記事

TikTokで中国の弾圧非難した少女「本当に大事なことを投げかけてみたかった」

Courtesy of Feroza Aziz/TikTok

アメリカに住む17歳の少女、フェローザ·アジズは――本人曰く中国の検閲を逃れる手段として――TikTokに投稿したメイク講座動画に、中国のイスラム教徒ウイグル族の処遇に対する抗議メッセージをこっそり忍ばせた。

アジズさんはTikTok動画の冒頭で数秒間ビューラーを使って見せた後、新疆ウイグル族――イスラム教徒が大半を占める少数民族――の強制収容についてGoogleで検索するよう、人々に呼びかけた。ウイグル族は拉致やレイプ、暴力の末に強制収容所に監禁され、豚肉の摂取や飲酒など、イスラムの教義に反する行いを強要されているとアジズさんは主張する。「強制収容所行きになった人たちは、生きて帰ってこられません。これはホロコーストの再来です。でも誰も話題にしない。どうか目を向けて。そして周りにも広めてください」と言い、彼女は再びビューラーに言及して動画を締めくくった。

この後アジズさんはさらに2つの動画をTikTokに投稿し、ウイグル族救出に役立つ情報源を紹介。また、周囲に話題を広めるよう若者らに呼びかけた。「大人世代が持っていなくて、私たちが手にしている力、それがテクノロジーです」と言い、こう付け加えた。「私たちの声には、世の中を変える力があります」

ウイグル族は中国西部の新疆地区に暮らす少数民族。人権擁護団体は以前から、中国政府がウイグル族を劣悪な環境の「再教育施設」に収容していると主張してきた。元収容者らの証言によると、施設内では集団レイプや強制的な去勢手術などが行われていたという。こうした主張に対して中国政府は一貫して、施設は国内テロ組織や過激主義者に対抗するためのものだと主張し続け、一部報道陣に施設を公開した。しかし訪れた記者の多くは、取材時は人権侵害の証拠が綿密に隠蔽されていると主張している。

以来アジズさんのTikTokは広範囲に拡散され、最初の動画の閲覧回数は140万回以上に上った。17歳のアジズさんはローリングストーン誌との電話インタビューに応じ、前にもソーシャルメディアでウイグル族のことを投稿したことがあると語った。「でも、誰も耳を傾けようとしない。誰も気にかけないの」 。元々彼女がTikTokを使い始めたのはイスラム系アメリカ人向けに面白コンテンツを作るためだったが、新疆での人権侵害を訴える発言の場としてアプリを活用してみることにした。

メイク講座を装った理由とは?

彼女がメイク講座を装った理由は2つある。「実際にこういうことが起きているのに、誰も全く気にしない。世間が気にするのは今何が流行っているか、最先端のファッションは何か、誰が誰と付き合ってて、どんな新しいYouTuberが出てきたか、ということだけ」と本人。「(だから)『みんなが知りたがることを話せばいいんじゃいない?』と思ったの。まつげを盛りたい人は大勢いるから、そういう人たちを狙ってみよう。みんなが見てくれるまつげアップの動画のふりをして、本当に大事なこと、本当に気にかけるべきことを投げかけてみようってね」

もうひとつの理由はより重要で、TikTokが――親会社は中国企業ByteDance社――現在香港で進行中の民主主義運動をはじめ、中国政府に不都合なコンテンツを削除して非難されたという報道に基づいている。アジズさんは以前、中東や中国でイスラム教徒が殺害されている事実がメディアで取り上げられないことを非難する動画をTikTokに投稿したことがあったが、何の説明もなく勝手に削除されたそうだ。

「それで考えたの。『OK、だったら絶対削除されないようにしてやりましょう』って。それでメイク講座動画を装ったら、上手くいったってわけ」

しかしそれも束の間だった。彼女の話では、TikTokから「複数の違反事項により」アカウントを一時停止したとの通知があり、投稿ができなくなったという。通知には具体的な違反の内容は記載されていなかった。フィードそのものはまだ生きているが、アカウントにアクセスすることはできないという。本人はウイグル関連の投稿が原因でアカウントが停止されたのだと考えている。「私が中国に関する動画を上げたとたんにアカウントが停止されるなんて、怪しすぎるでしょ」と本人。 ローリングストーン誌がTikTokにコメントを求めたところ、代表者はアジズさんのアカウントを一時停止したのはウイグル族の動画が拡散したからではないと否定し、10日前にも彼女がオサマ·ビン·ラディンのポスターを写した動画をアップロードしたため、複数あるアカウントのひとつを停止したと述べた。代表者曰く、TikTokのシステムがオサマ·ビン·ラディンの画像に反応してテロ関連コンテンツだと認識したために、彼女のデバイスからの投稿が規制された、ということだ。

TikTok運営は(アカウントの一時停止は)ウイグル族とは無関係とコメント

代表者が言うには、イスラム教徒ウイグル族の動画の投稿直後にアカウント停止が通知されたのは、たとえアカウントが違っていても、同じデバイスからの投稿だったからだそうだ。また、アカウントが削除される前に投稿されたウイグル族の動画は削除されずに残っている、とも述べた。

代表者は、そもそもテロ推奨コンテンツとして規制対象となった動画の詳細には言及を避けたが、アジズさんが言うには、オサマ·ビン·ラディンをティーンたちのアイドルとして描き、イスラム系アメリカ人がみなテロリストの一味だという考えを揶揄した「ブラックユーモア」だったそうだ。

「この国では、イスラム系アメリカ人はバカにされる……『テロリストと結婚すればいい、お前もテロリストなんだから』と言われ続けてきたわ」と本人。「それで考えたの、いいわ、だったら『テロリストって素敵だわ』って言う動画を作ってやろうじゃない?  ちろんジョークとしてね……でも削除されちゃった。内容を正しく理解されずにね。あんな風に勘違いされる為に作ったわけじゃなかったのに」

彼女はこうも指摘する。TikTok上にはもっと生々しい映像が撮影されたコンテンツが山のように投稿されているのに、「私が日々直面している人種差別的な意見に対抗する動画を投稿すると、削除されてしまうのよね」

概してTikTokは中国政府に批判的なコンテンツを検閲しているのか、と尋ねたところ、代表者はこれを否定し、同社が「中国への配慮からコンンテンツを削除することはない」と述べた。とはいえ、TikTokは安全性に危険があるとして、最近アメリカ政府から非難を受けた。現在、海外企業の企業買収を査定する対米外国投資委員会(CFIUS)が審議を行っている。

アジズさんのメイク講座兼抗議動画が拡散したのがきっかけで、TikTokユーザーの間では、一見無害な内容に政治的な訴えを込めることがブームになっている。彼女もデスクトップから、バスケットボールのスピンの仕方を教える動画にウイグル族の抑圧を訴えるメッセージを込めたものや、ヒジャブの被り方を伝授しつつ実はパレスチナの人権問題に触れた動画など、他のユーザーのTikTokを見ている。アカウント停止を解除されてからも、自ら引き起こした影響の大きさを目の当たりにした今、再びTikTokを使おうかどうか迷っている。

「正直なところ、私がこれ以上TikTokを続ければ、向こうはとことん私を黙らせようとしてくると思うの。だったらInstagramで話題を広めてみてもいいかな、って」と本人。「他のソーシャルメディアで何をしようと(TikTokは)口出しできないでしょう。彼らの言いなりになるつもりはないわ」

Translated by Akiko Kato

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  5. 5

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  6. 6

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  7. 7

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  8. 8

    菅首相の会見「無に等しい内容」

    大串博志

  9. 9

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。