記事

中村さんを殺害したのは何者か?タリバン否定、IS犯行説も - 佐々木伸 (星槎大学大学院教授)

[画像をブログで見る]

アフガニスタンで4日、同国の農業支援などに長年取り組んできた福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表、中村哲医師(73)が銃撃されて死亡するテロ事件が起きた。何者の犯行なのか。同国の反政府武装組織タリバンは事件への関与を否定する声明を発表した。一部では、過激派組織「イスラム国」(IS)の分派「ホラサン州」の犯行との見方が出ている。

パキスタンから来た「ホラサン州」

中村さんが襲撃を受けたのは、パキスタンとの国境に近い東部ナンガルハル州の州都ジャララバード。中村さんのボディーガードや運転手ら5人も一緒に殺害された。中村さんは同日朝、車で宿舎を出発、約25キロ離れた灌漑作業の現場に向かう途中に襲われたという。

襲撃した男たちは車で近づき、中村さんの車に乱射し、逃走した。中村さんは右胸に被弾、ジャララバードの病院に運ばれて手術を受けた。関係者によると、より高度の治療を受けるため、首都カブール近郊のバグラム米軍基地に移送されている間に死亡した。

襲撃犯の正体は不明で、犯行声明などは出されていない。同国でテロを繰り返してきたタリバンはいち早く事件への関与を否定する声明を発表。「NGOとの関係は良好であり、攻撃はしない」と言明した。タリバンは米国との和平交渉を再開したばかりで、先月末、アフガニスタンを突然訪問したトランプ米大統領は「タリバンは和平合意を切望している」と述べていた。

このため、こうした時期にタリバンが国際的な非難を浴びる、NGOの外国人関係者を狙ったテロを起こすというのは考えにくい、というのが専門家の一致した見方だ。となれば、最も可能性ある組織として浮上してくるのはISの分派「ホラサン州」だ。

同組織は2015年、過激派組織「パキスタン・タリバン」から離脱した戦闘員らによって結成された。彼らはISの指導者で、10月に米特殊部隊によって殺害されたアブバクル・バグダディを信奉するイスラム原理主義者たちだった。イラクとシリアのIS本家が米主導の有志連合軍の攻撃で弱体化し始めるのとは逆に、ナンガルハル州を拠点に勢力を拡大。IS本家から資金援助を受け、最盛期には約6000人の戦闘員を有していた。

壊滅の危機、焦りのテロか

アナリストらによると、「ホラサン州」の目標はアブガニスタンや西南アジアに拠点を築き、「イスラム国」に続いて「第二のイスラム原理主義国家」を樹立することだったといわれる。シーア派教徒や異教徒を憎悪するところはIS本家と変わらないが、同じスンニ派のタリバンとも敵対し、戦闘を繰り返した。一時はナンガルハル州からタリバンを駆逐する勢いがあった。

同組織は2018年、カブールだけで20件を超えるテロを実行、同年の攻撃で死傷した民間人は約2200人にも上っている。「ホラサン州」は今年の夏もカブールの結婚式場で自爆テロを起こし、63人を殺害した。イラクやシリアで生き残ったISの戦闘員の一部がアフガニスタンに流入しているとの情報もあった。

しかし、米紙が米軍当局者の話として報じるところによると、同組織はこの数カ月の米軍特殊部隊とアフガン治安部隊による掃討作戦強化に加え、タリバンとの戦闘で急速に弱体化。今年初めの段階で3000人だった勢力は現在、約300人にまで減少し、組織壊滅の瀬戸際に直面しているという。地元メディアによると、11月だけでIS戦闘員とその家族ら1000人以上が政府に投降したとも伝えられている。

ガニ大統領は先月、こうした成果を受けて早くも「ホラサン州」の壊滅宣言をした。専門家の1人はバグダディの死亡が組織を動揺させ、戦闘員の投降を加速させていると分析している。しかし、イラクやシリアの実態を見ても、ISは簡単には消滅しない。テロの実行グループが依然残っているのは間違いなく、組織壊滅の危機に焦ったこうした一派が、外国人として著名な中村さんを襲撃した可能性は否定できないだろう。

IS勢力の弱体化が事実だとしても、アフガニスタンの治安悪化に歯止めがかかる見通しは全くない。国連機関によると、2018年の民間人の死者は、統計を取り始めた2009年以降最悪の3800人以上に上っている。今年9月に行われた大統領選挙の結果が今になっても発表されていないことが治安状態の悪さを浮き彫りにしている。

感謝祭に合わせてアフガニスタンの米軍部隊を慰問したトランプ大統領は、現在1万3000人規模の駐留軍を約8600人にまで削減する方針をあらためて確認した。だが、米軍の撤退が進めば、治安の悪化もひどくなるとの見方は強く、政情が安定する見通しは暗い。 

あわせて読みたい

「中村哲」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    街宣右翼に山本太郎氏「おいで」

    田中龍作

  2. 2

    年金生活者に支援給付金の新制度

    Hirotaka Kanno

  3. 3

    日本は最も成功した社会主義国

    自由人

  4. 4

    韓国が安倍政権を叩き始めたワケ

    NEWSポストセブン

  5. 5

    昇進に影響? 忘年会スルーへ警鐘

    かさこ

  6. 6

    シン・ウルトラマンに見るヲタ魂

    krmmk3

  7. 7

    野口健 グレタさんを非難し賛否

    女性自身

  8. 8

    よしのり氏 枝野氏は認識が甘い

    小林よしのり

  9. 9

    サンド M-1でアマに負けた悔しさ

    幻冬舎plus

  10. 10

    心もとない進次郎氏のCOP25演説

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。