記事

「カネがもらえるほどよく働く」は間違いだった

1/2

「労働時間だけ減らすのは無理」という現場の声

働き方改革関連法が2019年4月1日から施行され、約半年が経ちました。働き方改革の目的のひとつは、長時間労働の是正です。残業を減らすことは、いまや産業界全体の共通課題です。一方で「業務量が以前と同じなのに、労働時間だけ減らすのは無理」という現場の声も聞かれます。そこで不可欠なのが生産性の向上です。


長時間労働の抑制は、喫緊の課題だ。(PIXTA=写真)

国際比較では、長きにわたって、日本の時間当たりの生産性の低さが指摘されてきました。過去40年、G7のなかで日本は最下位。米国の約60%の状態が25年近く続いています。

日本の時間当たりの労働生産性の低さは、長時間労働をしているにもかかわらず、多くは生産できていないということを意味します。OECDの国際比較では、週50時間以上働く人は、ドイツが約5%、米国が約12%、英国約13%に対して、日本は約22%もいます。

1日11時間以上の長時間労働はうつ病発症リスク

この「週50時間以上の労働時間」は、キーワードのひとつです。

日本人のホワイトカラー約2000人を追跡調査した我々の研究結果からは、メンタルのタフさや性格の違いといった個体差を除いたうえでも、労働時間が週50時間を超えるあたりから、次第にメンタルヘルスが悪化する傾向が認められました。

別の英国の調査でも、1日11時間以上あるいは週当たり55時間以上の長時間労働は、5、6年後の大うつ病発症リスクを高めるといった研究もあります。また、脳疾患・心臓疾患の発症リスクも長時間労働と関連しているという研究も蓄積されてきています。

労働時間が週50~55時間以上は「ワーカーズ・ハイ」

我々の研究では、メンタルヘルスは長時間労働で悪化する一方、労働時間が週50~55時間以上になると仕事満足度は上昇する傾向にあることもみえてきました(図)。

いわゆる「ワーカーズ・ハイ」のような状態になっている可能性が示唆されます。仕事に没頭している間は満足度しか自覚せずについ長時間労働をしてしまい、メンタルヘルスが毀損していることに気付きにくい側面があるともいえます。

週50時間以上の労働時間は、生産性にも影響を与えます。経済学では、インプットをするほど、1単位のインプットに対するリターンがどんどん小さくなる「限界生産性の逓減」という考え方があります。労働時間も最初のうちはリターンが大きく、だんだんリターンが小さくなっていくと予測されていましたが、それに関する研究はほとんどありませんでした。

それが近年、経済学者のジョン・ペンカベルが1930年代の英国の軍需工場のデータを検証した結果、週当たりの労働時間が50時間を超えると、限界生産性が大幅に低下することを示したのです。また、休日出勤した日の翌週は、限界生産性低下が、週50時間よりも早いタイミングで訪れることもわかりました。

これらのエビデンスからは、長時間労働をして休息をとらない状況が続くと、本人が気付かないうちに心身の健康を損ねるリスクは増し、同時に生産性も低下することが示唆されます。

欧州への赴任で労働時間が大幅に短縮

日本人の働きすぎは、何十年も前から指摘され、是正の必要性が唱えられてきましたが、長時間労働社会は長らく続いてきました。今回も変わらないのではないかという意見もあります。「上司や同僚が残っているから帰りにくい」など、残業を前提とした社会規範や職場風土が確立してしまっていることがその理由のひとつとしてしばしばいわれてきました。

日本は変わっていくことはできないのでしょうか。職場の雰囲気が働き方に強く影響することを示すエビデンスを、ひとつ紹介しましょう。

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    賭け麻雀合法? 宗男氏声荒らげる

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    欧州で超過死亡 コロナ関連か

    ロイター

  3. 3

    裏に電通? 怪しいコロナ業務委託

    青山まさゆき

  4. 4

    役満狙った黒川氏 イカサマ失敗

    毒蝮三太夫

  5. 5

    安倍首相のサミット訪米に反対

    鈴木しんじ

  6. 6

    黒川騒動で賭け麻雀モラル崩壊へ

    木曽崇

  7. 7

    コロナで「おさわり」も禁止せよ

    幻冬舎plus

  8. 8

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  9. 9

    新検事長は安倍政権の不正に迫れ

    天木直人

  10. 10

    長瀬の動向がTOKIOファンに波紋

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。