記事

仮設住宅で人生が終わってしまうような絶望感

東京電力福島第一原子力発電所の事故後も警戒区域の浪江町で約300頭の牛を生かし続けてきた「希望の牧場」。この1年3か月で80頭の牛が死に、100頭の子牛が生まれたという。

すでに牧場はキャパシティオーバーだが、6月27日からは楢葉町の旧ファームアルカディアの牛62頭も引き受けることになった。

「希望の牧場」の代表・吉沢正己氏は、事故発生後の昨年3月から、自前の街宣車で東京電力本店、首相官邸前、渋谷ハチ公前など、移動する先々で演説を続けてきた。

この映像は今年4月22日。警戒区域が見直された福島県南相馬市小高区での演説の様子である。

仮設住宅のそばに近づくと、吉沢代表は街宣車のスピードを落とし、こう呼びかけた。

「仮設住宅で人生が終わってしまうような、そういう絶望感の中に私たち浪江町の避難民が今苦しんでいます!」

ぜひ吉沢さんの訴えに耳を傾けてほしい(動画約4分)


あわせて読みたい

「福島第一原発事故」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    EU完全離脱から1年 うぬぼれ屋のイギリス国内に広がる“後悔”

    木村正人

    01月19日 11:08

  2. 2

    宮迫「牛宮城」黒幕を暴いて評価急上昇のオリラジ中田…ひろゆきは「超優秀な詐欺師」と断罪

    SmartFLASH

    01月19日 11:43

  3. 3

    『バイキング』が“トンガ頭痛”と紹介…「差別を助長」と批判殺到

    女性自身

    01月19日 10:08

  4. 4

    世論調査の怪。立憲から剥がれ落ちつつある「野党第一党効果」とは何か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月19日 09:13

  5. 5

    まん延防止重点措置 全く何をやっているの 自分の人気取りのために社会を殺すな

    中村ゆきつぐ

    01月18日 09:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。