記事

過去10年は史上最も暑い期間に、世界気象機関が報告


[マドリード 3日 ロイター] - 世界気象機関(WMO)は年次調査報告を発表し、過去10年間は史上最も暑い期間になるとの見通しを示した。

報告は、マドリードで開かれている第25回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP25)に合わせて発表され、WMOのターラス事務局長は「『1世紀に一度』だった熱波や洪水が、より定期的に発生するようになっている」との声明を発表した。

事務局長は「ハバナ、日本、モザンビークと広範囲な国で、壊滅的な台風やサイクロンの被害が発生し、北極やオーストラリアでは森林火災が発生した」と指摘した。

報告に記載された内容としては以下のような項目が挙げられた。

・2015─19年、および10─19年の平均気温は、ほぼ確実に史上最高となる見込み。

・2019年の気温は過去2番目または3番目に高くなる見通し。

・海水の酸性度が産業革命当時から26%上昇し、海洋生態系の状態が悪化。

・北極の海氷が9月と10月に史上最小に近くなり、南極でも今年に入り氷が複数回にわたって最小となった。

・気候変動は最近の世界的な飢餓増加の原因となっている。

・気候災害のため今年に入り数百万人が自宅を失い、インドからロシア北部にいたる地域と米国中部など多数の地域で、降雨形態に影響を及ぼしている。

このほか、海中の生態系を壊滅させる「海洋熱波」の発生も、より多く見られるようになったと報告は述べている。

さらに、2018年に過去最高となった大気中の二酸化炭素濃度は、今年も上昇を続けているという。

あわせて読みたい

「気候変動」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  2. 2

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  3. 3

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  4. 4

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  5. 5

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  6. 6

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  7. 7

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  8. 8

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。