記事

【“愛子天皇”は是か非か】「皇族の女性はモノ的に扱われてはいないか」三浦瑠麗氏インタビュー 令和皇室、最大の”宿題”をどう考えるか

2/2

女性宮家は何の解決にもならない

 現実的な対策として、おそらく最初に妥協されるのは女性宮家の創設でしょう。現に適齢期の女性がいらっしゃるわけですから、この人たちが結婚しても皇族であり続けることを取りあえず担保しておくことができます。

 ただし、それだけでは皇位継承の問題は何の解決にもならない。男系男子での皇位継承をするとなれば、旧皇族の血筋の男系男子の一般人を皇籍に入れるか、そうした男系男子の血を引く一般人男性と内親王が結婚しなければいけないのです。現行の皇室典範では、配偶者が一般の男性では、生まれた子どもが「男系」の皇位継承者になれないからです。

 特定の男性との結婚を期待される、という状況は、お見合い結婚が一般的だった時代なら、さほど非人道的ではなかったのかもしれません。しかし私より20歳も若い現代の男女が、そんな人生に納得するのでしょうか。国を挙げて「お前、あいつと結婚しろ」と圧力をかけるのですから、とても無責任なことです。

 結婚相手を選ぶ自由は、皇族の女性にも最低限あるべきです。とすれば、女性宮家を作ることは解決への一歩ではあるけれども、独立した解決策にはなりえないのです。

 男系の女性天皇のみ容認して、愛子さまが天皇になるとしても、状況はさして変わりません。やはり、愛子さまに「皇室の血を引く男系男子を婿に取れ」と迫るような状況が生まれかねないのは同じです。天皇の役職という重荷を背負わせた上で、次世代への責任まで背負わせるというのは、非常な負担です。

 男系男子主義者が声高に意見を言うほど、彼らに対する支持はなくなっていくでしょう。なぜなら、皇族の女性やお妃候補の女性、さらには旧宮家の男性まで、このようにモノ的に扱うことになるからです。

 ただ一方で、私からすると、「これからは男女同権の時代だから、眞子さまにはこうあってほしい」といった意見も、「愛子さまには、男系男子と結婚していただかなければ」という意見も同列です。どんな権利があって他人の人生に関与しようとしているのか、慎重に考えなくてはいけません。

「女性」「女系」の区別が理解されない理由とは

 世論調査では、女性天皇に賛成する声が多数ですが、女性天皇と女系天皇の区別がついていない人もたくさんいます。それは、保守派のロジックに対して大衆的な支持が寄せられていないことの証左です。「だからこの世論調査は間違っている」ではなく、これだけメディアが啓蒙キャンペーンをやっても浸透しないということは、「みんな、女性と女系どっちでもいいと思っているんじゃないか」という話なのです。

 私には、女性天皇や女系天皇に反対する理由が思いつきません。ただし考えておかなければいけないのは、皇位は特殊な家系の跡目相続の問題であると同時に、憲法第1条に「日本国の象徴であり日本国民統合の象徴」と規定されている通り、天皇の存在が民意に裏打ちされているという点です。

 憲法は、変えようと思えば変えられます。皇室制度を維持したければ、民意の許容できる範囲内で、時代に合った皇位継承を取り入れていくことが合理的でしょう。

 一方で、日本は生身の人間を天皇や皇族としていただいていることも忘れてはなりません。彼らが負う重責や心理的な圧迫感は、想像するだにすさまじいものだと思います。伝統文化を維持し、明日への期待を抱けるような社会の雰囲気を作る努力を、皇室に任せきりではいけません。自らのプライベートや、家庭や家族を犠牲にしすぎてはいけないということ。このバランスが大切だと思います。

(三浦 瑠麗/週刊文春デジタル)

あわせて読みたい

「女系天皇」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国内外で「ナカムラ」の死悼む声

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    野村克也氏「イチローは超一流」

    幻冬舎plus

  3. 3

    年収10倍のマイホーム購入は危険

    内藤忍

  4. 4

    韓国で成功諦める低所得層の実態

    ロイター

  5. 5

    韓国より低成長 認めぬ安倍首相

    PRESIDENT Online

  6. 6

    口座手数料より銀行がすべきこと

    内藤忍

  7. 7

    次期首相候補 石破氏支持が躍進

    ロイター

  8. 8

    馬毛島の買収は高評価されて当然

    原田義昭

  9. 9

    よしのり氏 中村医師の死は残念

    小林よしのり

  10. 10

    森ゆうこ氏の情報漏洩は人権侵害

    塩崎恭久

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。