記事

「ジーンズにジャケット」のビジネスマンは大抵年配の理由

「ジーンズ+ジャケット」のビジカジスタイル

スエット素材のパンツにジャケット、スニーカーを組み合わせた最新のビジカジスタイル

新しいビジカジスタイルは機能性の高さと着回しの豊富さで人気に

 近ごろ、若者を中心に“ジーンズ離れ”が叫ばれているが、それはカジュアル化の進むビジネススタイルでも顕著に見られる傾向だ。ひと昔前はIT企業などでジーンズに革靴、上着はジャケットの若手社員も多かったが、いまは40代以上に限られるスタイルになったという。ファッションジャーナリストの南充浩氏が、“ビジカジ”の最新トレンドをレポートする。

【写真】最新のビジカジスタイル

 * * *
 ビジネススタイルのカジュアル化(ビジカジ)は年々進んでいます。これについての賛否は様々ありますが、欧米でもビジカジは進んでいると聞きますから、好むと好まざるとにかかわらず、日本でも進んでいくのは仕方のないことだと思います。

 最近、街行く人のビジカジスタイルを見ていて、ちょっとした傾向があることに気がつきました。それは、ビジカジスタイルでジーンズを合わせている男性は、40代以上の年配男性に圧倒的に多く、20~30代前半の若い男性が少ないことです。特に「シャツ+ネクタイ+テイラードジャケット+ジーンズ+革靴」というコーディネートは40代以上に限定されているように感じました。

 いま、ジーンズカジュアルチェーン店各社の苦戦が伝えられていますが、ジーンズというアイテムが、デイリーカジュアルだけでなく、ビジカジスタイルでも若い男性から選ばれにくくなっているのです。

 振り返れば、2005年~2007年頃までは、ジーンズはマストレンドのアイテムでした。このころはちょうど、形としてはブーツカットジーンズ人気がピークで、特に欧米ブランドの2万円~3万円もするような高額インポートジーンズが持て囃されました。

 セブンフォーオールマンカインドやヤヌーク、AG、シチズンオブヒューマニティ―、トゥルーレリジョンなどのブランド群です。メンズというよりはレディースが牽引した人気でしたが、その人気はメンズにも飛び火しました。

 これらのブーツカットジーンズに「シャツ+ネクタイ+ジャケット」というコーディネートが新たなメンズビジカジスタイルとして注目され、服装規定の緩い広告代理店やアパレル企業、IT企業などで働くビジネスマンがこぞって着ていました。

 その後、ジーンズのトレンドは2008年にブーツカットからスキニーに移り、2015年ごろからは腰回りがゆったりして先細りした(テイパード)シルエットに移り、今に至ります。ブーツカットジーンズの流行から12~14年が経過していて、当時の30歳男性も現在42~44歳くらいになっています。

 つまり、高額インポートジーンズ全盛期だった時期にジーンズビジカジを愛用していた層に限って、40代以上となった今もジーンズビジカジを愛用しているのではないかと思われます。ジーンズのトレンドはブーツカットではなく、細身ストレートやテイパードなどに変わっていますが、コーディネートの根幹は当時のままです。

 一方、今の若い世代はその当時の着こなしとは無縁です。

 スーツに変わるビジカジスタイルとしての代表は、「ジャケット+チノパン、カジュアルスラックス」などのジャケパンスタイルでしょう。

 通常のスーツは上下が同じ生地でセットになっていますが、これはジャケットとパンツがそれぞれ別の生地でできています。ジャケパンスタイルというとジャケットにチノパンなどの綿素材パンツを思い浮かべる人も多いでしょうが、別にウールのスラックスでも構いません。

 よく紺ジャケットとベージュのチノパンを組み合わせている人がいますが、正直なところ、カッコよく穿きこなすのは結構難しいと思うので、個人的にはお勧めしません。むしろ、紺やオリーブグリーン、ダークグレーなどのチノパンのほうが穿きこなしやすいと思います。

