記事

沢尻エリカ、交際相手への揺れた思いと母を助けたい気持ち

1/2
母親への親孝行を考えていた沢尻(時事通信フォト)

沢尻は横川(右)とは“腐れ縁”と語っていた(写真は横川が所属していた会社HPより)

 MDMAを所持していたとして麻薬取締法違反の容疑で逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者(33才)。尿鑑定では“シロ”であり、起訴猶予となる可能性もあるという。

【別写真】沢尻と深い関係にある横川直樹容疑者

 そもそも、今回の逮捕は警察への情報提供から始まった。

「ドラッグのガサ入れは一発勝負です。あの日、沢尻の自宅にドラッグがなければ逮捕することができませんでした。警察としては、沢尻を逮捕することで、それに連なるドラッグルートを解明したいわけですが、沢尻の逮捕に失敗すれば、彼女の周囲も警戒してしまい、これまでの苦労が水の泡になってしまいます。つまり、捜査員は家に確実にドラッグがあることを知っていた。そう考えると、沢尻に非常に近い人物からの密告があったと考えられるのです」(全国紙社会部記者)

 現在、沢尻の周囲では“密告者捜し”も行われているという。沢尻と共同でMDMAを所持していた容疑で逮捕された元交際相手のファッションデザイナー・NAOKIこと横川直樹容疑者(38才)も疑われている。横川は沢尻逮捕の直前、渋谷のクラブ「W」に一緒にいた。

「直樹を疑う声はありますよね。直樹が『W』にエリカを呼んだといわれていますし、エリカの家にMDMAがあったことを彼は知っていたはずですから。しかも、彼の自宅にガサが入り逮捕されたのは10日後というのも不思議です。もちろん彼が密告者だという証拠はないし、彼も逮捕されているから無傷ではないわけで…」(沢尻の知人)

あわせて読みたい

「沢尻エリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  2. 2

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  3. 3

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  4. 4

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  5. 5

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  7. 7

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  8. 8

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  9. 9

    政治を動かした医学専門家の責任

    篠田 英朗

  10. 10

    感染爆発の米NY 市長が問題発言

    Rolling Stone Japan

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。