記事

職場の苦手な人が嫌でなくなる"スゴい思考法"

1/2

職場に「どうしても苦手な人」や「嫌な人」がいる。でもすぐに逃げる方法が見つからないという場合、どうすれば少しでもラクになるでしょうか。産業医の井上智介さんが、カウンセリングの現場で提案し効果をあげている方法を紹介します。

※本稿は井上智介『職場の「しんどい」がスーッと消え去る大全』(大和出版)の一部を再編集したものです。


※写真はイメージです(写真=iStock.com/metamorworks)

他人を変えるのはやめる

誰しも、できるなら自分とウマの合う人とだけ一緒に過ごしていたいものです。

しかしながら、社会に出ると、そのようなことばかり言っていられず、嫌いな人と一緒の時間を過ごすことも必要になってきます。

相手の嫌なところを変えようとして色々と画策すると、かなりのエネルギーと時間を費やすことになります。

その結果、何も変わらないことなんてザラです。だからこそ、他人を変えようとするのは、絶対にやめておきましょう。

ここまで何度もお話ししてきましたが、あなた自身のためには他人を変えるのではなく、自分の考えを変えたほうがよいのです。

認知を変えることで、少しでも自分の居心地がよくなるように工夫してみましょう。

しかしながら、嫌いのレベルも人それぞれであって、「何となく嫌だ」というレベルから「これ以上一緒にいたら精神的に耐えられない」レベルまであります。

また、自分自身の認知を変えるのも、時間がかかります。その時間をかけて待てるならいいのですが、現実ではそれでは間に合わないこともあります。

終わりがあるから頑張れる

精神科医として思うのは、自分を犠牲にしてまで付き合うべき人や仕事は、この世の中には1つもないということ。

すでにお話ししたように、物理的な距離が取れればいいのですが、実際の会社では難しいことも多いでしょう。

そのような時にぜひ取り入れていただきたいのが、「期間限定の思考」です。

どんなにつらいことであっても、終わりが見えているのとそうでないのとでは、心の持ちようは全く違ってきます。

産業医として、長時間残業をしている人と面談することが多々あるのですが、その中にも、「今月は大変でしたが、来月の中旬には業務が一段落するのがわかっているので頑張れます」とおっしゃる人がたくさんいます。

その一方で、「負担がすごいし、仕事がいつ終わるかわからなくて……。毎日、仕事のことで頭がいっぱいで、夜も眠れなくなってきています」と話す人も。

終わりがわかっているかそうでないかによって、プレッシャーの感じ方はこれほど、違ってくるのです。

これは人間関係にも応用できます。

過去に、私が産業医としてやりとりしてきた内容を例に見ていきましょう。

期間限定が生み出す「余裕」

Sさん:「前回もお話ししましたが、上司と合わなくて、もうしんどいです……」
私:「そうですか……。面談後に、配置転換を検討するように会社にはお伝えしたのですが……」
S:「小さい会社なので、現実的には部署を移動させるのは難しいという結果でした」
私:「そうでしたか。その上司は、パワハラっぽい人でしたよね」
S:「はい。高圧的な人なので合わないですね。このままだと自分の精神状態がおかしくなりそうなので、早目の転職も考えます……」
私:「そうですか……。相手を変えるのは難しいですよね」
S:「先生、前にアドバイスをくれましたよね。自分を変えたほうがいいと。でも、そんな簡単にできません」
私:「では、諦めましょう。開き直りも大事です」
S:「えっ!?」
私:「合わないものは合わないものです。さて、どこまで我慢できるかです」
S:「どういうことですか?」
私:「期間限定にしましょう。今の状態は、ゴールが見えないまま、過酷なマラソンを行っている状態です。このままなら、いつか体調を壊すのが目に見えています。逃げられる体力・気力があるうちに逃げる、という発想は大切です」
S:「そうですよね……。期限があれば頑張れそうです。2年以内に2回は定期の異動のチャンスがあるので、そこにかけてみます。その2回で上司か私が異動にならなかったら、転職しようと思います」
私:「そのような考えでいいと思います。世の中にはたくさんの会社があり、Sさんは、この会社の今のポジションに、ずっとしがみつく理由はありませんからね。自分の体を壊してまで続けるような仕事は、この世の中にありませんよ」
S:「ありがとうございます。なんかスッキリしました。期間限定で頑張ります!」

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    行き詰まる韓国 中国に寝返るか

    ヒロ

  2. 2

    山中教授が「被害者」になる日本

    やまもといちろう

  3. 3

    ブラタモリへのツッコミこそ誤り

    新井克弥

  4. 4

    廃棄HDD漏洩 開いたパンドラの箱

    山口利昭

  5. 5

    加藤浩次 堀江氏無視してTV一本

    AbemaTIMES

  6. 6

    糖質制限を覆す研究 Nスぺに驚き

    NEWSポストセブン

  7. 7

    N国丸山氏を糾弾する危険な正義

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    氷川きよし新路線に事務所難色か

    文春オンライン

  9. 9

    フィンランドで34歳女性が首相に

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    山本太郎氏 米軍から自主独立を

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。