記事

「服を脱げ」元KARAク・ハラの悲報が女性団体の街頭デモに発展 吊し上げられる裁判官と元恋人 - 高月 靖

 すでに日本の真冬並みの気温となった11月29日の韓国・ソウル市。瑞草区のソウル中央地方裁判所前にコートを着込んだ若い女性ら十数人が集まり、「オ・ドクシク判事は服を脱げ」と書かれた紫色の横断幕を掲げた。

【写真】ク・ハラの自殺を巡り、裁判官に抗議する女性たちを報じるMBCテレビ


元KARAのク・ハラ ©AFLO

 女性たちはク・ハラの自殺を巡り、韓国の司法に抗議しにやってきた女性団体などのメンバー。「服を脱げ」とは「法服を脱げ」、つまり判事の職を辞せよという意味だ。参加者は「司法機関が女性の安全を脅かしている」などのシュプレヒコールを上げ、若い女性アイドルの死に対する司法の責任を厳しく問い質した。

 オ判事は、ク・ハラの元恋人で美容師のチェ・ジョンボム被告の裁判を担当した人物。チェ被告はク・ハラとのトラブルを巡り、今年1月に傷害、強要、脅迫、器物損壊、そして「性暴力処罰法違反」容疑で在宅起訴された。性暴力処罰法違反容疑とは「性的欲求や羞恥心を誘発し得る身体部分を強制的に撮影」、つまりク・ハラ本人の意思に反して性的な動画を撮影した、という疑いだ。

無罪判決が下った「リベンジポルノ」容疑

 ク・ハラの悲報に行き場のない怒りが鬱屈する韓国社会でいま、このチェ被告とオ判事の2人が世間の強い非難を集めている。

 チェ被告は昨年8月にク・ハラと旅行した際、その後ろ姿などを撮影。翌9月にク・ハラの交友関係を巡って激しい喧嘩になった際、この動画で「芸能人生を終わらせてやる」と脅迫したとされる。チェ被告は実際に芸能メディアへメールを送ったものの、動画自体はク・ハラにしか送信していなかった。だがいつ公開されるか分からないという恐怖心が若い女性の精神を蝕んだのは、想像に難くない。

 この事件は芸能メディアだけでなく、女性団体からも大きな関心が寄せられた。昨年10月にソウルで行われた盗撮被害に絡む大規模な集会でも、ク・ハラの「リベンジポルノ問題」として争点化されている。

 これに対してオ判事は今年8月、性暴力処罰法違反の疑いについて無罪の判決を下す。ク・ハラがチェ被告の撮影を知りながら制止しなかったこと、2人が性的な関係にあったことなどから、「意思に反して撮影されたわけではない」と判断したのが主な理由だ。また傷害、強要、脅迫、器物損壊については有罪としたが、懲役1年執行猶予3年という軽い量刑にとどめた。

「セカンドレイプ」と非難された判事

 だが今回その被害者が自ら命を絶ったことで、判決が軽すぎるとの批判が改めて噴出している。またオ判事は裁判の過程で、「見ないでほしい」というク・ハラ側の要望にもかかわらず問題の動画を自ら視聴したという。こうした対応も、被害者=女性に対するセカンドレイプだとの激しい非難を招いている。女性作家のコン・ジヨンはSNSでオ判事の行動を「地獄のような暴力」「処罰されるべき」と非難し、メディアの注目を集めた。

 一方のチェ被告は裁判の最中だった今年5月14日、ソウル市江南区に自身の美容院をオープンしたとSNSで報告。17日には、オープニングパーティの様子を収めた動画も投稿した。ク・ハラが自殺未遂を起こしたのは、それから1週間後のことだ。

 11月24日になって元恋人の訃報が伝わると、チェ被告は非難コメントが殺到するSNSアカウントを非公開設定に変えて沈黙した。オープン半年の美容室へは現地メディアがたびたび訪れているが、こちらも入り口を閉ざしたまま電話にも出ないという。

盗撮事件の取材協力を申し出ていたク・ハラ

 チェ被告は8月の判決を不服としており、控訴審が続いている。性暴力処罰法違反容疑について無罪としたオ判事の判断を巡っては、現地専門家の間でも意見が割れているようだ。チョ・スニョル前大韓弁護士協会副会長は聯合ニュースの取材に対し、間接的な状況を根拠に「意思に反して撮影されたわけではない」とした判断を「不適切」と指摘。これに対して地方テレビ局OBSは、「一審判決が非合理的だとはいえない」とする弁護士の見解を紹介している。

 ただしこの弁護士は同時に、「盗撮犯罪は日々深刻な社会問題として浮上しており、犯罪を根絶するという側面からも、緻密かつ重く処罰されなくてはいけない」と言い添えている。

 韓国では今年に入って、BIGBANGのメンバーだった「V.I」ことイ・スンヒョンが関与した大スキャンダル「バーニングサン」事件で売春斡旋、薬物使用などが発覚して芸能界を揺るがしたが、この事件でも男性K-POPアイドルや人気歌手らが女性の盗撮動画をSNSで共有していた実態が明らかになった。ク・ハラはこの事件を取材する記者に対して、同じ盗撮被害者として協力を申し出ていたことも報じられている。

 芸能スキャンダルにとどまらず、女性問題としても波紋を投げかけるク・ハラの悲劇。28歳の死が残した影響は、韓国社会をどう変えていくのだろうか。

(高月 靖/週刊文春デジタル)

あわせて読みたい

「ク・ハラ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    街宣右翼に山本太郎氏「おいで」

    田中龍作

  2. 2

    よしのり氏 枝野氏は認識が甘い

    小林よしのり

  3. 3

    日本は最も成功した社会主義国

    自由人

  4. 4

    よしのり氏「化石賞」報道に苦言

    小林よしのり

  5. 5

    「沢尻逮捕は陰謀」を識者が検証

    SmartFLASH

  6. 6

    シン・ウルトラマンに見るヲタ魂

    krmmk3

  7. 7

    英選挙 労働党の敗因は左派政策

    岩田温

  8. 8

    安倍首相は「気の弱いホステス」

    NEWSポストセブン

  9. 9

    「独裁」の日本で香港人がデモ

    田中龍作

  10. 10

    日本の子どもはレベル下がったか

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。