記事

沢尻エリカ、塩谷瞬、高岡蒼佑、小出恵介……映画『パッチギ!』卒業生の波乱万丈 小栗旬は沢尻に警鐘をならしていた? - 近藤 正高

1/2

 沢尻エリカが麻薬取締法違反容疑で逮捕されてからというもの、過去に彼女が出演した作品がにわかに注目されている。なかでも2005年公開の映画『パッチギ!』は、ネットで話題になっているようだ。

 1968年の京都を舞台としたこの作品で、沢尻(公開当時18歳)は朝鮮高校に通う在日コリアンの少女を演じた。劇中では、朝鮮高校と府立高校の生徒が激しい喧嘩を繰り広げるなか、塩谷瞬(同22歳)演じる府立高校の男子生徒が彼女に一目惚れする。物語はこの2人と高岡蒼佑(同22歳)演じる彼女の兄(朝鮮高校の番長)を中心に、民族差別などの問題を織り込みながら、悲喜こもごもの青春群像劇として展開された 。

『パッチギ!』の出演陣にはこのほか、真木よう子、尾上寛之、波岡一喜、桐谷健太など現在も活躍する当時の若手俳優が名前を連ねた。作品は『キネマ旬報』の年間ベストテンの1位に輝いたほか、沢尻と塩谷の演技も高く評価され、日本アカデミー賞の新人俳優賞にも選ばれている。


2006年3月の日本アカデミー賞授賞式。『パッチギ!』監督の井筒和幸と新人俳優賞を受賞した塩谷瞬(左)、沢尻エリカ(右)

沢尻、高岡、塩谷、小出……相次ぐスキャンダル

 ただ、後年、出演者があいついでスキャンダルに見舞われた。沢尻は2007年、出演映画の初日舞台挨拶で、質問に対し不機嫌そうに「別に」と繰り返し、後日謝罪する。さらに2012年には所属事務所から契約解除を通告された。一部メディアでは、違法薬物使用がその理由ではないかと、このときすでに取り沙汰されていた。

他方、高岡は2011年、ツイッターで日韓における問題点について意見を述べたところ、激しい批判を受け、直後には事務所より契約を解消された。また、2016年には傷害容疑で逮捕されたが、被害者との示談が成立し不起訴処分となった。

塩谷も2012年に複数の既婚女性との交際が報じられ、激しくバッシングされた。『パッチギ!』の出演者ではまた、塩谷の同級生役で出演した小出恵介も、2017年、深夜に10代の少女をバーなどに連れ回したとして、大阪府青少年育成条例違反の容疑で書類送検され(のち不起訴処分)、現在にいたるまで芸能活動を停止している。

『パッチギ!』の監督の井筒和幸は“卒業生”たちの騒動があいついだ2012年、同作制作時の沢尻・塩谷・高岡について『週刊文春』で語っていた(※1)。それによれば、井筒の映画のオーディションでは《生い立ちや人生のエピソード、あるいは、物事に対する考え方なんかを聞く》が、《「パッチギ!」の時は、特に「何に耐えて生きてきたか」を重点的に見》たという。また、沢尻と高岡は当時の所属事務所から頼まれて「オーディション」したとも明かした。井筒はまず、初対面時の高岡の印象をこう語る。

《高岡は、素性はあまり聞かなかったけど、千葉、東京のなんかヤサグレな世界に揉まれて、十代を過ごしてきたような、苦痛や不幸を背負い込んでる顔もしてたわ。不幸と言うとアレやけど、まあ、幸の薄い顔やったね。何か風当たりが強いところで揉まれてきたような感じがあったんよ》(※1)

「最近の日本映画はつまらないものばかりで……」

 これに対し、沢尻は「事務所から言われて来た」みたいな平然とした顔をしていたという。そこで、プロデューサーが「最近どんな映画を見た?」と訊くと、《う~ん。最近の日本映画はつまらないものばかりで……》と返して驚かせる。井筒いわく《この子、生意気なこと平気で言うなあって。それで気に入ったってわけ》、《「つまらないのばっか」って言われた方が、そりゃあ、役者としてモノを見る目がしっかりしてるな、と思いますよ。それに、それほど自分の意見を率直に言えるヤツなら、素直でやりやすいんじゃないかとも思ったしね》(※1)。

 沢尻はさらに、最後に「最近、ショックやったことは?」と訊かれ、《兄がバイク事故で死んだことです。まだ引きずってはいますけど、今はようやく吹っ切れかけてます》と打ち明けた。「日本映画はつまらない」と言ったあとに、そんな話もすぐにできる彼女に、井筒はグッときたという。

塩谷瞬の壮絶な生い立ち

 撮影に入ると、沢尻は一度テストして、監督が気づいたことを指摘すれば、ほとんどNGなしで的確に演技をしてみせたという。これとは反対に、撮影でスタッフ陣から怒られ通しだったのが塩谷だ。しかし、それも彼はどれだけ責めても耐えられると、オーディションの段階でわかっていたからこそ、スタッフたちも叱っていたのだと、井筒は話す(※1)。

 そんな塩谷の壮絶な生い立ちを井筒が知ったのは、撮影も終わりがけだった。中学の頃にはすでに家に両親はおらず、近所の人や地元の先輩に面倒を見てもらいながら、16歳のときには飲み屋を任されていたという。それを知っているだけに、井筒は彼に女性スキャンダルが持ち上がったときも、《そんな人間の素性も知らずに、やれ二股や四股やって、ガタガタ言う筋合いは誰にもないよ。だって、普通の家族がいる生活をまったく知らない人間の思いって想像つかないでしょ? 俺もつかないよ》と報道に批判的だった(※1)。

 井筒は、沢尻や高岡についても、《俺は、卒業生たちがその後、何してるか詳しくは知らないけど、やっぱり、その子それぞれの理由があるんやろと思うよ。エリカだって、なまじ、演技のセンスがありありなもんやから、色んな作品に引っ張りだこになって、いいかげんウザくなったから「別に」って言ったんじゃない?(笑)》、《高岡だって、ツイッターみたいなオモチャで何つぶやいたか知らんけど(中略)、そんな井戸端の寝言か、つぶやきごっこでしか、暇つぶしができない現代こそ問題ありだと思うよ》と弁護してみせた(※1)。

あわせて読みたい

「沢尻エリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    行き詰まる韓国 中国に寝返るか

    ヒロ

  2. 2

    山中教授が「被害者」になる日本

    やまもといちろう

  3. 3

    ブラタモリへのツッコミこそ誤り

    新井克弥

  4. 4

    廃棄HDD漏洩 開いたパンドラの箱

    山口利昭

  5. 5

    加藤浩次 堀江氏無視してTV一本

    AbemaTIMES

  6. 6

    糖質制限を覆す研究 Nスぺに驚き

    NEWSポストセブン

  7. 7

    N国丸山氏を糾弾する危険な正義

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    氷川きよし新路線に事務所難色か

    文春オンライン

  9. 9

    フィンランドで34歳女性が首相に

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    山本太郎氏 米軍から自主独立を

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。