記事

僕が知っている中曽根康弘さんのこと

中曽根康弘さんが亡くなった。昭和を代表する政治家のひとりだ。受章した勲章にちなんで「大勲位」とも呼ばれた。101歳だった。

中曽根さんとの思い出は、数えきれないほどある。もっとも印象的なのは、中曽根さんが、自民党総裁選挙に出馬したときのことだ。

選挙戦が繰り広がれるなか、僕は『文藝春秋』のため、取材を開始した。中曽根さんが当選して、あらためてインタビューをしたとき、僕はまず、「風見鶏と言われています。調子のよいところがあり、信用されていないのではないのですか」と切り出した。

田中角栄と福田赳夫が争っていた、いわゆる「角福戦争」のときのことだ。中曽根さんは、はじめ福田側だったのが、途中から田中側についたため、「風見鶏」と揶揄されたのだ。

すると中曽根さんは怒りもせず、「風見鶏だからいいんじゃないか。風を見ることができなければ、政治家なんて危なくてしかたない」と答えたのだ。中曽根さんのおもしろいところだった。

「専守防衛」という言葉を使い始めたのも、中曽根さんだ。彼が防衛庁長官だった頃だ。あるとき、僕は、首相になった中曽根さんに、「専守防衛なんてインチキだ」と言った。

太平洋戦争で、日本は「本土決戦」を国民に強いて、結局沖縄ではアメリカとの悲惨な地上戦となってしまった。だから僕は、「専守防衛とは結局、本土決戦になることで、日本人がたくさん死ぬのではないか」と問うたのだ。すると中曽根さんは、「専守防衛とは、戦争をしないことだ。日本はアメリカの抑止力のもとで、戦争をしない国になる」と言い切った。

そして、「アメリカとの濃密な関係を築かねばならない」とも言っていた。この言葉どおり中曽根さんは、当時のレーガン米大統領と、「ロン」「ヤス」と呼び合う、親密なつながりを築いた。

中曽根さんは、海軍軍人として出征し、多くの戦友を失っている。戦争を体験し、戦争の恐ろしさを知る者として、日本は二度と戦争をしてはいけない、「戦争をしない国」に、しなければならないと誓っていた。

また、戦争を知る政治家がひとり世を去ってしまった。ご冥福をお祈りいたします。

あわせて読みたい

「中曽根康弘」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  2. 2

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  3. 3

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  4. 4

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  5. 5

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  6. 6

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  7. 7

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  8. 8

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  9. 9

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。