記事

政府はジャパンライフに対して政治的配慮をしたのか

桜を見る会に招待された、ジャパンライフへの政府としての行政対応に関する会議のメモと見られる資料が今日示され、その中で、政治的な考慮をからめながら検討がなされていたことがうかがえる記載がありました。

消費者庁は、マルチ商法をはじめ著しく消費者の利益を害するような営業、販売活動に対して、厳しく行政対応するための検査・監督権限が与えられています。

しかし、その権限が、政治的な影響を考慮して、適切に行使されなかったとしたら大問題です。

私もかつて、金融庁において金融機関への監督業務に携わりましたが、政治的な考慮は全く入れずに、法と事実にのみ立脚して対応しました。政府の検査・監督行政というのはそうあるべきです。

今日、消費者庁はそのメモが政府内部のメモであるのか、明らかに答えませんでしたが、明確な回答が必要です。

あわせて読みたい

「ジャパンライフ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野村克也氏「イチローは超一流」

    幻冬舎plus

  2. 2

    安倍首相の虚偽答弁 新たに判明

    田中龍作

  3. 3

    森ゆうこ氏への請願黙殺する自民

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    生理の妻へ食事配慮 批判の声も

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    口座手数料より銀行がすべきこと

    内藤忍

  6. 6

    朝日が早期退職募集 新聞の明暗

    AbemaTIMES

  7. 7

    韓国社会を映す韓流スターの自殺

    渡邉裕二

  8. 8

    出所したら…新幹線殺傷男に衝撃

    文春オンライン

  9. 9

    桜追及で越年? 野党の戦略に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    韓国より低成長 認めぬ安倍首相

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。