記事

新井浩文被告に懲役5年の実刑判決 裁判長「地道に信頼を取り戻す努力を続けてほしい」



 去年7月、東京・世田谷区の自宅で、派遣型エステ店の女性を乱暴し、強制性交の罪に問われている新井浩文(40)こと韓国籍の朴慶培被告の判決公判が12月2日、東京地裁で開かれた。

 弁護側は、「合意があったと思う」として無罪を主張していたが、東京地裁は「自己の性的な欲求を優先して犯行に及んだ」などと指摘。新井被告に対し懲役5年の実刑判決を言い渡した。

 少しやつれた表情で入廷した新井被告に対し、裁判長は、「合意があったと誤信するとは到底考えがたい」「まずは責任と向き合い、しっかりと罪を償った後で、地道に信頼を取り戻す努力を続けてほしい」と語った。その間、新井被告は背筋を伸ばし身動きせずに、話を聞いていたという。

 弁護側は、この判決を不服として即日控訴。新井被告は起訴後に保釈されていたが、判決後に身柄が拘束された。この日、改めて保釈を請求した新井被告に対して、東京地裁は、保釈保証金750万円で再保釈を認める決定をした。新井被告は納付を済ませており、保釈されたとみられている。
(AbemaTV/『AbemaNews』より)

▶︎映像:新井被告は背筋を伸ばし身動きせずに…

あわせて読みたい

「新井浩文」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  2. 2

    コロナは長期戦 山中教授に共感

    水島宏明

  3. 3

    パチンコはいいの? 関口宏が質問

    水島宏明

  4. 4

    ニューヨークは数日で医療崩壊か

    藤沢数希

  5. 5

    中高年こそ…叩かれる若者の感覚

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    月初封鎖? 怪情報に惑わされるな

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    4月から事実上「首都封鎖」に

    NEWSポストセブン

  8. 8

    志村さん死去 最後まで仕事の鬼

    常見陽平

  9. 9

    ロックダウンした英国からの助言

    木村正人

  10. 10

    みずほシステム統合に19年の苦闘

    Dain

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。