記事

米与野党、上院でトランプ氏の弾劾裁判実施なら進め方で対立も


[ワシントン 3日 ロイター] - 米共和党のマコネル上院院内総務は3日、上院でトランプ大統領の弾劾裁判が行われることになった場合、裁判の進め方を巡り与野党が対立する可能性があることに言及した。ロバーツ最高裁長官は裁判のルール決定に干渉すべきでないとの考えも示唆した。

憲法の規定では、大統領の弾劾裁判は最高裁長官が主宰する。

マコネル氏は記者団に対し「ロバーツ長官は受動的な役割を果たすだろう」と述べ、クリントン元大統領の弾劾裁判で当時のレンキスト最高裁長官もそうだったと指摘した。レンキスト氏は裁判の進め方を決める上で上院議員に裁量を与えたとされる。

マコネル氏は、裁判の期間や証人の扱い、上院議員に質問の権利が与えられるかなどを左右する一連のルールをどのように策定するか記者団から問われ、現時点ではまだ分からないと答えた。

その上で、自身と民主党のシューマー上院院内総務が超党派の合意をまとめるか、上院の単純過半数に当たる51人の議員が同意するルールをまとめる、といった選択肢があるとした。

いずれの選択肢も失敗した場合、下院民主党が弾劾の根拠を示した後にトランプ氏の弁護士が反証するという、誰もが同意できる基本的な形で裁判を始め、その後のステップについては議場で争うという道があると述べた。

ロバーツ長官が容認するなら、さまざまな提案を採決にかけて、どの案に支持が集まるか見極める選択肢があるとし、単純過半数で弾劾訴追を無効とする提案を採決にかけることもあり得ると述べた。

定数100の上院で共和党は53議席を握る。民主党は協調することの多い無所属議員を含め47議席を持つ。

民主党のシューマー院内総務は記者団に対し、与野党が合意し、短期間で済ませない「完全」かつ「開かれた」裁判が行われることを望むと語った。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  5. 5

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  6. 6

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  7. 7

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  8. 8

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

  10. 10

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。