記事

大ヒット中の『アナ雪2』 描かれる女性の強さと多様性

声優が交代したと気づかないほど武内のオラフは完璧(Getty Images)

1作目に続いて2作目も大ヒット中の『アナ雪』(Ph:Getty Images)(Ph:Getty Images)

「レリゴ~♪」の歌声が日本を席巻してから5年、11月22日に『アナと雪の女王2』が日米で同時公開された。公開10日目で日本国内の興行収入は43億582万円、観客動員数338万人を記録した。緻密に作り込まれた『アナ雪2』の謎を知れば、映画館へ足を運ぶ魔法にかかること間違いなし!

【別写真】1作目に続いて2作目も大ヒット中の『アナ雪』

◆エンディング曲はMay J.ではない

 物語中ではエルサ役の松たか子(42才)が歌う今作のメイン曲『イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに』のエンディング版を歌うのは新人の中元みずき(19才)。米国のディズニー本社でのオーディションで選ばれたが、ディズニーの日本版エンド曲にメジャーデビュー前の新人が起用されるのは初の快挙だ。

 さらに、今作のキーポイントの1つ、エルサを呼ぶ「謎の声」を務めるノルウェー出身の歌手・オーロラ(23才)は、“新世代の歌姫”と呼ばれる注目株。11月の初来日公演ではチケットが即日完売するなど、日本でも人気上昇中だ。

◆タモリも絶賛! イケボすぎる新オラフ

 麻薬取締法違反により、オラフ役を務めていたピエール瀧(52才)が降板。新たなオラフに抜擢されたのは22才の声優、武内駿輔だ。今作だけでなく過去作品すべても吹き替え直しているが、「まったく違和感がない」と大絶賛されている。

 11月22日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)出演時には、オラフから一転、トーク中の低音ボイスにスタジオがざわつき、タモリ(74才)も「井上陽水ぶりのいい声」と、“イケボ”に唸った。

◆「最も重要」なクリストフの一言

 英語版のアナ役を務めるクリスティン・ベル(39才)は、今作の最も重要なせりふとして、クリストフが発した「どうしたらいい?」を挙げている。男性がリードする「おれが守るからついてこい」という姿勢ではなく、アナの意思を尊重した新時代の男性像を象徴するせりふだというのだ。

「米国では最近、2017年から社会現象になっている女性の“性”を守るための『Me Too運動』から発展して、“女性の強さ”を尊重する一方、前時代的な“男性の強さ”を否定する時代へ変化しています」

 このせりふが出るのは、終盤でアナが何者かに追われるシーン。お見逃しなく。

◆姉妹が選んだ結末に寝込むファンが続出

 ディズニーをはじめとする米国の映画作品は、「ダイバーシティ(多様性)」が昨今の一大テーマとも。性別、人種、階級、宗教などすべてを取り払った世界を目指している。

「前作のアナとエルサは、姉妹の絆が最優先でした。しかし、それによって、『一生、姉妹だけで生きていくの?』『女だけいればいいの?』といった視野の狭さや閉塞感が生まれてしまった。現代的な『多様性』を描くためには、今作で姉妹の関係性を覆す必要があったのでしょう」

 試練を乗り越えた姉妹はそれぞれの望む生き方を選ぶのだが、2人を応援してきたからこそ、素直に「ハッピーエンド」と喜べずに戸惑うファンが続出。そんなラストはSNS上で「優しい地獄」とも表現されている。

◆最後まで離席厳禁

 本編が終わったからといって席を立つのはまだ早い。エンドロール後には、オラフがマシュマロウらに何やらストーリーを語る“オラフ劇場”があるので見逃すのはもったいない。また、字幕版ではエンディング曲を男性が歌っている。日本語版との違いをぜひ楽しんでほしい。

 アナ役の神田沙也加(33才)は自身のツイッターで、「2作で完結するアナ雪」と告げた。

「前作の童話的な世界から一変、今作は現代的な話でした。これ以上の世界観やストーリーを『アナ雪3』で展開させるのは、ほぼ不可能ではないでしょうか」

 それだけストーリーが秀逸ということか。今、見なければ、劇場で『アナ雪』を見られることは二度とないかも。

※女性セブン2019年12月19日号

あわせて読みたい

「アナと雪の女王」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    共産市長NO 広告にヘイトと指摘

    田中龍作

  2. 2

    平手脱退の裏側「笑いたくない」

    文春オンライン

  3. 3

    都知事選 三つ巴なら山本太郎氏

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    新型肺炎 中国の衛生管理に懸念

    文春オンライン

  5. 5

    杉田議員の「エア電話」率は80%?

    AbemaTIMES

  6. 6

    官僚叩きやめ国会改革を実現せよ

    室橋 祐貴

  7. 7

    実名報道 マスコミの壮大なズレ

    文春オンライン

  8. 8

    コービー死去 和牛ステーキと縁

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    注意がパワハラ扱い 沈黙は金か

    笹川陽平

  10. 10

    キャッシュレスに便乗し詐欺急増

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。