記事

街角景気、11月は増税後の落ち込みから回復 戻り弱く製造業は悪化


[東京 9日 ロイター] - 11月の景気ウォッチャーは、10月の消費増税による落ち込みから2.7ポイント回復した。とはいえ、DI水準は39.4と低く、反発力は鈍い。DIは10月に30台に落ち込み、8年半ぶりの低水準となったが、今月も40に届かなかった。

家計部門では、消費増税の影響はやや緩和されたとはいえ、高額商品の反動減はまだ消えていない。企業部門も製造業の景況感は米中摩擦の影響が一段と深刻化している。内閣府は街角景気について「このところ回復に弱い動きがみられる」と判断を据え置いた。

家計部門は10月から4.6ポイント上昇したが、増税前の40台には届いていない。「3カ月前に比べると売り上げの落ち込みは緩やかになってきている。消費増税の影響もやや薄れている」(中国・一般レストラン)といった指摘があるほか、「天候に恵まれ、キャッシュレス・消費者還元事業も多少はプラス要素になっている」(四国・衣料品専門店)といった声もある。

しかし、「宝飾品や化粧品、婦人服、紳士服などで影響がまだ残っている」(中国・百貨店)といい、高級品は振るわないようだ。「増税で客単価がかなり下がっており、売り上げが前年を下回っている」(九州・コンビニ)という影響もみられる。

一方、企業部門は2カ月連続で悪化。「受注状況は米中摩擦の影響を受け、低迷している分野がある。物流費や人件費の高騰も業況に悪影響」(北陸・プラスチック製品製造業)との声がある。

先行きは2.0ポイントの改善見込み。家計部門は、増税の影響が徐々に薄らぐ見通しやクリスマスや正月で購買意欲の回復を期待して、一段の改善が見込まれる。ただ企業部門は引き続き「海外需要の低迷」(甲信越・一般機械器具製造業)などにより、停滞感が続きそうだ。

*内閣府の発表資料は以下のURLでご覧になれます。  https://www5.cao.go.jp/keizai3/2019/1209watcher/menu.html

(中川泉 編集:青山敦子)

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  5. 5

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    感染リスク高い5つの場面に注意

    赤池 まさあき

  8. 8

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    トランプ氏 逆転攻撃はほぼ不発

    WEDGE Infinity

  10. 10

    学生転落 巻き添えの女性が死亡

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。