記事

政府はジャパンライフに対して政治的配慮をしたのか

桜を見る会に招待された、ジャパンライフへの政府としての行政対応に関する会議のメモと見られる資料が今日示され、その中で、政治的な考慮をからめながら検討がなされていたことがうかがえる記載がありました。

消費者庁は、マルチ商法をはじめ著しく消費者の利益を害するような営業、販売活動に対して、厳しく行政対応するための検査・監督権限が与えられています。

しかし、その権限が、政治的な影響を考慮して、適切に行使されなかったとしたら大問題です。

私もかつて、金融庁において金融機関への監督業務に携わりましたが、政治的な考慮は全く入れずに、法と事実にのみ立脚して対応しました。政府の検査・監督行政というのはそうあるべきです。

今日、消費者庁はそのメモが政府内部のメモであるのか、明らかに答えませんでしたが、明確な回答が必要です。

あわせて読みたい

「ジャパンライフ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事にアラビア語答弁を要求

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    報ステの富川アナが嫌われるワケ

    渡邉裕二

  3. 3

    自民重鎮 テレ朝・玉川氏に苦言

    深谷隆司

  4. 4

    倉持由香 誹謗中傷で弁護士依頼

    倉持由香

  5. 5

    個人事業主はマックの戦略に学べ

    かさこ

  6. 6

    米の「韓国切り」で文政権ピンチ

    PRESIDENT Online

  7. 7

    大東駿介 水川との不倫に批判

    女性自身

  8. 8

    コロナ感染と減収 苦難抱えるCA

    小林ゆうこ

  9. 9

    コロナに次亜塩素酸水 噴霧はNG

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    コロナで露呈 日本の構造的問題

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。