記事

PayPayのフィッシングメールが絶賛横行中|ついでに各種レンタルサーバーのフィッシングも


PayPay(ペイペイ)からログインしてとメールがきたら気をつけましょうというお話です。
フィッシング対策協議会 Council of Anti-Phishing Japan | ニュース | 緊急情報 | PayPay をかたるフィッシング (2019/11/22)
PayPayをかたるフィッシングメールにご注意ください - PayPayからのお知らせ

先に自衛策の結論をお伝えします

YahooやPayPayからログインしてくださいという怪しいメールが届いた時、どのように判断すれば良いでしょうか。

今ではショートメッセージでもフィッシングサイトへ誘導するメッセージが来るので、判断が難しいところだと思います。

結論から言うと、とにかくニュースサイトや知人たちは「メールからリンクを開いてはダメ」って言うのですが、そこはもう開いても仕方ないと考えておいた方がいいです。巧妙すぎますんで最近。

その上で、クレジットカード番号や、個人情報に類する住所、名前、ユーザーID、パスワードなどの入力欄が出てきた時に疑ってください。


警戒した時には、必ずメールからのサイトではなく、公式サイトへ直接検索して行きましょう。
もう一度ログインしなければならないような、とんでもない状況になっているなら、PayPayなら「PayPayアプリ」からお知らせがきているはずです。必ずアプリを経由して調べるようにしましょう。これだけで格段に安全性が高まります。

以下のようなメールが届きます

いかにも不審ですけど。


もう説明はいらないかもしれませんが、フィッシングサイトとは、公式サイトとすごく似たようなサイトへ誘導して、クレジットカード番号やパスワードを入力させて、その情報を盗み出すサイトのことです。なのでURLを確認すれば本物かどうかを見分ける事ができます。


すごい似てるので気をつけてください。

合わせてレンタルサーバー屋からのフィッシングサイト誘導メールも横行中

これで以下のような警戒網が現在進行中です。気をつけてください。
・金融
・配達業者(ヤマト、佐川、郵政)
・大手ショッピングモール(楽天、Amazon、Yahoo)
・レンタルサーバー
・キャッシュレスサービス
・なんとかペイ←New

それでは、また。

あわせて読みたい

「PayPay」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    志村さん巡り千鳥大悟に心配の声

    AbemaTIMES

  2. 2

    テレ朝番組のコロナ報道にあ然

    小林よしのり

  3. 3

    志村さん死去 TV局は徹底検査を

    渡邉裕二

  4. 4

    党が機能しなくなった政権の惨状

    門田隆将

  5. 5

    戦隊レッド俳優の感染公表は英断

    常見陽平

  6. 6

    「大企業の倒産」が招く負の連鎖

    大関暁夫

  7. 7

    非常時も平社員に判断任せる日本

    非国民通信

  8. 8

    渡邉美樹氏 持ち帰り注文を嘆願

    わたなべ美樹

  9. 9

    富士フ臨床試験開始 増産も準備

    ロイター

  10. 10

    バーに風評被害? 小池知事を批判

    木曽崇

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。