記事

安倍首相は中村医師の死に今からでも首相声明を出すべきだ

 中村医師の突然の銃撃死の報に接し、心底、衝撃を受けた。

 今の日本でこの人ほど立派な人はいないと思うぐらい立派な人だった。

 憲法9条の精神をもっともよく体現した人だった。

 さすがの安倍首相も記者に聞かれてこう答えている。

 「中村さんは命がけでさまざまな業績を上げ、アフガンの人々から大変な感謝を受けていた。このような形でお亡くなりになり、本当にショックだ」と(4日、首相官邸で記者団の質問に答えて)

 いつもはウソばかりつく安倍首相だが、この言葉にいつわりはないだろう。

 ならば安倍首相は今からでも遅くない。

 中村医師の銃撃死について首相声明もしくは首相談話を世界に向けて発表すべきだ。

 中村医師の功績を世界に伝えるとともに、中村医師を銃撃した者たちを、日本は国を挙げて許さないと怒りをぶつけるのだ。

 そして、願わくば、いますぐ閣議を開いて中村医師への国民栄誉賞の授与を首相の決断で決めるべきだ。

 反対する国民はいないだろう。

 確かに憲法9条の化身であるような中村医師は、憲法9条を否定する安倍首相とは対極的だ。

 しかし中村医師は決して政治的ではなかった。

 野党のように安倍首相を批判することはなかった。

 だから、安倍首相は中村医師の業績を素直に称えられるはずだ。

 繰り返していう。

 いまからでも遅くない。

 たとえ野党から政治的パフォーマンスと批判されても、いまこそ安倍首相は首相声明を出して中村医師を称え、その中村医師を理不尽な死に追いやった銃撃犯を日本人の敵だと厳しく糾弾すべきだ。

 そして願わくば中村医師に国民栄誉賞を授与すべきだ。

 それが非業の死を遂げた中村医師へのせめてものい弔いであると思う。
                        合掌

あわせて読みたい

「中村哲」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新幹線でのパソコン作業に唖然

    常見陽平

  2. 2

    中国の年金使い込み 大変な事態

    団藤保晴

  3. 3

    「解雇できない」嘆く企業に疑問

    紙屋高雪

  4. 4

    理不尽に米国大使を批判する韓国

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    ゴーン氏10時間取材が出版中止に

    郷原信郎

  6. 6

    れいわが野党共闘を変える可能性

    田中龍作

  7. 7

    ワタミ ホワイト企業表彰で喜び

    わたなべ美樹

  8. 8

    大トロ 1貫2500円でも儲からない

    fujipon

  9. 9

    ヘンリー夫妻独立に国民激怒の訳

    SmartFLASH

  10. 10

    差別ゼロ 理想掲げる東大の矛盾

    御田寺圭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。