記事

街角景気、11月は増税後の落ち込みから回復 戻り弱く製造業は悪化


[東京 9日 ロイター] - 11月の景気ウォッチャーは、10月の消費増税による落ち込みから2.7ポイント回復した。とはいえ、DI水準は39.4と低く、反発力は鈍い。DIは10月に30台に落ち込み、8年半ぶりの低水準となったが、今月も40に届かなかった。

家計部門では、消費増税の影響はやや緩和されたとはいえ、高額商品の反動減はまだ消えていない。企業部門も製造業の景況感は米中摩擦の影響が一段と深刻化している。内閣府は街角景気について「このところ回復に弱い動きがみられる」と判断を据え置いた。

家計部門は10月から4.6ポイント上昇したが、増税前の40台には届いていない。「3カ月前に比べると売り上げの落ち込みは緩やかになってきている。消費増税の影響もやや薄れている」(中国・一般レストラン)といった指摘があるほか、「天候に恵まれ、キャッシュレス・消費者還元事業も多少はプラス要素になっている」(四国・衣料品専門店)といった声もある。

しかし、「宝飾品や化粧品、婦人服、紳士服などで影響がまだ残っている」(中国・百貨店)といい、高級品は振るわないようだ。「増税で客単価がかなり下がっており、売り上げが前年を下回っている」(九州・コンビニ)という影響もみられる。

一方、企業部門は2カ月連続で悪化。「受注状況は米中摩擦の影響を受け、低迷している分野がある。物流費や人件費の高騰も業況に悪影響」(北陸・プラスチック製品製造業)との声がある。

先行きは2.0ポイントの改善見込み。家計部門は、増税の影響が徐々に薄らぐ見通しやクリスマスや正月で購買意欲の回復を期待して、一段の改善が見込まれる。ただ企業部門は引き続き「海外需要の低迷」(甲信越・一般機械器具製造業)などにより、停滞感が続きそうだ。

*内閣府の発表資料は以下のURLでご覧になれます。  https://www5.cao.go.jp/keizai3/2019/1209watcher/menu.html

(中川泉 編集:青山敦子)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    今の感染者数去年の6月の数字ですよ 今日本は期間限定の集団免疫状態

    中村ゆきつぐ

    10月25日 09:11

  2. 2

    日本には「訂正する力」が必要だ 哲学者・東浩紀が語る 言論のゆくえ

    村上 隆則

    10月25日 11:00

  3. 3

    柴咲コウ、芸能活動の光と影「私の長所でもあり短所」「偽りたくない」

    マイナビニュース

    10月24日 14:29

  4. 4

    「なぜトヨタは燃料電池車の開発をやめないのか」電気自動車が苦手な2つの分野

    PRESIDENT Online

    10月24日 15:03

  5. 5

    廣瀬爽彩さんの重大事態:旭川市教育委員会からヒアリングを行っての決意

    山田太郎

    10月24日 16:02

  6. 6

    世界もびっくり:日本で新型コロナウイルス感染者が激減

    舛添要一

    10月24日 16:21

  7. 7

    パナソニックは覚悟を見せるか?

    ヒロ

    10月25日 10:00

  8. 8

    異例づくめの参院補選。静岡で与党・自民党が敗北の影響は波及必至か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月25日 09:27

  9. 9

    京都で散見されるコロナの傷跡 空き店舗や廃業ホテルも多い中、観光再興できるか

    NEWSポストセブン

    10月24日 10:47

  10. 10

    中国国家主席、テロや気候変動などで国際協力の強化呼び掛け

    ロイター

    10月25日 12:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。