記事

軽井沢薄く積雪 中村さん(続報)

今朝の軽井沢は、明け方に降った雪が、この冬初めて薄く積もっていました。薄くだったので、日が差してくると、すぐに融けましたが、いよいよ冬という感じです。今朝は-5.3度、日中は2.8度でした。それでも、12月になっても、ダウンを着れば歩くことができるので、幸いです。

雲場の池も、木々はすっかり葉を落とし、冬の装いになっています。鴨たちが元気に動き回っていました。冬になっても、小さなリスちゃんは、ひまわりの種をまいているので、来てくれています。

さて、昨日お伝えした、アフガンで襲撃されて、志半ばで亡くなった中村哲医師について、様々なニュースが報じられています。アフガニスタンの地元で、中村医師の写真を掲げて、100人以上の人が、中村さんの死を悼んでいるニュースで、写真とともに書かれていたのが「ドクター中村はアフガニスタンのために生き アフガニスタンで死んだ あなたを守れなくてごめんなさい」というものでした。

いかに地元の人たちに愛されていたのかが伝わってきて、胸を打ちました。国連もメッセージを発表しています。親交があった上皇様ご夫妻も、中村さんの遺族に対して宮内庁を通じて弔意を伝えられました。アフガニスタンのガニ大統領は、これはテロだと非難しています。

反政府勢力が、政府にダメージを与えるために、外国人を標的にしたといわれていて、中村さんが勲章を受けたりしたことから狙われたという見方もある、とのこと。アフガニスタン復興のために灌漑事業などを行い、65万人がそこで暮らせるようにしたり、整備した公園には中村さんの名前がつけられていたり、ほんとうにアフガニスタンの人たちのために尽力してこられました。

まだまだやりたいことがあり、20年計画を作っていたという、尊い志を持ち、実践していく力があり、人々に愛されていた中村さんを死亡させて、いったい誰にとってプラスになることがあるのでしょうか。不毛が争いをなくし、真の復興が実現することを願わずにはいられません。

あわせて読みたい

「中村哲」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    武漢閉鎖 中国の感染対策に懸念

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    減るべくして減った日本人の賃金

    城繁幸

  3. 3

    e-Taxの確定申告 認証設計に不安

    tokyo editor

  4. 4

    1億5000万円の衝撃 河井議員疑惑

    大串博志

  5. 5

    東大卒は経済的勝者になれない?

    内藤忍

  6. 6

    進次郎氏育休に純一郎氏が激怒か

    NEWSポストセブン

  7. 7

    眞子さまが詠んだ小室氏への思い

    NEWSポストセブン

  8. 8

    ブレグジットで英BBCが危機状態

    小林恭子

  9. 9

    米作家 人口減少は日本に利ある

    文春オンライン

  10. 10

    東出不倫壊した団欒 2億円豪邸も

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。