記事

今年の新語・流行語大賞は「ONE TEAM(ワンチーム)」

2019ユーキャン新語・流行語大賞」が、昨日2日、発表されました。年間大賞には、ラグビー・ワールドカップ(W杯)で活躍した日本代表のスローガン「ONE TWEAM(ワンチーム)」が選ばれました。

あれだけ話題になり、しかもよい言葉ですから、異論はないところかと思います。表彰式で、日本ラグビー協会の森会長は「みなさんが一生懸命に応援してくれたおかげです。」「これだけ盛り上がるなら、20年後、30年後にもう一回やりたい」と話しています。

一時だけでなく、これからも応援して、ラグビーが日本で盛り上がり続けるとよいと思います。

堀江選手の話として報じられている「ラグビーに焦点があたり、大賞となるのはうれしい。言葉を使えばワンチームになれるというわけではない。どういうふうにワンチームにするかが大事で、中身をしっかり考えて使ってほしい。」というのは、その通りだと思います。

最近も日産の新しい社長が「ワンチームでがんばる」と言っていましたし、少し安易に使いすぎていると思います。

トップテンには、ゴルフの全英オープンで優勝し、いつも笑顔が素敵で思い切ったプレーでファンが増えている渋野日向子選手の「スマイリングシンデレラ/じぶこ」。

タピオカ入りドリンクを飲むことを指す「タピる」、台風接近に伴って鉄道各社が実施した「計画運休」、ヒールのある靴の着用強制に反対する運動「#Ku Too(クートゥー)」、新元号「令和」、反社会勢力の宴会に芸人が参加してお金を受け取った「闇営業」、「軽減税率」、「免許返上」、スマートフォン決済を表す「〇〇ペイ」が選ばれました。

また、特別賞には、現役を引退したイチロー選手が、引退会見で話した「後悔などあろうはずがありません」が、選ばれました。イチロー選手が、草野球で大活躍しているニュースを、数日前に見ました。

その年の世情を表す、新語・流行語大賞ですが、明るいものが多い年に来年はなるとよいと思います。

あわせて読みたい

「流行語大賞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの斬新な飛沫防御策を称賛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    緊急事態宣言を同時中継する忖度

    水島宏明

  4. 4

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  5. 5

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  6. 6

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

  7. 7

    コロナで日本の通勤者 僅か9%減

    幻冬舎plus

  8. 8

    今すぐに検討すべき現金一律給付

    BLOGOS編集部

  9. 9

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  10. 10

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。