記事

タクシー運転手の父をアメリカ兵に奪われ…補償をめぐって日米両政府と闘い続けた沖縄の若者

1/2

 「国を相手にする怖さもある中で自分の好きな歌を歌って、負けねえよ、っていう…」

 沖縄の海に向かって歌う、沖縄県宜野湾市在住の宇良宗之さん(34)。父・宗一さんがアメリカ兵に襲われ人生が一変した。「泣き寝入りは絶対にしないという思いで、次のステップに取り組んでいこうと、そして、そういう姿勢を見せていこうという思いがあります」「加害者の米兵側が逃げられて、被害者側は放置されるような制度になってしまっていることに、どうしても納得いかないんですよ」。

 強い日差しが降り注ぐ8月14日、宗之さんは、国を相手に裁判を起こした。わずか146万円の見舞金で終わらせようとする「アメリカ」と、法律で認められた権利に向き合おうとしない「日本」。諦める被害者も多い中、アメリカ軍絡みの犯罪被害に対する補償のあり方をめぐって、両政府と10年以上にわたって闘い続けている。

■タクシー客の米兵が暴行

 始まりは2008年にまで遡る。年明け早々の1月7日、午前3時半ごろ。宗之さんの父・宗一さんが運転するタクシーに、2人の米兵が客として乗りこんだ。しかし目的地に到着しても2人は降りようとはせず、「フレンド、フレンド(=友達が近くにいる)」と、別の場所を指示する。暗い住宅街を走り続け、30分ほどが経った時、「プリーズ、マップ、マップ」と言われた宗一さんが地図を取り出そうと、ダッシュボードに手を伸ばした瞬間、酒瓶で頭を殴打された。宗一さんがタクシーから逃げ出しても暴行は続き、全治1カ月の大けがを負う。「クラクションを思い切り鳴らしたそうなんですよ。もう逃げ場がないっていうことで。頭に包帯を巻いて、顔も膨らんでいるような状態で。歯も10本くらい飛び散って…。」(宗之さん)。

 宗一さんは心にも大きな傷を負い、「心的外傷後ストレス障害」、いわゆる“PTSD”との診断を受けた。当時の診断書には、「夢で事件の場面を見ます。外国人を見ると怖くなります。犯人の服装が頭に残っていて同じような服を見るとドキッとしてしまいます」「早く仕事をしたいのに 忘れられなくて」という宗一さんの訴えが記されている。「当時の父親は、2人組の外国人を見るたびにフラッシュバックがあったようです」(宗之さん)。

 「日米地位協定」では、日本国内で事件・事故を起こしたアメリカ軍関係者に支払い能力がない場合、アメリカ政府が肩代わりする、としている。そのため、宗一さんは事件の翌年からアメリカ政府に対し被害の補償を何度も求めていた。しかし、アメリカ側からは何の回答もなく、家族に補償問題が重くのしかかったそして事件から4年後、宗一さんは仕事に復帰することも叶わぬまま、63歳で亡くなる。

 宗一さんは、「歌手になる」という宗之さんの夢を応援していたという。「最初は反対されるかなって思っていたんですけど、“自分の好きな道を進んで行ったらいい”と」。仕事をしながら、少しずつステージにも立てるようになっていた時期に起きた事件。「父親の姿を見ていると、自信を失くしていく自分がいたんですよ」。心の病に苦しむ父親、一向に進まない補償、次第に歌から遠ざかるようになっていく。

■米軍からの回答は「見舞金146万円」

 事件から9年半、宗一さんが亡くなってから5年が経った2017年11月、アメリカ政府から初めての通知が届いた。それは「最終的な解決として146万円を受け取ることに同意し、加害者・アメリカ政府を永久に免責する」という内容の“示談書”だった。宗一さんの体と心に傷を負わせた行為に対し、“見舞金”の名目でアメリカ政府が支払うのは、わずか146万1600円。その根拠さえ示さず、今後一切関与しないと一方的に突きつけてきたのです。

 「米軍側からは謝罪一つなく、見舞金だけで納得させようと、押しつけるような形なのが悔しかったんですね」。理不尽な回答から4カ月後、宗之さんは正当と思われる金額を求め、加害者であるアメリカ兵2名を相手に裁判を起こした。裁判で確定した補償額とアメリカ政府が支払う見舞金との差額を日本が肩代わりする制度、いわゆる「SACO見舞金」を受け取るための訴訟だ。

 しかし、アメリカ軍絡みの犯罪に詳しい新垣勉弁護士は、この「SACO見舞金」の制度には課題があると指摘する。「被害者が加害者米兵を相手に民事訴訟を起こすことが不可欠の条件になっているが、米兵が海外に異動してしまうと裁判を起こさない被害者も多く、差額金支払い制度を利用することができないと、こういう状況が生まれる」。実際、SACO見舞金制度が設けられた1996年以降、アメリカ軍関係者が摘発された事件は沖縄県内だけで1200件近くに上るが、そのうち裁判に訴え、SACO見舞金を活用した例はわずか6件に留まる。宗之さんは、そんな苦難の道のりに挑んだのだ。

 そして2018年7月5日、裁判所は2名のアメリカ兵に2600万円の支払いを命じる。補償額が確定したことを父の墓前に報告した宗之さんは「諦めたことも一度ではなく、何度もあるんです。10年かかりまして、やっと判決だよということを報告できましたね」。

 事件から11年、補償問題はようやく動き出したかに見えたが、10カ月が経った今年5月、事態は急変する。

あわせて読みたい

「沖縄」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国「パラサイト」で反日強化か

    WEDGE Infinity

  2. 2

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  3. 3

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  4. 4

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  5. 5

    ANAホテル 首相答弁と反する回答

    辻元清美

  6. 6

    識者「国内で爆発的流行はない」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    コロナ対策 順調なフリが1番悪い

    岩田健太郎

  8. 8

    東京マラソンは中止決断が最善手

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  10. 10

    佳子さま ニート批判受けて変化

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。