記事

詐欺とはどのような行為をさすか

改めて、民主党が国民との約束だという、主要マニュフェストを検証したい。

①財源(=無駄の排除で16.8兆円ねん出出来る)・・・・・・・・×
②子ども手当(23年度から、子供一人につき2.6万円支給)・・・× 児童手当に戻る
③高速道路の無償化・・・・・・・・・・・・・・・× 一部実験はしたが、撤回
④ガソリンの暫定税率廃止・・・・・・・・× 初年度で早々撤回
⑤年金改革(三つの年金一元化、7万円の最低保障年金)・・・・× 事実上撤回
⑥後期高齢者医療制度を廃止し、25年度から新制度・・・・× 事実上撤回
⑦天下りの根絶・・・・× 郵政会社等への天下り
⑧八ッ場ダム等の中止・・・・× 工事再開
⑨普天間基地の沖縄県外移設・・・・× 22年5月に撤回
⑩「消費税は上げない。議論さえ必要ない」・・・・× 野田総理が政治生命を賭ける

この現実を改めて考えてほしい。これは一部公約違反があった、とか、実現が遅れているとか、そんな類のものではない。明らかな『詐欺』だ。『国民との約束』したのではなく、『国民を欺いた』のだ。

公正を期すため、唯一、マニュフェストの重要項目で達成したのが、『高校無償化』。4000億円もの予算を、義務教育ではない高校に所得制限もなきままばら撒く無償化。国民の税金を、外国人学校にもばら撒く無償化。国交のない北朝鮮の朝鮮総連の元に設置されている朝鮮高校対象にすべく議論をしている無償化。本当に困っている人と、裕福な人を分けることなくバラマキ、結果、本当に援助を必要としている子供たちを十分に救えない無償化。

それだけだ。

それでも、国民は我慢する。それでも、被災地は我慢する。日本人の忍耐力は本当にすごい。諸外国なら、国を挙げての大騒ぎだろう。

責任。日本で今、一番欠けているもの。衆議院を解散し、国民の信を問う。党内もバラバラな野田総理が、今、唯一、取れる責任なのだ。隠れたり、もぐったり、ぬるぬるした体ですり抜けるのは『どじょう』の得意技かもしれない。しかし、忘れてはならない。日本と言う国は、日本国民は、ドジョウが潜る泥などではないのだ。

一日も早い、決断を今日も改めて求める。

あわせて読みたい

「マニフェスト」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 百田氏の方が反日本人的

    橋下徹

  2. 2

    謝罪なく逃走の津田大介氏に呆れ

    やまもといちろう

  3. 3

    日本は韓国に知的な手助けをせよ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    天皇燃やした? 映像制作者を直撃

    篠田博之

  5. 5

    日韓は報復でなく大人の対応せよ

    小宮山洋子

  6. 6

    3位に日本 好みに影響を与えた国

    オルタナS編集部(若者の社会変革を応援)

  7. 7

    よしのり氏 北巡る米発言に怒り

    小林よしのり

  8. 8

    ヒグマ駆除に抗議する人の身勝手

    鈴木宗男

  9. 9

    田中角栄が頼った「最強ヤクザ」

    NEWSポストセブン

  10. 10

    他人を褒めなかった瀧本哲史さん

    宮崎タケシ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。