記事

俺のフェミニズムと、JJがジャンプに聞きたいこと - アルテイシア

1/2

目がすげえかすむ。

これもJJ(熟女)業界でホットな話題だ。「夕方になると目が見えない」「わかる! 鳥にシンパシーを感じる」と話していると、医者のJJから「とにかく目を休めるのが一番」と言われたので、執筆の合間に六甲山を眺めている。

かつ、眼精疲労に効くツボも押している。前にテンガさんからサンプルでもらったVI-BO(バイボ)を使って。これはツボを押すのにとっても便利。

ただし、素人はうっかり秘孔を突かないように注意しよう。児鳩胸(目の遠近感を失わせる秘孔)や瞳明(目玉が裏返る秘孔)を突くと逆効果になる。

 

最近、若い女子から「ツイッターを見るのがしんどくて控えてるんです」とよく聞く。「わかる! 目がかすむもんね」と言うと「いやじゃなくて、私自身はフェミニストだけど、フェミ系の話題を見るのがしんどくて」とのこと。

その気持ちもわかる。フェミ系の話題が盛り上っているのは、非常に喜ばしいことだ。数年前まで「ジェンダー、何それおいしいの?」「ミソジニー、それどこの汁物?」みたいな人が多かったことを思うと、時代の変化を感じる。

前回のコラムもバズって、多くの女性から共感の声をいただいた。これも数年前には考えられなかったことだろう。

女性が性差別について声を上げられるようになったのは、ツイッターのような「声を上げても直接ぶん殴られない場所」ができたからだ。それ自体はすばらしいことだが、疲弊している女子が多いのも事実。

議論が活発になると、さまざまな意見が見える化する。すると「えっ、この人こんなこと言っちゃうの?」と価値観やアップデート具合の違いにショックを受けることも多い。

私も仲良しのJJが「今の若い子は性差別とかセクハラとか騒ぎすぎ! おじさんをうまく転がせばいいのに」とツイートしてるのを見て「女王蜂になっちゃったのか……」と脳内ツイートした。

彼女はおじさん転がしやおじさん受けキャラを武器にして、男社会をサバイブしてきたのだろう。でも「自分はこうして成功したから、みんなもそうしろ」と押しつけるのは、クインビー症候群である。

「自分は先輩のしごきに耐えたんだから、後輩も耐えろ」みたいな発想では社会は変わらないし、声をあげる人の口をふさぐ発言はやめた方がいいぞ……!!
と彼女に念を送ったが、私はスタンド使いじゃないので届かないだろう。

だからといって、彼女を敵認定したりはしない。「あなたはそういう考えなんですね、私とは違いますね」botになるだけだ。

なぜなら、私が戦うべき敵はもっと他にいる。それは「女の敵は女ww」と嬉し気に煽る人々、女を分断させて団結させまいとする人々だ。

女を同士討ちさせれば、真の敵から目をそらせられる。彼らはMeTooのように女が声を上げるのが怖いのだ、差別や搾取をできなくなるから。

そんな敵の策略に乗せられてなるものか。シスターフッドを邪魔されてたまるかよ。皆の者、グレッチを持て―! ブオオーー!!(法螺貝)

というのが我の戦なので、フェミニズムの誤解あるあるを解きたいと思う。

本来、フェミニズムは「女はこうあるべき」と押しつけるものではない。それとは真逆で「女はこうあるべき」と押しつけられず、それぞれの女性が好きに生きられる社会を目指すものだ。

つまり、フェミニズムの旗には「選択の自由」と書かれているが、残念ながら誤解している人もいる。

たとえば、#KuTooの石川優実さんは「職場でのヒールの強制に反対してるのであって、ヒールを否定してるんじゃない」と6万回は説明してきただろう。それでも「ヒール」や「ヒールを履く自分」を否定されている、と感じる女性もいる。

違う違う、そうじゃ、そうじゃなーい♪ブオオーー!!(法螺貝)

「私はヒールを履きたいし、かわいい服装やメイクが好きだし、男性に甘えて頼りたい」という女性がいたら「どーぞどーぞ!」とダチョウ倶楽部になるのが、本来のフェミだろう。

「メイクもせずヒールも履かず、男に甘えて頼らない女が正しい」なんて一言も言ってない。そして「メイクもせずヒールも履かず、男に甘えて頼らない女」が生きづらいのが、ヘルジャパンの現状である。

そんな彼女らが「女らしくない」「女子力が低い」「そんなんじゃモテないぞ」と否定されて傷つく、この地獄の瑞穂の国を変えたい。すべての女性が好きに生きられる選択の自由を!! ブオオーー!!(法螺貝)

マジで法螺貝が欲しくなってきたので、アマゾンで調べたら49500円もした。たっけえ!!

それで「法螺貝 体験」でググると、滝行や山寺で座禅など厳しい修業がセットのプランが多かった、JJには無理!!

エア法螺貝片手に続けると、うちの夫はフェミニズムのフェの字も知らぬ御仁だが、#KuTooの説明をしたら「俺も男がスーツ着なくていいように運動しよかな」と言っていた。

「さすが貴様!」と褒めたらキョトンとしていたが、「男だってスーツにネクタイで我慢してるんだ、女だって我慢しろ」というクソリプ勢が多すぎるのだ。

年貢に苦しむ農民同士で「オラの方が苦しい、おめえずるいぞ!」と殴り合って何になる。そもそも、その苦しめるルールを作ったのは誰なのか? それで利益を得ているのは誰なのか?

それを見極めたうえで、一揆を起こすべきじゃないのか。オラたちみんなが生きやすい社会にするために、ブオオーー!!(法螺貝)

あわせて読みたい

「フェミニズム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野村克也氏「イチローは超一流」

    幻冬舎plus

  2. 2

    安倍首相の虚偽答弁 新たに判明

    田中龍作

  3. 3

    生理の妻へ食事配慮 批判の声も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    韓国より低成長 認めぬ安倍首相

    PRESIDENT Online

  5. 5

    口座手数料より銀行がすべきこと

    内藤忍

  6. 6

    朝日が早期退職募集 新聞の明暗

    AbemaTIMES

  7. 7

    沢尻被告「つながりを一切断つ」

    AbemaTIMES

  8. 8

    桜追及で越年? 野党の戦略に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    宗教の垣根超えた中村医師の活動

    AbemaTIMES

  10. 10

    雅子さま「体がガクリ」の瞬間

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。