記事

「災害関係の補正予算 政府・与党がサボタージュ」原口国対委員長


 原口一博国会対策委員長は3日の定例記者会見で政府の災害対応について触れ、「会期末まであと1週間ちょっとだが、災害関係の補正予算が全く出てこない。政府・与党がサボタージュしている。今のような補助金任せの災害復旧だと、被災者の中には年を越せない方も出てくる恐れがある。国民の皆さんが新しい年を安心して迎えられるようにしたい」と、自治体が被災状況に応じて使うことのできる一括交付金制度の実現や補正予算の早期編成を求めた。

 また消費増税に伴う景気の悪化について、「景気動態――これが消費税のためにものすごい状況になっていることは、皆さんもすでにお聞きのとおりだ。自動車あるいは家電など、日本の基幹産業が直撃を受けている。一刻も早く安倍内閣に退陣してもらい、われわれの新しい経済政策、成長戦略を実現したい」と訴えた。

 安倍総理の「さくらを見る会」問題に関しては、「昨日の参議院本会議での総理答弁は、全く答えになってない。それどころか疑惑は底なしの状況だ。公的行事を私物化して、税金で有権者、そして反社会的勢力までおもてなししていた疑いが濃厚だ。安倍総理自身の政治資金規正法および公職選挙法違反、疑惑招待者名簿の証拠隠滅。追及チームのヒアリングで目の前にいる官僚の方々を本当に気の毒に思う。誰のためにうそをつかされてるのか、そういうこともおもんぱかりながらも追及を頑張ってきたい」と決意を語った。

 原口委員長は、公選法違反疑惑が浮上した渡辺孝一防衛大臣政務官についても触れ、「比例単独の北海道の人だそうだが、支援者向けのバスツアー費用の大部分を自分で負担していた疑いがある。だとすれば明白な公選法違反であり、速やかな説明を求めたい」と、渡辺防衛大臣政務官自らが事実関係を明らかにするよう求めた。

あわせて読みたい

「原口一博」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの斬新な飛沫防御策を称賛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    緊急事態宣言を同時中継する忖度

    水島宏明

  4. 4

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  5. 5

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  6. 6

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

  7. 7

    コロナで日本の通勤者 僅か9%減

    幻冬舎plus

  8. 8

    今すぐに検討すべき現金一律給付

    BLOGOS編集部

  9. 9

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  10. 10

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。