記事

【参院本会議】「業務量削減と人員増こそ必要」横沢議員が給特法改正案反対討論


 参院本会議で4日、「給特法改正案」(公立の義務教育諸学校等の教育職員の給与等に関する特別措置法の一部を改正する法律案)の討論・採決が行われ、国民民主党を含む共同会派を代表した横沢高徳議員が、教職員の働き方を改善する目的に矛盾する法案内容であることを指摘しながら反対討論を行った。

 教育現場で働く多くの声を聴き取りしてきた横沢議員は、「朝4時から持ち帰り仕事をしている」「勤務時間内で休憩する時間が取れる状況にない」「月100時間を超える残業をしているにもかかわらず残業代がつかない」などの時間外勤務をめぐる深刻な実態を報告。時間外勤務の上限の目安を「月45時間、年360時間」としている点について、「この上限を遵守できている学校は、数えるほどしかないだろう」と指摘。持ち帰り仕事の状況や業務量を把握し、業務量そのものを削減することが必要だと説いた。

 1年間の変形労働時間制に関しては、文部科学省が導入の目的を「休日のまとめ取りによる教職の魅力向上」を図ると説明しているが、民間では職場の労働者の過半数代表による労使協定が必要となるのに対して、今回の改正案では、現場の同意なしに条例で導入できるとしている。変形期間が1年と長期であるため、現場の教員や過労死遺族などを中心に民間と同様に書面による労使協定を求める声や制度導入に反対する署名活動が展開され懸念が広がっていることなど、問題を厳しく指摘した。

 このように教員の労働環境が厳しいにもかかわらず、文部科学大臣が3年後に実施予定の教員勤務実態調査の結果などを踏まえて給特法の見直しを含む検討を行うなどと答弁したことから、真に「教職の魅力向上」を進めるためには、教職調整額の見直しなどの処遇改善や定数改善を求める現場の声に耳を傾けるべきと指摘、「3年も待たずに、今すぐこの矛盾に満ちた給特法の抜本的な見直しに着手すべき」と提案し、反対討論を終えた。

あわせて読みたい

「教員」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「政治家は明言を避け、決めるのは専門家」日本の政治はナチス化している

    PRESIDENT Online

    04月13日 16:13

  2. 2

    米ニューヨークタイムズの東京五輪中止論は「もっともな意見」

    志村建世

    04月13日 17:31

  3. 3

    千代田区の名門公立中学校で通知表に「1」を連発した新校長の主張

    NEWSポストセブン

    04月13日 09:29

  4. 4

    世界のメディアが呆れる海洋投棄の決定

    田中龍作

    04月13日 20:46

  5. 5

    海洋放出も地層処分も強行するな

    畠山和也

    04月13日 08:42

  6. 6

    「いじられるのが上手い人しか生き残れない」は昔の話? ケンコバが感じた「第七世代」への“違和感”と“現実” 『お笑い世代論 ドリフから霜降り明星まで』より #2 - ラリー遠田

    文春オンライン

    04月13日 10:05

  7. 7

    社長に“タメ口”を使うモンスター新人「注意しただけで1か月も欠勤。しまいには親が怒鳴り込んできました」

    キャリコネニュース

    04月13日 18:08

  8. 8

    なぜ市町村に、具体的なワクチン配布の日程を伝えられないのか

    大串博志

    04月13日 08:50

  9. 9

    学者も生産者も軒並み反対 「海洋放出以外の選択肢ある」

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    04月13日 08:45

  10. 10

    カンニング竹山の小池都政批判発言ミスはテレビの「YouTube化」が招いたか

    渡邉裕二

    04月13日 11:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。