記事

なぜ女性たちは「ブラで谷間作り」をやめたのか

1/2

いま女性誌の表紙を飾るのは筋肉質な「ハンサム胸」。10年ほど前まで理想とされていた「ふっくら美乳」はトレンドから外れてしまった。なにが変わったのか。甲南女子大学教授の米澤泉さんは「セクシー&ガーリーな下着で人気だった『ピーチ・ジョン』も不振だ。女性たちは他者の視線よりも自分の心地よさを追求するようになっている」という——。

※本稿は、米澤泉『筋肉女子 なぜ私たちは筋トレに魅せられるのか』(秀和システム)の一部を再編集したものです。

美乳が意味するもの——オンナのカラダからハンサムなカラダへ

女性たちはいつからヘルシーでサステナブルな美を求めるようになったのだろうか。美容整形などの「禁じ手」だけではなく、自らの努力によって、主体的に健康的な美しさを手に入れるようになったのだろうか。ここでは、今やすっかり定着しつつある美乳(美しい乳房)に焦点を当て、女性たちの身体観の変化と健康的な美を手に入れるまでの変遷を見ていこう。

取り上げるのは、美乳ブームを牽引する雑誌『an・an』である。巨乳という言葉は80年代後半から90年代にかけて、グラビア雑誌などの男性向けメディアを中心に一般化したが、美乳という言葉は2010年代に入って『an・an』などの女性向けメディアによって広まった。

今や『an・an』では美しい乳房、美乳特集が欠かせないものとなっている。「うっとり美乳」「おしゃれ美乳」「ハンサム美乳」今年の美乳はどんな美乳なのか。毎年秋に特集される今どきの美乳から目が離せない。

それにしてもなぜ、美乳が注目されるようになったのだろうか。それはどんな乳房なのだろうか。『an・an』で美乳特集が始まったのは2009年のことである。2009年当初は男性の編集長だったこともあり、「ふっくら&まるくてカワイイを手に入れる! 美乳&美尻」「イケメン76人の本音大調査巨乳より美乳?」(2009年10月14日号・表紙ほしのあき)というように、どちらかと言えば男性目線の美乳が提案されていた。

男性目線の美乳から完全に女性目線へとシフト

しかし、年を経るごとに、「おもわず触りたくなる、美乳・美尻のつくりかた オンナノカラダ」(2011年5月11日号・表紙小嶋陽菜)「美乳は、大きさではなく高さでした!」(2012年10月31日号・表紙仲里依紗)という具合に、身体はますますマニアックにパーツ化されるようになっていく。


『an・an』(2017年9月20日号・表紙:田中みな実)

完全に女性目線へとシフトしたのは、女性編集長に代わった2014年からだ。「誰でも美乳になる! うっとり美乳の作り方。」(2014年9月17日号・表紙小嶋陽菜)。この頃から、男性にモテる美乳よりも私自身がうっとりと満足する美乳が理想となるのである。

その後は、「今、欲しいのはおしゃれ美乳。」(2015年9月16日号・表紙佐々木希)「形を整え、素の質感を上げる ふんわり美乳。」(2016年9月14日号・表紙マギー)と質感を含めて、ますます自分にとっての心地よさを追求する方向へと向かう。


『an・an』(2018年9月19日・表紙:内田理央)

さらに近年は、「理想の胸は、自分でつくる! 美乳強化塾 おいしい胸のつくり方」(2017年9月20日号・表紙田中みな実)「美乳強化塾2018 かっこいい! が時代です。ハンサム胸バストのつくり方。」(2018年9月19日・表紙内田理央)という具合によりシンプルにニュートラルに自分スタイルを確立することが求められているようだ。

乳房は男性や赤ちゃんのものではなく、自分のもの

それはもちろん、ファッションのジェンダーレス志向や自らの心地よさを追求する傾向と重なっている。もちろん「ハンサム胸」などは筋肉女子のジェンダーレスな身体にも通じるだろう。

「ふっくらまるくてカワイイ」美乳からかっこいい「ハンサム胸」へ。それはいったい誰のための美乳なのか。誰のために美乳を作るのか。同じ美乳の「つくり方」でも、10年間でその対象は大きく変化したのである。男のための美乳から、自分のための美乳へ。私が心地よいと思える私のための、ヘルシーかつ、意志的な美乳を努力によって作りあげる時代になったのだ。

思えば、今までの乳房はあまりにも男性や赤ちゃんのものであった。女らしさや母性の象徴でありすぎたのではないだろうか。「うっとり美乳」や「おしゃれ美乳」を経て行きついた「ハンサム胸」は女、妻、母という役割から解き放たれた自由な乳房、私の乳房を女性たちがようやく手に入れたということではないだろうか。

それは、筋肉女子の割れた腹筋や見事な肩甲骨、強さを感じさせる脚にも通じる。従来のまるく、優しく、曲線を描く「女性らしい」身体とは異なる、「強い」身体を女性たちは自らが積極的に求めるようになった。私のカラダは私のものとやっと声を大にして言える時が来たということではないだろうか。

あわせて読みたい

「女性」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  2. 2

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  3. 3

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  4. 4

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  5. 5

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  6. 6

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  7. 7

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  8. 8

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  9. 9

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。