記事

米の報復関税、仏はWTO提訴を用意=仏経済相


[パリ 8日 ロイター] - フランスのルメール経済・財務相は8日、米トランプ政権がフランスのデジタル課税への対抗措置としてスパークリングワインなどフランスからの輸入品への報復関税導入を検討すると発表したことについて、フランスは世界貿易機関(WTO)に提訴する用意ができていると述べた。

ルメール氏はフランス3テレビのインタビューで「デジタル課税は米企業だけでなくフランス企業にも欧州連合(EU)の企業、あるいは中国の企業にも適用される。差別的なものではない」と述べた。

またルメール氏は、フランスは国際的なデジタル課税制度について経済協力開発機構(OECD)の場で米国と話し合う意向だと表明。ただし、こうした課税はインターネット企業が選択できるものではなく、OECDでグローバルな税制に合意が得られなければEUの枠組みでデジタル課税を再度協議するとした。

フランスは7月、デジタル関連サービスの売上高がフランスで2500万ユーロ以上、世界で7億5000万ユーロ以上の企業に対し、3%の課税をすることを決定。今年初めにさかのぼって適用を開始するとした。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    スター・ウォーズの寿命は尽きた

    長谷川一

  2. 2

    日本も基金出資? 日韓議連の暴言

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    BOSE閉店に影響? 高音質な中国製

    自由人

  4. 4

    センター試験監督「憂鬱の極み」

    NEWSポストセブン

  5. 5

    人を傷つけないROLAND名言に支持

    NEWSポストセブン

  6. 6

    元自衛官 海自の中東派遣に疑問

    佐藤正久

  7. 7

    日本より韓国 外国労働者の現状

    清水駿貴

  8. 8

    インフル流行防ぐ予防接種の役割

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    速すぎるナイキ厚底 どこが違反?

    PRESIDENT Online

  10. 10

    旅券返して フィリピン女性訴え

    清水駿貴

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。