記事
  • ヒロ

韓国は中国に寝返るのか?

1/2
中国の王毅外相が韓国を訪れ、文大統領をはじめ、要人と会談をしました。韓国側は王外相を手厚くもてなし、韓国側がこのきっかけをいかに重視していたか察することができます。

中国と韓国の関係はTHAADを設置した朴槿恵前政権以降、冷えた関係とされ、その後、文大統領が中国を訪問するも仕打ちのような対応でありました。朴政権も当初は中国礼賛であったものの途中から方針変更した経緯があります。文大統領にとっては任期の半ばを過ぎた今、アメリカとのディールから中国との交渉に本腰を入れる可能性は捨てきれないでしょう。

韓国政権は歴史的にもポリシーの安定性が欠如しています。例えば李明博政権時は当初、日本と比較的良好な関係だったのに2011-12年の韓国憲法裁判所での慰安婦、および徴用工判決で180度方向転換し、異様なまでの行動ぶりだったことを覚えている方もいらっしゃるでしょう。つまり、一つの政権でもある事象をきっかけに全く違う顔になれる日和見主義が朝鮮半島全体の特徴であります。

文大統領はこのところ、トランプ大統領との交渉に行き詰まっているのみならず、駐留米軍の費用問題でも頭を悩ませています。更に北朝鮮との関係で徹底的な制裁を前提とするアメリカに対してグレーゾーンにいることもアメリカがいら立つ原因であります。日本が決定した輸出管理規制にしてもGSOMIA破棄に対してアメリカが異様に反発したのも韓国のグレーなふるまいにくさびを打ち込むことが背景にあったわけです。

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国の年金使い込み 大変な事態

    団藤保晴

  2. 2

    女性題材にして炎上 触るな危険

    中川 淳一郎

  3. 3

    植松聖被告「小指噛みちぎった」

    篠田博之

  4. 4

    「解雇できない」嘆く企業に疑問

    紙屋高雪

  5. 5

    山下達郎のAIひばり批判は爽快

    常見陽平

  6. 6

    大トロ 1貫2500円でも儲からない

    fujipon

  7. 7

    ゴーン氏10時間取材が出版中止に

    郷原信郎

  8. 8

    明石市長がまた暴言 許される謎

    非国民通信

  9. 9

    悪意感じたオリラジ中田批判記事

    たかまつなな

  10. 10

    新幹線でのパソコン作業に唖然

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。