 そして、最近ではチノパンだけでなく、カーゴパンツやワークパンツ、ジョガーパンツなどと組み合わせる若いビジネスマンのカジュアル化も進んできました。

 いまの若者はスキニージーンズと相まって広まったジャージパンツ類を核としたスポーツテイストのアスレジャースタイルで育ってきましたから、通常のジーンズよりもスキニーやジャージパンツを愛用しています。

 その結果、ビジカジスタイルとして選ばれ出したのも、ストレッチ素材の細身のパンツだったり、ベルトレスでウエストがヒモで結べるゆったりしたドロストパンツだったりと非常に多様化しています。ユナイテッドアローズやシップス、エディフスといったセレクトショップ系では、こうしたパンツ類とジャケットを組み合わせたオリジナルの安いカジュアルセットアップが売れ筋だといいます。

 蛇足ながら付け加えておきますと、貼りつくような細身シルエットのスキニージーンズの登場で、素材のストレッチ性がより重要度を増しました。そして、その一環としてストレッチ性に優れるジャージ素材やスエット素材が愛好されるようになり、スエットパンツやジャージパンツなどが部屋着からデイリーカジュアル、そしてビジカジへと昇格したと考えられます。

 さらに、最近では「ジャケット+Tシャツ+パンツ」に、ナイキのエアマックスやリーボックのポンプフューリーなど近未来的なデザインのハイテクスニーカーを組み合わせる若いビジネスマンも多くいます。冬でもくるぶしが出るようなショートソックスを穿いて、カバンもリュック派が増えています。

 こうして、ビジネスマンのスタイルにスキニージーンズやその延長線上にあるスエットパンツやジャージパンツが支持されているのは、もちろんファッション性に富んでいることもさることながら、利便性の追求もあったでしょう。

 かつてジーンズが若者に支持された理由として、綿100%のジーンズは重くて固くて洗濯すると乾きにくいことを除くと、

・汚れても目立たない
・破れても目立たない
・毎日同じものを穿いていても目立たない
・上に合わせるトップスを選ばない(何にでも合う)
・洗濯してシワシワのままアイロンをかけずに穿いてもおかしくない

 といった高い利便性がありました。汚れても破れても気にすることなく穿き続けられますし、シワシワのまま穿いていてもおかしくありません。またコーディネートを工夫する必要はないし、“着た切り雀”でも笑われることはありません。こんな便利なズボンはほかにはなかったのです。

 片やスエットパンツ類はジーンズとは利便性が異なるものの、ジーンズを遥かに上回る動きやすさと快適性があります。汚れたり破れたりというところはジーンズには遠く及びませんが、アイロン要らずという点はジーンズと同様で、スエットやジャージは編み生地なのでシワが入りにくいという特性もあります。

 そして、何よりも支持が広がっていくとコーディネート提案が増え、着回しの利便性も高まります。そのため、若い世代にはジーンズよりこちらのほうがますます支持されているといえます。

 このように、同じビジカジスタイルでも若い男性はスポーツテイストが基本となっているため、従来型のワークカジュアルやアメリカンカジュアルが主流だった40代以上のコーディネートとは自ずと違ってくるわけです。

 シャツ+ネクタイ+ジャケットとジーンズの組み合わせが40代以上に多い背景には、そんな世代間で異なるファッションの変遷があったと考えられます。

あわせて読みたい

「ファッション」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    エロい胸元 選挙ポスターが物議

    田野幸伸

  2. 2

    浅田真央が3日連続「同伴帰宅」

    女性自身

  3. 3

    西村大臣 感染対策に努力強調

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    また夜の街と発言 都知事に非難

    女性自身

  6. 6

    日本は中国批判を止め自衛せよ

    日本財団

  7. 7

    北海道のコロナ対応に疑問相次ぐ

    畠山和也

  8. 8

    夜の街巡る上から目線要請に苦言

    ABEMA TIMES

  9. 9

    独立続出の芸能界 裏に金と圧力

    渡邉裕二

  10. 10

    富岳 南海トラフ地震も予測可能

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。