記事

結婚式も子育ても親丸抱え「親リッチ」の人生観

1/2

収入は世間並みだが、都内に戸建てを買ったり、高級外車を頻繁に買い替えたりする若い世代がいる。彼らは何者なのか。野村総合研究所の宮本弘之氏は「親や祖父が1億円以上持つ人20代~50代を『親リッチ』と名付けた。彼らは235万人に上り、裕福な親たちから支援を受けながら生活を楽しむ『隠れた消費の主役』になっている」——。

※本稿は、宮本弘之『親リッチ』(日本経済新聞出版社)から一部を抜粋、再編集したものです。

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/vgajic

■親の財布で身の丈以上の生活をする「親リッチ」

都内に住む30歳の専業主婦大野果林さん(仮名)は、公益団体に勤める夫と結婚し、2人の子どもを育てています。夫の収入は安定しているものの、世間水準と比べてさほど高くもなく、ごく普通の生活をしているように見えるのですが、23区内に一戸建ての自宅を持ち休みの度に家族で海外旅行に出かけています。

車も、BMWやアウディを毎年のように買い替えています。実は、果林さんは、精密部品の会社を経営する両親の下で生まれ育ち、結婚式の費用も、マイホームや自家用車の購入費用も、ほぼすべて親に出してもらいました。果林さんの自宅は、実家のすぐ近く。車で5分ほどなので日常的に親元に顔を出しています。

果林さんは、親との関係について次のように話しています。「子どもが生まれてからも、誕生日や入学の度にお祝いをもらい、子どもを連れて両親と旅行や食事に行く時もすべて親が払ってくれます。正確に計算したわけではありませんが、家計費の3割くらいは親に出してもらっていることになります」

「父の経営する会社では、跡を継ぐ予定の兄が働いています。父は兄を幼い頃から厳しくしつけてきました。それに比べて娘の私は甘やかされて育てられたような気がします。やっぱり、父親にとって娘は目に入れても痛くないほど、可愛(かわい)い存在なのでしょう」

■活発な消費、金額も用途も並はずれ

経済の低迷が長引き、平成に生まれた若者が派手な消費やレジャーから距離を置くようになったと言われて久しいのですが、世の中には普通の若者とは異質の生活や消費をする若者がいます。果林さんはその典型例です。

果林さんの消費を支えているのは、裕福な親からの金銭的な支援です。果林さん夫婦自体は、30代前半のどこにでもいる普通の夫婦と同じような収入や資産額の水準でしょう。しかし、果林さんには「親の財布」があります。これを使って、23区内のマイホームも自家用車も手に入れ、自身の収入や資産保有額の範囲ではできないような生活を謳歌しています。

では、親リッチがどんな生活や消費をしているのかを見てみましょう。生活や消費に関する親リッチの声を聞くと、果林さんに限らず彼らの消費は概して活発で、普通の人たちとは使う金額も用途も違っています。生活スタイルについても、「自宅のそばにセカンドハウスを買う」、「自分の子どもを自分の両親の養子にする」といった行動は、普通の人たちは考えないでしょう。

■初めて現れたデジタル消費の担い手

インターネットやデジタル機器の利用という点で、親リッチは一般の人に先行しています。この点について親リッチと一般の人のデジタル度を比較した調査結果を見てみましょう。

親リッチのインターネットショッピング利用率

インターネットショッピング利用率は、親リッチな男性が57%、一般の男性が41%、親リッチな女性が58%、一般の女性が43%であり、親リッチが盛んにインターネットショッピングをしていることがわかります。

インターネットショッピングというデジタルな消費行動に関して、彼らは時代の先を行く消費者です。親リッチの消費の先進性という点については、消費先進度で確認できます。

親リッチの消費先進度

「人より先に新しい商品やサービスを利用したり、新しいお店に行くほうである」とする割合(以下、イノベーター比率)は、親リッチな男性が14%に対して一般の男性が8%です。

