記事

トルコ大統領、マクロン氏を「脳死」呼ばわり 仏「侮辱」と反発


[イスタンブール/パリ 29日 ロイター] - トルコのエルドアン大統領は29日、北大西洋条約機構(NATO)が「脳死状態」に陥っていると発言したマクロン仏大統領の考えは「浅はかで狂っている」とし、マクロン氏を「脳死」呼ばわりした。

エルドアン氏は、来月4日に開催されるNATO首脳会議に言及し、「会議の席でマクロン氏に、まず自分の脳が死んでいないか診てもらうといいと進言するつもりだ」と語った。

これに対しフランス側は反発し、駐トルコ大使を召還した。あるマクロン氏の側近は「これは発言というよりも侮辱だ」とした上で「マクロン氏は明確に話をしている。それに回答するかどうかはトルコ次第で、フランスや多くの同盟国が回答を望んでいる」と述べた。

あわせて読みたい

「トルコ」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  4. 4

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  5. 5

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  6. 6

    日本の外交に感じられる弱体化

    ヒロ

  7. 7

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  8. 8

    「TVより動画」霜降り明星の感性

    放送作家の徹夜は2日まで

  9. 9

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  10. 10

    科学軽視の感染症対応変われるか

    岩田健太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。