記事

元KARAク・ハラ 死の5日前“最後の単独インタビュー”で一瞬見せた「えっ?」という表情 - 河崎 三行

1/2

「テレビのMCとか、バラエティー番組への出演とか、ラジオのパーソナリティーにも興味があるんです。そのためにも、もっと日本語がうまくならないと」

【写真】この記事の写真(5枚)をすべて見る

 あの時の彼女のあの言葉に、偽りはなかったと信じたい――。

 韓国のアイドルグループKARAの元メンバー、ク・ハラさんが11月24日、ソウル市内の自宅で死亡した状態で発見された。リビングのテーブルには、自身の境遇を悲観する手書きのメモが残されていたという。28歳だった。


亡くなった元KARAのク・ハラさん ©︎getty

 彼女は2016年のKARA活動休止後、元交際相手への暴行疑惑や、その後自身で明らかにした相手男性からのリベンジポルノによる脅迫事件で、訴訟沙汰になっていた。また今年5月には、自宅で意識不明となっていたところをマネージャーに発見され、自殺未遂と報じられている。

 だがそうしたトラブルを乗り越え、6月から日本に拠点を移し、ソロ歌手として再始動。11月14日~19日には東京、大阪など全国4大都市を回るコンサートを敢行した。そしてツアー終了後、「用がある」と韓国に戻った直後に、突然の悲報がもたらされたのだった。

 これから綴るのは、ハラさんが最後に日本で過ごした日々の中、偶然にも2度に渡って彼女を取材する機会を得たライターの回想である。

サンシャインシティで行われたトークショー

 11月8日、ハラさん(当時の芸名はHARA)の日本での再始動第1弾シングル「Midnight Queen」の発売を記念し、東京・池袋のサンシャインシティでトークショーが開催された。彼女が日本に拠点を移して以降、初となるファン対象のイベントである。私はある媒体からの依頼で、この催しを取材していた。

 トークショーは、司会の女性との質疑応答という形で進行した。

「しばらく会えなかったので、今日は本当にうれしいです」

 以前からのハラさんのファンなら周知のことだろうが、彼女の日本語はかなり流暢だ。細かい言い回しが怪しくなることはあっても、聞くにせよ話すにせよ、日本語での意思の疎通にまったく問題はない。ペラペラ立て板に水という感じではないが、頭の中で言葉をしっかり組み立てながらしゃべっているのがわかる。この日も、会場に詰め掛けたファンへの

「みなさんに会いたかったのにしばらく会えなかったので、今日は本当にうれしいです」

 という挨拶に始まり、再出発にあたって日本で実現させたいことを聞かれると、

「いつかドームツアーをやってみたいですね」

「テレビのMCとか、バラエティー番組への出演とか、ラジオのパーソナリティーにも興味があるんです。そのためにも、もっと日本語がうまくならないと」

 と明るく抱負を語っていた。さらに好きな日本の食べ物を聞かれた時、「『なか卯』の豚キムチ定食」(日本食ではないが……)と、「『松屋』とか『すき家』のねぎ玉牛丼の、卵抜き」(たっだら、普通の牛丼にサイドメニューの青ねぎを追加すればいいのでは?)を挙げていたのはまあ御愛嬌だが、日本での彼女の気取らぬ暮らしが垣間見えた、ほほえましいシーンでもあった。

ハイタッチ会には長蛇の列が

 もちろんこのイベントでは、彼女の新曲「Midnight Queen」がプロモーションビデオ映像とともに流された。KARAの日本デビューシングル「ミスター」のスタッフが再結集して制作したものだ。さらにカップリング曲の「Hello」では、彼女自身も日本語作詞に参加したという。

「私を待ってくれていた日本のファンのみなさんへの思いを込めて、『ただいま』という歌詞を入れました」

 トークショーに続いて行われたハイタッチ会は、「Midnight Queen」のCDを購入したファンを対象としたものだったが、彼女の前には復帰を待ちわびたファンで長蛇の列ができた。それだけでなく、吹き抜けになっていた1階の会場から見上げると、上階にひしめく買い物客も手摺越しにこのイベントを覗きこんでいる。

 そんな盛況ぶりを横目にしながら、私はイベント開始前に名刺交換をした女性と言葉を交わしていた。新たに日本でのハラさんの所属事務所となったプロダクション尾木の取締役、尾木敦子氏である。石坂浩二、三田佳子、仲間由紀恵といったビッグネームが在籍し、グループ会社には元AKBの高橋みなみ、渡辺麻友らも抱える老舗事務所。その取締役が、加入したばかりの歌手のトークショーレベルの催しにわざわざ立ち会うのは、かなり異例のことだ。

意外な回答「じゃあ、HARAはどうですか?」

 フリーランスの私は、週刊文春の巻末連載「おいしい! 私の取り寄せ便」も担当していたのだが、各界の著名人にお気に入りの通販食品を紹介していただくその連載の、次の入稿分の登場者がまだ決まっていなかった。締め切りも迫っていたそんな中、尾木氏の名刺の裏に書かれた所属タレント一覧にふと目をやると、それなりの知名度がありながら、(失礼だが)連日超多忙というわけではなさそうな、つまり、オファーを出せばさほど日を置かず取材に応じてくれそうな男性タレントの名前があるではないか。そこで私は尾木氏にこちらの事情を話し、もしその男性タレントにお気に入りの取り寄せ品があった場合、できるだけ直近でインタビューできるか否かを尋ねてみたのだ。

 ところが尾木氏から返ってきた言葉は、意外なものだった。

「じゃあ、HARAはどうですか?」

 そんなことが可能なのか? いや、それ以前に元KARAなのだから、主なファンは若い女性のはず。週刊文春の中心読者である中年以上の男性に向けた「私の取り寄せ便」に登場するには、彼女はそぐわないのではないか?

「いえいえ、HARAのファンにはそういう層の方々も多いんですよ」

あわせて読みたい

「ク・ハラ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    行き詰まる韓国 中国に寝返るか

    ヒロ

  2. 2

    山中教授が「被害者」になる日本

    やまもといちろう

  3. 3

    ブラタモリへのツッコミこそ誤り

    新井克弥

  4. 4

    廃棄HDD漏洩 開いたパンドラの箱

    山口利昭

  5. 5

    加藤浩次 堀江氏無視してTV一本

    AbemaTIMES

  6. 6

    糖質制限を覆す研究 Nスぺに驚き

    NEWSポストセブン

  7. 7

    N国丸山氏を糾弾する危険な正義

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    氷川きよし新路線に事務所難色か

    文春オンライン

  9. 9

    フィンランドで34歳女性が首相に

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    山本太郎氏 米軍から自主独立を

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。