女性の場合、イノベーター比率では親リッチと一般の女性の差がありませんが、「少し様子をみてから、新しい商品やサービスを利用したり、新しいお店に行くほうである」とするアーリーアダプター比率は、親リッチな女性が47%で一般の女性(40%)よりも高くなっています。総じて見ると、親リッチの消費先進度は高いと言えます。

■リッチでデジタルな消費のイノベーター

この点に関して、裕福な親や祖父母世代を得意にする、ある百貨店の外商は次のように述べています。

「20代から30代の次世代はとても手強いです。外商を当てにはしていません。関心のあることは徹底的にネットで調べて学びます。40代、50代だったら、店頭に来てお店の人の話を聞きますが、今の20代から30代は小さい頃からネットで調べられる環境で育っているので、外商に相談する必要がありません」

親リッチは「デジタルな消費のイノベーター」であると言えます。このことは、同世代との比較だけでなく、親世代との比較においても重要な視点です。親リッチの父親や祖父は、企業経営者や医師などの忙しい仕事に就いているため、インターネットショッピングやネットオークションに割く時間は少ないでしょう。

また、高齢の女性は一般に、デジタル機器の利用が少なく、親リッチの母親や祖母もアナログな世代に属します。そう考えると、親リッチというのは、消費市場に初めて現れた「リッチでデジタルな消費のイノベーター」と言えます。

■自分では買えない高級品を父親のカードで

西山旬さん(仮名)の父親は、代々続く雑貨店を旬さんの祖父から引き継いで以降、一代で九州の財閥と言われる企業グループを作り上げた、地元では知らない人がいない、やり手の経営者です。建設業、ガソリンスタンド、スーパーマーケット、ラブホテル、レストラン、コンビニエンスストアと、時流に乗ったビジネスに次々と進出して事業領域を広げてきました。近年では介護事業にも乗り出して成功を収めています。

旬さん自身は、父親の事業を継ぐことを2人の弟に任せ、学生時代は芸術家を目指し、3年間、ロンドンに留学しました。そしてその夢を諦めた後は、父親のコネで入ったデザイン関係の会社で働いています。自宅は両親の家まで車で10分程。結婚して子どもにも恵まれています。

父親のお金の使い方は豪快です。ブランド物でも高級ワインでも、自分が気に入ったら何でもすぐに買います。旬さんや弟たちは、父親の“ブラックカード”で洋服を買ってもらいます。旬さんは父親との買い物について次のように話しています。

「父親と一緒の買い物に財布は要りません。自分では買えない20万円くらいの服を買ってもらうことが多いです。正直に言って、自分も弟たちも実家にべったりだと思います。私の子どもが両親になついているので、頻繁に実家に顔を出します。いろんな意味で実家を頼っていると思います。顔も出さずにお金だけ出してもらうわけにはいかないですから」

親リッチはその定義通り、親が裕福なため、一般の人では考えられないような支援を親から受けています。旬さんのように、実家の近くに住み親と頻繁に行動を共にする親リッチは、親からの金銭的な支援を受ける機会が多くなります。

あわせて読みたい

「富裕層」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    武漢閉鎖 中国の感染対策に懸念

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    減るべくして減った日本人の賃金

    城繁幸

  3. 3

    e-Taxの確定申告 認証設計に不安

    tokyo editor

  4. 4

    1億5000万円の衝撃 河井議員疑惑

    大串博志

  5. 5

    東大卒は経済的勝者になれない?

    内藤忍

  6. 6

    進次郎氏育休に純一郎氏が激怒か

    NEWSポストセブン

  7. 7

    眞子さまが詠んだ小室氏への思い

    NEWSポストセブン

  8. 8

    ブレグジットで英BBCが危機状態

    小林恭子

  9. 9

    米作家 人口減少は日本に利ある

    文春オンライン

  10. 10

    東出不倫壊した団欒 2億円豪邸も

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。