記事

まだこれでは、旧民主党グループによる単一政党の結成は無理だろう

枝野さんは、自分の発言になんとなく「上から目線感」が滲み出ているのに気付いておられないのではなかろうか。

野党の中では相対的に支持率が高いことは承知しているが、しかし単独で政権を担えるほどの勢いも力もないことは大方の人が認めるところだと思う。

それなのに、随分高いところから物を仰るんですね、というのが立憲民主党が公表した文書を読んだ時の率直な感想である。

とても他党に合力を求めている文書には思えない。

支持率が低迷しているとは言え、それなりの所属国会議員と組織、さらにはそれなりの資金力を有している公党への敬意が感じられない。

無所属の人や党としての存続が危ぶまれるような政党の国会議員に対する呼び掛けならばこの程度でも通用するのかも知れないが、こんな物言いをされてしまったら普通は席を蹴って退席されても仕方がない。

まあ、同席された方々は、皆さん比較的に温厚な方々ばっかりだったようだから、あえて場の雰囲気を乱すようなことはされなかったようだが、この挨拶はいささか関係者に対する敬意と配慮を欠いていると言わざるを得ない。

これでは、とても大きな塊を作ることはできないぞ。

そう思わざるを得ない。

以下、立憲民主党の広報が掲載している枝野氏の挨拶の抜粋。
「立憲民主党は、これまで、理念政策をともにする方が個人として入党いただけるなら歓迎するとの立場でした。

 しかし、この間、共同会派結成にあたっての合意に基づき、一体となった国会対応で成果をあげることができたことは、会派を共にする皆さんが、それぞれ寛容な心でご尽力をいただいた結果だと感謝しています。このことを通じて、私は、会派を共にする皆さんとは、十分、理念政策の共有をしていただいていると考えます。

 以上のことを踏まえ、今般、私は、より強力に安倍政権と対峙し、次の総選挙で政権を奪取して『まっとうな政治』を取り戻し、国民生活と公平公正な社会を守るため、会派結成にあたって合意した考え方に基づき、共同会派を共にしていただいている政党、グループの皆さんに幅広く立憲民主党とともに行動していただきたいと思うに至りました。

 安倍政権に代わって政権を担いうる政党を築き上げ、次期総選挙での政権交代を現実のものとするため、会派を共にする、国民民主党、社会民主党、社会保障を立て直す国民会議、無所属フォーラムの皆さんに立憲民主党とともに闘っていただけるようお呼びかけいたします。」
さて、皆さんの感想は如何。

あわせて読みたい

「立憲民主党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪意感じたオリラジ中田批判記事

    たかまつなな

  2. 2

    漫画村を追い詰めた天才ハッカー

    文春オンライン

  3. 3

    「安倍は嘘つき」桜の会で浸透か

    メディアゴン

  4. 4

    「林業=成長産業」は机上の空論

    BLOGOS編集部

  5. 5

    「AI美空ひばり」は腹話術の人形

    毒蝮三太夫

  6. 6

    石破氏の根拠ない自衛権論に疑問

    篠田 英朗

  7. 7

    志位氏の長期独裁に触れぬ朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    首相演説を批判する野党に疑問

    鈴木宗男

  9. 9

    稲垣吾郎「スカーレット」出演へ

    文春オンライン

  10. 10

    農薬は中国並み 日本農業の誤解

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。