでも知られた存在だった。彼女が出入りしていたのはVVIPと呼ばれる、VIP席よりグレードの高い特別席だった。

「VVIPはセキュリティ万全で黒いシートで囲われているのでプライバシーも保持されやすい特別席です。その中にも3つのランクがあり、ステージに一番近い席が最もグレードが高い。沢尻もそこによく出入りしていたと聞いています。

 もちろん値段もVIP級で、ウルトラシャンパンスペシャルセットは500万以上もします。屋外イベントなのに、トイレは冷暖房が完備されておりホテル並に綺麗。女子トイレのパウダースペースも広く、よくモデルやタレントがそこにたむろしていたと聞きます」(前出・芸能関係者)

金塊強奪事件の犯人として逮捕された半グレも出入り

 沢尻逮捕で俄に注目されるようになったULTRA JAPAN。このモンスターイベントの光と影について言及していたのが『半グレと金塊』(野口和樹著 宝島社)だった。

 野口氏は名古屋の有名な半グレとして知られ、2016年に発生した博多・金塊強奪事件の主犯格として逮捕された人物。現在は福岡拘置所に収監されている。

 野口氏の逮捕時、その派手な交遊とパリピ生活がクローズアップされた。野口氏らは「全日本パリピ協會」を名乗り、様々なパーティ・イベントに出入りしていた。

 文春オンライン10月19日配信記事『宮迫ツーショットの金塊強盗犯が激白 「半グレ、パリピ、ULTRA JAPANの実態」』でもその一端に触れた。イベントの実態と、芸能人脈の実態について改めて検証するためにも、著者の許可を得て同書の一節を紹介する。

「VVIP席は、1席が 80 万~300万円 以上」

〈数あるフェスのなかでも、私がとりわけ好んで毎年足を運んだのが、2014年に初開 催された「ULTRA JAPAN」だ。東京・お台場に会場を設け、1日で数万人規模 を動員する日本一のミュージックフェスである。

 私たちはそこのVVIP席の常連だった。このVVIP席は、1席が 80万~300万円 以上という桁外れの値段で、とても一般人が気軽に購入できる席ではない。

 実際のVVIP席には、芸能関係者やモデル、タレント、俳優、女優、大企業の社長な どがずらりと顔を揃えていることが多い。水を頼めばペットボトルは1本1000円もする。しかも 10 本からのオーダーしか受け付けないのだ。(中略)

 なぜ私のような人間が出入りできたのかといえば、前述した広告代理店とのイベントで 仕事をしていた経験が大きかった。担当者と親しくなるにつれ、さまざまな相談事を受けるようになる。

「大切なお客さんが来るから、モデルとか用意できない?」

 そんなリクエストに対し、私がバッチリ女の子を揃えると、ドンペリ20本を差し入れしてくれたりした。入場条件が極めて厳しいなか、私は個人的な人脈を使ってVVIP席への出入りを許可されていたのが本当のところである。

 私たちは必ずルールを守り、場を乱さず遊びに徹していた。刺青などを見せることは絶対にしない。そういう気遣いは日頃からもっとも重視しており、私たちのことを見ても 「反社会的勢力」とは誰も思わなかったはずだ。(中略)

 大手芸能事務所の関係者なども多数、VVIP席に入っていたはずだが、ではその関係者たち全ての人がまっとうな「表社会の住人」たちばかりなのかといえば、決してそうで はなかったことを私は知っている〉

 著作の中では話題になった宮迫博之だけではなく、様々な芸能人と半グレの接点について語られている。

芸能人は「通常は友人に薬物を持たせておいて、密室で使う」

 ULTRA JAPANの初期は半グレや反社会的勢力、芸能人が入り交じり、独特の空気を醸し出していたという。だが、半グレや反社会的勢力が、MDMAやLSDといった薬物を芸能人に供給しているのか、というと必ずしもそうでもなかったようだ。

 薬物問題に詳しい全国紙社会部記者が語る。

「芸能人が薬物を使用するときによく使う手口が、通常は友人に薬物を持たせておいて、密室で使うときだけもらう。密室ですからバレにくいですし、自分は持たないので所持で逮捕されるリスクがないからです。彼らの友人は、ファッションや広告などの業界人、半グレ等ではなくいわゆる一般人であることが多い。

 沢尻は自身でもクスリを所持していましたが、長い夜遊び生活のなかで感覚が麻痺して『私だけは大丈夫』と思い込んでいたのでしょう。後に恋人であるファッションデザイナーのNAOKIこと横川直樹氏も逮捕されました。このことからも薬物は一般人の間で広がっていた様子が窺えます」

 沢尻の保釈後、所属事務所はメディアにこう要請した。

〈大変恐縮ではございますが、本人を更生に専念させていただきたく、本人や家族、更生先への取材、問い合わせにつきましては差し控えてくださいますよう、何卒ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます〉

 夜遊びの爛れた空気のなか、沢尻は道を踏み外していった。彼女の口から反省の弁と真実が語られる日はくるのだろうか――。

(須賀 マイク)

あわせて読みたい

「沢尻エリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国の年金使い込み 大変な事態

    団藤保晴

  2. 2

    女性題材にして炎上 触るな危険

    中川 淳一郎

  3. 3

    山下達郎のAIひばり批判は爽快

    常見陽平

  4. 4

    植松聖被告「小指噛みちぎった」

    篠田博之

  5. 5

    「解雇できない」嘆く企業に疑問

    紙屋高雪

  6. 6

    悪意感じたオリラジ中田批判記事

    たかまつなな

  7. 7

    大トロ 1貫2500円でも儲からない

    fujipon

  8. 8

    ゴーン氏10時間取材が出版中止に

    郷原信郎

  9. 9

    明石市長がまた暴言 許される謎

    非国民通信

  10. 10

    差別ゼロ 理想掲げる東大の矛盾

    御田寺圭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。