記事

国連デー「女性に対する暴力の撤廃」に向けて(コメント)

国連デー「女性に対する暴力の撤廃」に向けて(コメント)

立憲民主党ジェンダー平等推進本部長
大河原 雅子 衆議院議員

 本年も11月25日の「女性に対する暴力撤廃の国際デー」から12月10日の人権デーまで、国連では、ジェンダーを基にした暴力撤廃キャンペーン「#世界をオレンジ色に~レイプに立ち向かう #平等を目指す全ての世代!」を実施し、女性に対する暴力の根絶に向けた動きを強めています。立憲民主党も賛同し、女性に対する暴力の根絶に向けた取組を強化します。

 日本の性暴力の現状は、政府の報告書によれば、「女性の約3人に1人は配偶者からDV被害を受けたことがある」「女性の約13人に1人は無理やりに性交等をされた経験がある」等ショッキングな数字が出ています。また、痴漢被害者の約7割は若年者で、10代でも性被害に遭っている現実があり、さらに、男女雇用機会均等法に関する相談件数はセクハラが一番多いことから、電車や職場といった日常的な場面でも性暴力があることがわかります。性暴力は人間の根幹である「性」という領域を侵襲する犯罪です。

 立憲民主党は、女性に対する暴力のない社会の実現を目指します。そのために、性暴力被害当事者の方々や民間団体と連携し、刑事法の改正、DV防止法の改正を検討し、セクハラ禁止法案等を国会に提出してきました。これからも、その策定、成立のために努力していきます。また、パリテ(男女半々の議会)の実現などを通して、より女性の声が公平に政治の場に届くよう、長期的な取組も進めていきます。

 性暴力の被害に遭ってしまった場合、どのような状況にあったとしても、被害者の方は悪くありません。一人で悩まずに助けを求めてください。立憲民主党等が国会に提出した性暴力被害者支援法の制定を強く求めていきます。立憲民主党は被害者を一人にしません。

あわせて読みたい

「性的暴行」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  2. 2

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  3. 3

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  4. 4

    増税で一律貧しくなった日本人

    田中龍作

  5. 5

    クルーズ船への協力渋る省庁も?

    橋本岳

  6. 6

    新型肺炎 初期症状の軽さ問題か

    岩田健太郎

  7. 7

    野党支持減らす槇原逮捕の陰謀論

    猪野 亨

  8. 8

    学生投票で山本氏に維新議員勝利

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    新型肺炎でやっと脱中国進む皮肉

    自由人

  10. 10

    安倍首相の共産党への発言は中傷

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。