記事

米の報復関税、仏はWTO提訴を用意=仏経済相


[パリ 8日 ロイター] - フランスのルメール経済・財務相は8日、米トランプ政権がフランスのデジタル課税への対抗措置としてスパークリングワインなどフランスからの輸入品への報復関税導入を検討すると発表したことについて、フランスは世界貿易機関(WTO)に提訴する用意ができていると述べた。

ルメール氏はフランス3テレビのインタビューで「デジタル課税は米企業だけでなくフランス企業にも欧州連合(EU)の企業、あるいは中国の企業にも適用される。差別的なものではない」と述べた。

またルメール氏は、フランスは国際的なデジタル課税制度について経済協力開発機構(OECD)の場で米国と話し合う意向だと表明。ただし、こうした課税はインターネット企業が選択できるものではなく、OECDでグローバルな税制に合意が得られなければEUの枠組みでデジタル課税を再度協議するとした。

フランスは7月、デジタル関連サービスの売上高がフランスで2500万ユーロ以上、世界で7億5000万ユーロ以上の企業に対し、3%の課税をすることを決定。今年初めにさかのぼって適用を開始するとした。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山手線 中国・韓国語表示消えた?

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    小倉優香の降板騒動 理由は彼氏?

    渡邉裕二

  3. 3

    お嬢様迷惑ツアーに島が自粛要請

    SmartFLASH

  4. 4

    駅前の果物販売は盗品? 投稿話題

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    感染者数に囚われる日本の不思議

    自由人

  6. 6

    ウイルス変異も「運がいい」日本

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    菅氏、朝日新聞の抗議内容を否定

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    韓国の反日は日本にとって好機

    PRESIDENT Online

  9. 9

    文大統領の側近が一斉に辞意表明

    ABEMA TIMES

  10. 10

    山下智久 JKモデルとホテル宿泊?

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。