記事

“クリスチャン”中村哲医師がモスクを建設した理由「これで解放された」


 アフガニスタンで銃撃され死亡した医師・中村哲さんの追悼集会が4日、現地ジャララバードで行われた。追悼に来た市民からは「非常に悲しい。中村さんは私たちを大切にしてくれた。たくさんの人々の助けになってくれた」「大きな悲しみだ。彼には借りがある。中村さんは今後人々の心に何百年と残るだろう」といった悲しみの声があがった。

 中村さんがNGO「ペシャワール会」の会報に寄せた最後の手記には、「最近の降雨は予測が不可能で、大丈夫と思っていた箇所が鉄砲水で決壊したり通過水量をはるかに超えたりで、その都度マメに補修しながら守る以外にないのです」と、温暖化の影響を嘆きつつ今後も工事に立ち向かう決意が綴られている。ペシャワール会は、中村さんに対する一番の供養は尽力してきた用水路建設を続けていくことだとしている。


 中村さんは用水路や井戸の建設に尽力し、事業で潤った土地は東京ドーム約3500個分にあたる約1万6000ヘクタール。約60万人が恩恵を受けたとされる。またそれだけにとどまらず、モスクやマドラサ(イスラム神学校)を建設し、「水が来た時ももちろんよろこびましたけど、モスクが建つと聞いてもっとよろこんだんですよ。『これで解放された』と言った。それまで自分たちが営んできた伝統的な生活がすべて、外国の進駐によって否定されてきたわけですよね。イスラム教徒であることが悪いことであるかのように、一種のコンプレックスが(村を)支配していた。やっぱり“地元の人が元気がでるには”というのはありましたよね」と話している。

 クリスチャンであると報道されている中村さんの宗教の垣根を超えた活動に、アーサー・ホーランド牧師は「こういう素晴らしい人がこういう形でこの世を去っていくというのはなんでだろう、こういう人こそ長生きして活動を続けていってほしかったと思う。彼の働きを見て思い出したのが“敬天愛人”という言葉で、信仰的なバックグラウンドに凝り固まらず、本質的な部分で宗教の壁を超えて世のためになる働きをしていく。

宗教によって戦争が起こっている中で、その教えが世界共通だということを身をもって表した。今教育が話題になっているが、彼のように自分が生きて体験したことを見せてくれる教育こそ世の中に必要で、僕も爪の垢を煎じて飲みたいぐらい」と讃える。


 また、中村さんが「いくら薬をつぎ込んでも飢えや渇きは治せない」と用水路事業も進めたことについて、「中村さんは“悲しむものは幸いだ その人は慰められる”とか“心の貧しい人々は幸いだ 豊かな命はその人のものだからだ”という言葉が好きで、実践していたと聞いている。彼の働きに本当に感謝しながら、そのスピリットを受け継いでいきたい」と説いた。
(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

映像:中村医師が携わり緑化した大地

あわせて読みたい

「中村哲」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    進次郎氏育休に純一郎氏が激怒か

    NEWSポストセブン

  2. 2

    安倍長期政権 支えている4つの柱

    舛添要一

  3. 3

    東出不倫壊した団欒 2億円豪邸も

    女性自身

  4. 4

    ナイキ「倫理的」な靴流行は滑稽

    渡邊 雄介

  5. 5

    国民民主議員「もう撤退すべき」

    篠原孝

  6. 6

    米作家 人口減少は日本に利ある

    文春オンライン

  7. 7

    ゲーム規制に県職員が異例の反対

    岸慶太

  8. 8

    e-Taxの確定申告 認証設計に不安

    tokyo editor

  9. 9

    林業現場をダメにする国の補助金

    清水駿貴

  10. 10

    立民と国民民主 代表質問で違い

    室橋 祐貴

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。