記事

「福島はおいしい」を伝える――福島県川内村・Kokage Kitchenの挑戦 福島大学4年・大島草太氏インタビュー - 服部美咲

1/2

東京電力福島第一原子力発電所の事故の後、福島県双葉郡川内村は、避難指示が出た地域をはじめ、一時は全村が避難した。2016年6月には避難指示区域がなくなり、2019年には原発事故前の8割以上にまで人口が回復した。さらに、村を挙げての移住支援も功を奏し、フラワーショップやブーランジェリーなど、若者が活躍する新たな事業も次々にはじまっている。

2019年3月、川内村のそば粉を使ったワッフルを移動販売するKokage Kitchenがオープンした。店主は福島大学4年の大島草太さんだ。大島さんは「川内村の魅力を伝えて、川内村の人たちをもっと笑顔にしたい」と語る。

大島さんは、さらに多くの人々に広く川内村の魅力を伝えるために、2019年12月26日まで、クラウドファンディングにも挑戦している。

・福島県川内村の魅力をのせて旅するワッフル屋さん、キッチンカーをつくるの巻!
 https://camp-fire.jp/projects/view/211180



――福島にいらっしゃる前(高校時代)、福島についてどのような印象をお持ちでしたか。

福島には、小さい頃にキャンプなどで訪れていたので、自然が豊かなイメージを持っていました。震災と原発事故があってからは、「放射能汚染がどこまできているかわからない」という漠然とした不安を感じていました。

大学進学と同時に福島へ行くことが決まった後は、そういった原発事故後に感じた不安があったので、公的なデータやインターネットなどで、福島の現状について調べました。もし自分自身が住むことにならなったら、福島にこれほど関心を持つこともなかったと思います。

――川内村で見たものや景色で、心に残っているものはありますか。

新緑の濃さや秋の鮮やかな紅葉など、印象的な風景はたくさんあります。なかでも心に残っているのは、星空です。大学のある福島市では、同じ県内でも、あれほどたくさんの星は見られません。車があまり通らないのをいいことに、当時「むらの大学」(福島大学の地域実践型学習プログラム)で同じグループだった仲間と、道路に寝転んで、しばらく流れ星を数えたこともあります。

――川内村で出会った方とのエピソードをお聞かせください。

大学一年の時に、「むらの大学」で川内村を訪れ、関孝男さんと出会いました。関さんは、震災と原発事故後、川内村に移住され、「いわなの郷」(イワナの養殖・釣り堀施設)でお仕事をなさっている方です。その後、村の中にいて空き時間ができたとき、特に用事がなくても、ふらっといわなの郷へ遊びに行き、関さんと話すのが楽しみになりました。

Kokage Kitchenを立ち上げる際、私が真っ先に相談した人も、関さんでした。A4用紙1枚の、粗くて、今思えば詰めの甘い事業計画書を突然持ってきたにもかかわらず、関さんは私の話を真剣に聞いて下さいました。

関さんご自身も、様々な挑戦をし、おそらくたくさんのご苦労をなさっているためでしょうか、関さんのアドバイスからは、いつも、前向きでありながら同時に慎重さも感じています。「面白そう」と思えば「すぐやろう」と行動に移してしまいがちな私にとって、冷静な視点を持つ関さんの意見は貴重なものです。だから、特に用事がなくても、関さんのところに行って話を聞いてもらおうと思うのかもしれません。

――川内村に、国内外のほかの田舎とは異なる特色はありますか?

川内村には、外の人を迎え入れて、一緒に面白いことをやっていこうという、前向きな雰囲気があります。私は、震災と原発事故があってから川内村に関わりはじめました。そのため、川内村の前向きな雰囲気が、元々のものなのか、震災と原発事故の後、移住者が増えていく中で生まれたものなのか、わかりません。

いずれにしても、この雰囲気は、多くの人が感じていると思います。年に一度開かれる「かわうちの郷かえるマラソン」は、日本で一番温かいマラソンといわれています。川内村は、一度訪れた人がまた帰ってきたくなるような村です。

――田村市や川内村でお仕事や生活をする上で、苦労していることはありますか?

まだ川内村で仕事を始めてから日が浅いので、現時点ではまだあまり苦労は感じていません。車の運転が好きなので、市外村外への用事も苦ではありません。食べものも買いにいけます。むしろ、郡山市や仙台市などのちょっとした都会へ行くときにはウキウキして、帰りは田舎でゆっくりできると思えるので、往復が楽しいです。強いていえば、11月でもものすごく寒いので、初めての冬の寒さが心配です。カナダの-20℃の土地で生活していたこともありますが、やはり寒さには慣れません。

――田村市や川内村でお仕事や生活をすることの意味をどうとらえておられますか。

住みたい場所や共に過ごしたい人々、やりたいことや楽しいと思えること、そういったことと生業はちゃんと両立できるんだ、ということを、身をもって体現したいと思っています。人生はもっと楽しいし、仕事ももっと楽しい。田舎にいても、こんなに楽しく生きられるんだ、ということを、自分自身の生活で証明して、たくさんの若い人たちに知ってもらいたいです。



――海外で福島のマイナスイメージに触れられたと伺いました。

「あんな場所、人が住むところではない」などといわれ、福島に住んでいる私が汚いものであるかのような対応をされたことがあります。あくまでこれは個人的な体験ですし、ごく少ない例です。でも、そういう体験が重なるうち、次第に「I’m from Fukushima」と堂々と言えなくなってしまいました。

海外では、外国語で会話をすることや、慣れない土地で生きることに精一杯だったので、福島に住んでいる自分に誇りを持てないままに過ごしていることを気にする余裕はありませんでした。でも、日本に帰ってから、なんだかもやもやした気持ち悪さが残ってしまいました。そういった体験もあって、福島をもっと誇れるようにするために何かできないかと思うようになりました。

あわせて読みたい

「福島」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  2. 2

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  3. 3

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  5. 5

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  6. 6

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  7. 7

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

  8. 8

    揺れる電通 社訓・鬼十則刷新か

    文春オンライン

  9. 9

    追えないだけ?電車内の集団感染

    諌山裕

  10. 10

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。