記事

激化するフリー女子アナの闘い 他分野挑戦も求められるように

元TBSでフリーの小林麻耶アナ(40)が来年1月に都内で上演される「罪のない嘘~毎日がエイプリルフール~」で初舞台を踏むと、26日に自身のブログで報告した。

人気脚本家で演出家の三谷幸喜氏(58)が96年に「劇団東京ヴォードヴィルショー」のため書き下ろした「アパッチ砦の攻防」が原作。あるマンションの1室をめぐって、元住人・現在の住民・近所の人らが入れ代わり立ち代わり出入りするコメディー。小林アナは母親役を演じるという。

小林アナはブログに《三谷幸喜さんの作品に出演出来ると聞いた時、あまりの嬉しさに飛び跳ねてしまいました》《情熱が溢れて出てきており、ワクワクが止まりません》と、初舞台に挑む心境をつづっている。

「フジテレビ系『痛快TV スカッとジャパン』で“演技デビュー”している小林アナですが、舞台はまったく勝手が違うし地方公演もある長丁場。挑戦を決意するには、かなりの覚悟必要だったでしょう。ただ好演を見せれば、今後は演技の仕事のオファーも入ることになりそうです」(芸能記者)

これまでNHK、民放各局、さらには地方局出身の女子アナが続々とフリーに転身してきた。しかしテレビ各局の経費削減の影響からか、壮絶な“いす取りゲーム”が繰り広げられている。

「アナウンス業では、元フジテレビの加藤綾子アナ(34)が独り勝ち状態。現在もフジの夕方のニュース番組でキャスターをつとめています。それ以外だと元TBSの田中みな実アナ(33)が好調です。来月発売の初写真集に予約が殺到しているほか、女優業も好調です。彼女たちの座に割って入るとなると、今後のフリー女子アナは他分野への挑戦も視野に入れないと生き残れないのではないでしょうか」(テレビ局関係者)

フリー志望女子アナは、局の在籍時に歌唱力などの“スキル”を身に着ける必要がありそうだ。

あわせて読みたい

「アナウンサー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  3. 3

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  4. 4

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  5. 5

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  6. 6

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  7. 7

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  8. 8

    チュートリアル、友近…ギャラ100万円芸人がリストラ危機なワケ

    女性自身

    06月14日 12:27

  9. 9

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  10. 10

    東芝報告書で思い知った調査の破壊力の大きさ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月14日 09:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。