記事

新生・渋谷パルコに本屋がない……35歳・書店店主の私が危機感を感じる理由 - コメカ

1/2

 2016年に建物の建て替えのため一時休業していた渋谷パルコが、11月22日にリニューアルオープンした。73年に開店し、40年以上渋谷の文化状況に影響を与えてきたこの施設の営業再開は多くの人々に喜ばれているが、ある点については落胆の声が上がっている。新生渋谷パルコには、「本屋」が入っていないのだ。

【画像】1989年の渋谷パルコ


リニューアルオープンした渋谷パルコ ©共同通信社

 そして、本屋を持たない形で渋谷パルコが復活したことは、現代日本における「中間領域的な本屋」の成立し難さを象徴しているのではないかと、小さな個人書店の経営者である私は考えている。

サブカルをセゾングループ資本が下支えしていた時代

 休業前の渋谷パルコPart1では、86年にロゴス渋谷店(洋書専門店)が、93年にはP-BC渋谷店(2004年にリブロ渋谷店に店名変更)がオープンしており、途中12年には両店が統合されパルコブックセンター渋谷店としてリ・オープンする経緯を挟みながら、本屋テナントとして長年営業していた。

 90年代のP-BC渋谷店には、天久聖一・タナカカツキ『バカドリル』や、それに類する所謂サブカル本が飛ぶように売れていた、というエピソードがある。『バカドリル』自体がそもそも、パルコが発行していたフリーペーパー『GOMES』に連載されていたギャグページであり、若い世代によるサブカルチャーの制作・販売・消費を、パルコ=西武・セゾングループ資本が下支えする光景がそこにはあったと言えるだろう。

 2000年にパルコブックセンターは同じセゾングループ内のリブロと経営を統合し、2003年には日本出版販売株式会社がリブロの株式をパルコから90%買収、パルコブックセンター/リブロはセゾングループから離脱することになる。

 ただ、2000~2010年代にリブロ渋谷店/パルコブックセンター渋谷店を訪れていた世代の人間である自分は、アートやサブカルチャーの窓口の機能を果たしつつ、一般書や実用書などもきちんと在庫している店、という印象を同店に持っていた。資本形態が変わっても、90年代以降店舗としての極端な変節は無かったのではないかと思う。

「中間領域的な本屋」が持っていたメリット

 私が考える「中間領域的な本屋」とは、端的に言うと、「売れ筋一辺倒の在庫志向ではもちろんないが、かと言って過度に選民的だったり排他的な選書傾向・雰囲気ではない店内を、ある程度の空間的余裕のなかで他人の目を気にせず回遊できる店」というイメージになる。

 そういう店は、単なる小売としての機能だけではなく、訪れた人々にとって文化的なパブリックスペースとしての意味を持つようになる。かつてのパルコブックセンター渋谷店は、自分としてはこのイメージにかなり合致する店だった。あの店の中を歩くだけでたくさんの新しい世界に触れることができた記憶を持つ人間は、自分だけではないだろうと思う。

 パルコブックセンター渋谷店の坪数は約170坪だった。現在渋谷にあるメガストア的な大型書店MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店(1,100坪)、HMV&BOOKS渋谷店(550坪)などと比較すると小さいが、SHIBUYA PUBLISHING & Booksellers(30坪)のようなセレクトショップ的な小型書店よりはかなり大きい、都市部における中規模サイズの店舗だったと言える。

あわせて読みたい

「パルコ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本がマスク支援 中国で大反響

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    AV出演者 作品の二次使用に課題

    AbemaTIMES

  3. 3

    東出の不倫めぐる「稚拙なミス」

    藤沢数希

  4. 4

    武漢で4万人宴会 感染否定に疑問

    団藤保晴

  5. 5

    米の北戦略「ソウル防衛捨てた」

    文春オンライン

  6. 6

    武漢のリアルを映した映像が話題

    AbemaTIMES

  7. 7

    番組担当者が自殺 MXTVの無責任

    渡邉裕二

  8. 8

    感染の運転手 武漢ツアー客搭乗

    ロイター

  9. 9

    「共産市長NO」はヘイトではない

    早川忠孝

  10. 10

    元徴用工は韓国に賠償請求せよ

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。