記事

ポスト露出社会

リンク先を見る


先日、MG的には、ツイッターの<共同体的利用>と、<知本市場的利用>を分けて考えていると書きました(ココ)。私の肌感覚的には、フォロワーが1000人を超えたら、知本市場に参入、10000人を超えてしまったらガチ知本市場参入です。

売れない芸能人なんてもんを想像して下さい、フォロワー数10000人もいかない人もいるでしょうし、同じ舞台(プラットフォーム)に、芸能人と素人が、乗っかってしまった瞬間、誰が、アマでプロなのか、など、フォロワーの人々はたいして気にしていないかもしれません。



暇つぶし娯楽の中心が、映画から、TVへの移行期に、映画俳優の特権が徐々に、薄れて、ドラマの俳優がお茶の間に親しみやすいスター性を獲得したように、ツイッターで<知本市場>に参入した人々が、T Vのスターよりも、より身近な存在としてスター性を獲得するようになる、移行期に今はあたるのかもしれません。昨今、ツイッターのフォロワー数が多い人は、TV出演など、いろいろ声がかかってきます。これも、TVとツイッターのようなインターネットメディアの融合が急速に進んでいる証左でしょう。売れっ子のドラマ俳優が、映画にも出演するように、ツイッター有名人が、TVにも出演したり、今後も融合はどんどん進んでいくでしょう。



とはいえ、私個人的にはこの流れより、ツイッターの<共同体的利用>に興味をもち、いろいろ物々交換ネットワークをはり巡らしたり、1年間だけシェアハウスをつくってみたり、100人限定のサロンのようなものを現在主催したりなど、<リアル性>というものを重要視してきました。つまり、1人1人に直接会ってきたんです。



したがって、<知本市場的利用>も念頭に置きつつも、水面下で、ツイッターを<共同体的利用>として使ってきたのが、私のこの2年間のように感じます。そしてこの領域は大変可能性があることがわかりましたし、実践の過程をいろいろこのブログにも書いてきたと思います。



ここで私が大事だと考えているのは、このような実践はぶっちゃけると、ツイッターがなくてもできました。がんばれはできたんです。でも、ツイッターがない時代には手間ひまがかかって、すごくやりにくかった。時間もかかった。が、ツイッターなどの手軽な人間ネットワーク化メディアの出現で、より早くそれが実現できるようになったんです。ただ、大切なのは、ツイッターがなくてもできたということだと思います。



私は冒頭で、ツイッターのフォロワー数が1000人を超えたら<知本市場>参入になると述べましたが、これはその可能性の高さを、数値でたとえてみただけです。実際は、ネットになにかを書く行為というのは、たった1人の読者しかいなくても、それは<知本市場>に参入して、<個人上場>してしまう可能性があります。たとえば未成年が本人の情報をオープンにしている環境で「飲酒なう!」などとつぶやいてしまった瞬間、パパラッチがその時を今か今かと待ち構えて、集団で<晒し>や<攻撃>にやってきたりします。パパラッチは芸能レポーターだけではないのです、私もあなたもパパラッチなのです。ざんねーーーん!!!



このような例は極端ですが、ネットに自らの情報をある程度公開している状況で、なにかを書いてる瞬間に、だれもが、パパラッチされる<芸能人化>していることだけは念頭においておくことが必要であるのだなぁと最近は切実に考えるようになりました。



このような、リスクがある中、あえて実名SNSをやらない。つまり、私が2010年から出現してきた実名に紐づく情報発信の加速状況を表現した言葉、<露出社会>にデビューしない、<露出社会>から雲隠れするというのも、その1つの防御方法かもしれません。



とはいえ、SNSなどは<共同体的>利用には非常に使える面があるので、いったん、<露出社会>を経験して、心が通じ合える人々と知り合ったのだから、<ポスト露出社会>へ移行して、リアルで密談する、語り合う、内容を記録に残さないという、スタイルもありだなぁと考える今日この頃です。



大宅壮一さんは、TVというメディアを評して「一億総白雉化」と表現しました。個人メディアを有す時代、「一億総賢者化」というような表現を大宅さんは、ご存命であれば、するでしょうか?

TVから、SNSに情報発信の場が移行しようが、いつまでも、人の人生をのぞきたいと思う心は消えず、のぞきみ人生が中心となってしまい、自らの情報発信を中心とするような、メディアの利用は進んでいかないのかもしれません。「芸能人の人生をのぞいて、パパラッチする」は、TV時代の、代物ではなく、人類に固有のなにかなのかもしれませんね。そこに、常識や世間がある限り、TVだろうが、SNSだろうが、パパラッチは続くの巻き〜。



< style="font-style:italic;">パパラッチに気をつけろ!

< style="font-style:italic;">そういう、自分も、たまに、パパラッチ。

< style="font-style:italic;">あらまぁ、パパラッチする自分、オバカさん!

< style="font-style:italic;">のぞき小屋からたまには出よう!

あわせて読みたい

「ソーシャルメディア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo批判派に「楽なポジション」

    やまもといちろう

  2. 2

    やる気ない安倍政権に怒る尾身氏

    メディアゴン

  3. 3

    東京コロナ警戒レベル「最大」に

    ロイター

  4. 4

    尾身氏「緊急宣言のときと違う」

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    中国の弾圧を見逃す感覚は捨てよ

    倉本圭造

  6. 6

    合宿所でSEX 韓国アイドルの暴露

    文春オンライン

  7. 7

    GoToの旅行に税金使われる違和感

    中川 淳一郎

  8. 8

    まるで恫喝 島根県警の不当捜査

    郷原信郎

  9. 9

    白人側言い分 差別問題の難しさ

    fujipon

  10. 10

    浅田真央 彼氏がいた過去を告白

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。